Entries

学年を変わっても不登校が続く高2の息子への有効な声掛けは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校2の息子です。

高1の終わりから不登校になり、進級後の4月は登校しましたが
また不登校に。行かれなくなってから1カ月です。本人は行く気持ちに
なることもあるようで、定期テスト後の週明けから行くと少し前から
宣言し担任にもそのように自分で伝えていたようです。

しかし、いざ当日、朝起きられませんでした。

登校時間が過ぎ、強めに起こすと起き上がり涙を見せていましました。
その後いろいろと葛藤しているようですが、一歩が踏み出せません。
行きたい気持ち、勇気を持ってもらいたいのですがどのような言葉がけを
したらよいでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

高校生の子だから、その子の意志に任せ
ようとする気持ちはすごくよく分かります。
高校生にもなって、親がつべこべ言うのは
おかしいですよね。

私も不登校の対応を間違っていました。

根性や勇気が足りないだけだと思っていた
のです。それで解決しませんでした。

このまま待ち続けていれば、高校の不登校
は、出席日数が足りなくなり、留年にすぐに
なってしまいます。

だいたい、1年で3カ月程度を休むと留年に
なってしまいます。


わざわざ受験した高校をやめなくてはいけなく
なります。

留年になる前なら転校できますが、転校が
できないと、人生が大きく変わってしまいます。
それだけは避けなければいけません。

中学とは違い時間がない分、すぐに行動
していく覚悟を持って下さい。

なぜ待っていてはいけないのでしょうか?

不登校は勇気だとか、根性だとかの問題
ではクリアできないからです。

気持ちの問題ではないんですね。

ここがわかっていないから、何でも気持ち
が強ければ解決すると勘違いしてしまって
いるんですね。

分かりやすく説明しますね。

例えば、ある男性がいます。その人に好意を
持っていたとしましょう。


しかし、その日は雨で仕事も不調続きだった
ので、その男性が目の前に居ても楽しくは
ありませんでした。

これは気持ちの問題ですよね。

1か月後、その男性が一人でご飯を食べて
いるところを目撃しました。しばらく見ていると、
右手の人差指で鼻の穴をほじくり始めました。

そして、ついには、それを口の中に入れて
モグモグと食べ始めたのです。

その時、生理的に受け付けられなくなりました。
気持ちの問題を超えてしまいました。

それ以後、その男性を好きになることも、
近づくことも、考えることも無くなってしまった
のです。

このように、人は気持ちの問題を超えると
勇気や気合いではどうすることもできなく
なってしまいます。


不登校も似ているところがあります。

学校が嫌いだとかの段階を超えてしまって
そもそも合わないって感じているのです。

「あの人にも良い所はあるのよ。」

と、説得されても生理的に合わない人を
好きにはなれないですよね。

学校に対して不登校の子が感じているのは
「合わない」ということです。


好きなんだけど行けないのです。

行きたいけど行けない。

では、どうしたらいいのでしょうか?

周りが変わらなければ変化は起きない
でしょう。

もう、この子の中で我慢しても学校へ行く
ことはできなくなっています。限度を超えて
いるわけです。

それなのに、勇気だとかを求めても何も
なりません。見ている視点が大きく違います。

不登校は何と言おうが子どもと学校の問題
です。親との問題ではありませんよね。
ここが根本なんですね。


学校と合わない。

だったら、学校の中の活動で合うものと
探すか、作るしかありません。

この話を理解する為には、もう一度不登校
そのものの原因を学ぶ事から始めて下さい。
私の小冊子やメルマガでも何でもいいので
読んでみて下さい。

待って、学年が変わっても不登校だったの
だから、対応を変えないといけないです。

「私の子どもは不登校なんかじゃない。
すぐに行くようになる。」


と思っていても、1ヵ月行かないのだから
やっぱり不登校なんです。重い腰を上げて
真正面からぶつかって行きましょう。

それと、高校の不登校だから残りの出席
日数もすぐに担任の先生に計算してもらって
ください。

1ヵ月を切っている場合は、転校先を探す
作業もスタートして下さい。

時間がとにかくないですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1856-8952d822

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ