Entries

高校進学後、急に学校を休んで保健室登校を繰り返す娘の心の中

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高1の長女は専願試験で自分が希望した私立高校に
入学しましたが、入学式の翌日、帰宅後、学校を辞めたいと
言い出して、始まったばかりだし学校でなにかあったとは
考えにくく、なぜ辞めたいのか理由を聞くけど、言わず、
結局、三日目以降その週は休みました。

すぐに学校に連絡をしてカウンセリングをまず、私が先に
受けました。カウンセラーも担任も保健室の先生も、いまは
ゆっくり休ませてあげてくださいと、思った以上に手厚く対応
してくださって、

翌週には娘も一緒にカウンセリングを受けることはできました。

その後、一緒に数回カウンセリングを受け、少しずつ
保健室登校をしている状況ですがまだ一度も授業は受けてません。

出席日数がそろそろ、危うくなってきてると思うと
親としては今後、どうすべきなのか、どうしたらいいのか
不安でたまりません。

******************終わり******************************

……

回答:

こうやって突然不登校になってしまうと、
何から対応すればいいのか困惑するのは
当然です。

お母さんの心配もよくわかります。

この子の場合は、前触れもなく、急に学校へ
行けなくなっています。


自分が希望した高校に入れた矢先に、
不登校になってしまったのだから、本当に
訳が分からないと思います。

どんな理屈を考えても、何も当てはまらない
ので、困るのは当たり前です。

しかも、高校の不登校の子には時間がない
です。すぐに出席日数が不足して、留年に
なってしまいます。


どうしても、リスクを考えたら高校の不登校
の保護者の方は転校先も探しておく必要が
あります。

その上で、どうすればいいのか話しますね。

なぜ学校へ行かなくなったのか?

娘さんの心理状態、気持ちがどうだったか
説明します。

「この学校の雰囲気、何か合わない!」


これが娘さんが最初に学校へ行った時に
感じた気持ちです。

何か嫌な事があったとか、そういうことでは
ありません。ただ、雰囲気が自分に全然
合っていないことに気が付きました。

「合わなくても、学校だから行くのが
当たり前ですよ!」


と、怒られそうですが、不登校の子はその
域を超えています。行って当たり前な事は
不登校の子たちは理解しています。

そして、行かないと親に叱られるのも理解
しています。もしかしたら、捨てられるかも
しれないことも子どもは考えていますよ。
これは子どもにとっての一番の恐怖です。


その恐怖以上に合わない、行けないのが
不登校です。

どれだけ強い感情、気持ちかが理解できる
でしょうか?

単に、「学校が嫌で行かない。」レベルとは
違います。それを大きく通り越しているのを
わかってください。


ここの認識の違いが対応が上手くいかない
大きな原因になっています。

不登校の原因について、ここで詳しく話すと
とても長くなるので、不登校小冊子と
メルマガを読んでみて下さい。

この子もそうですが、どれだけカウンセリング
を受けても不登校は解決しません。

多くの不登校の子たちがそうです。

心の問題ではないからです。


例えば、「あの人とは合わないな~」って
人がいるはずなんですよね。特にその人と
喧嘩した訳でもなんでもないけど、どうしても
合わない人がいますよね。

心の問題ですか?

違いますよね。

心とは違う次元の問題が「合わない」という
意味です。それをどれだけカウンセラーと
話し合っても、解決は出来ません。

だから、彼らとしては「今は休ませて」としか
アドバイス出来ないと言います。

根本解決にはつながっていません。

残りの日数がどれだけなのかわからない
けども、出来る事をやってみましょう。

今後どうすればいいのでしょうか?


今、保健室登校が出来ているので、そこから
教室へつなげていきましょう。

まずは、クラスメイトで面倒見の良い生徒
を1人、保健室へ連れていくようにしてみて
ください。


そこで楽しく会話する所からスタートです。

無理に教室へ連れて行こうとする必要は
ないです。逆にやらない方が良いです。

それを1人増やし、1人増やしとしていき、
得意な教科の授業やクラス以外の教室の
授業へ参加させるようにする。

そうやって少しずつ階段を上ることです。

待っていても子どもは動かないです。

おそらく、保健室から動かないのは、無理に
教室へ行かせようとしているか、何もして
いないかだと思います。

学校に行っているだけ、凄いと思いますよ。

そこからは学校の仕事ですけど、学校も
どうしていいのかわからないんですね。
だから、私の話などを利用して、学校と
一緒に動かしてみて下さい。

それでは、今すぐ、1人、クラスメイトを
保健室へ連れていくようにして下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1848-ee523717

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ