Entries

クラス替えで友達といっしょになったのに、不登校が続く理由

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校になってしまった中2の娘がいます。

あまり自分の意見を言えないタイプで自分で友達に
人間不信気味と言ったこともあるようです。

中1から休みがちで2月からほとんど学校に行っていません。
朝になると腹痛や頭痛を訴え、動けません。お昼くらいになると
少し楽になるようですが、不定期に痛みは襲ってくるようです。

クラスがえがあり、仲のいい子と同じクラスにしていただいたんですが、
ダメだったようです。原因はわかりません。ただ最近、今まで以上に
学校に行く話をすると黙り込み、避けるようになったように思います。
どう接してどう話せば、よくなるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

クラス替えをしても不登校が続く女の子の
相談です。

学年が変わった時に、仲の良い子を同じ
クラスにしてもらったのに不登校が続く子は
たくさんいます。


学年が変わろうと、クラスが変わろうが、
不登校の子はほとんど関係がないです。
人間関係や心の問題だと思っているから
そう考えてしまうんですね。

このお母さんも、完全に行き止まりになって
私に相談して来てくれました。

ということは、心の問題ではないってこと
なんですよね。

上手くいかない時は、理屈が間違っている
わかです。心の問題だと考えた事自体が
間違っているんですね。

私も最初はあなたと同じように間違った
考え方をしていました。

だから、あなたの戸惑いはよくわかります。

不登校には明確な原因があります。これは
不登校の子たちに共通しているものです。
これを知らないと不登校解決はできません。

もう一度言いますね、私は何千人の不登校
だった子たちを教育して、高校卒業させて
きました。

その子たちから直接話を聞いて、みんなが
同じ原因を持っていました。

詳しくは私の小冊子やメルマガを読んで
ください。

原因が何か分からないままで、親が焦って
子どもを急かして学校へ戻そうとする試みは
不登校の状態を悪化させてしまいます。

不登校の心理状態を悪化させているのは、
ほとんどが「親」です。


親からのプレッシャーです。

不登校になったのは親が原因ではないけど、
不登校が長期化して、荒れるのは親が原因
なんですね。

だから、それを解決する方が先です。

子どもが親の言う事を嫌がっているとしたら、
それは親子関係が良くない証拠です。

まずは親子関係を改善する所からスタート
してみるといいですよ。不登校の心理を理解
するには私のメルマガなどを参考にしてみて
ください。

だからって、親子関係が改善したら学校へ
戻るわけでもないです。戻らないです。


それとこれとは別の話です。

不登校は子どもと学校が合わない問題です。
どちらも変わらないままだったら、戻れなくて
当然ですよね。


どちらかが変わって、初めて合うようになる
わけです。

この意味が分からないなら、小冊子をよく
読むようにして下さい。これがすべての根本
だと思っています。

合わないから不登校なのに、合わない学校へ
声掛けだけで行くようにはならないです。

「学校に行くのは義務です。合わなかろうが
行かないといけないんです!」


と、怒られそうなので答えておきます。

私も教師だから、その事は理解しています。
学生は学校へ行くのが仕事です。それぐらい
わかっています。

それに不登校の子は学校へ行きたいんです。
でも、体が動かないんですよね。

これを理解しないといけません。

だから、子どもを変える事はできないです。

では、誰が変わるのか?


もう一度、よーく考えてみて下さい。あなたが
動かす以外に不登校の子は動かないです。
待っていても不登校が続くだけです。

知識のない所でどれだけ考えても、何も
浮かんできません。

数学の問題だって公式を知っていて、それを
どうやって当てはめるか考えるから答えが
出てくるわけですよね。

それでは、今すぐ不登校の基本知識を学び、
親子関係改善の共感の会話をやってください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1858-75fc7783

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ