Entries

潔癖症、風呂に入らない、拒食症、過食症の不登校対策

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の女子です。
中1の二学期から行けなくなりました。

優しい性格でわりと明るいと思います。自分の言いたい事が
うまく相手に伝えられない。潔癖症な所があり、お気に入りの服が
汚れたりにおいがついたりするかもしれないときれなくなる。

自分はみんなとは違うんだと悩んでいたことを1年の
終わりころに話してくれました。

がんばれたらお風呂に入るといい、今1週間以上入りません。
食べる量はびっくりするぐらい食べる時もありましたが、
過食症のような感じではないと思います。

学校は本人が会ってくれないので手が出せない状態らしいのです。
スクールカウンセラーの面談をしばらくぶりで予約しました。
母は過干渉、心配性だったと反省し、今子育てをやり直していくつもりです。

誰か先生の一人でも訪問を根気よくしていただけないかなと思うのですが、
これはおかしい事なのでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校になっている子ども達は様々な
症状や状態、言動があります。

潔癖症の子もいれば、この子のように、
お風呂に入らない子もいます。ひきこもる
子もいれば、普通に過ごす子もいます。

そういうのを聞くと、「私の子はちょっと他の
子と違うかも。」と思ってしまいます。


しかし、不登校=学校へ行けない、のは
同じです。

不登校後の状況が違うだけです。

学校へ行けないのは同じなんですよね。

多くの人は「不登校後」ばかりを見ています。
ご飯を食べない、食べ過ぎる、風呂に入る、
入らない。すべて不登校が原因だから、学校
との問題を解決しないと変わらないです。


以前に、私がこういう話を聞きました。

ある奥さんがアルコール依存のような状態に
なったんです。旦那さんは子どものことを思い
離婚を決意されました。

すると、その奥さんのアルコール依存が消え
元気に過ごすようになったそうです。

そこで旦那さんは、ヨリを戻そうとして周りに
働きかけたそうです。しかし、ここで強力な
一撃がお医者さんから飛び出しました。

「あなたは奥さんの気持ちを何もわかって
いないね。あなたと一緒に居るのが嫌
だったから、アルコールに走ったんだよ。

あなたがいなくなって、落ち着いたんだ。
奥さんの幸せを願うなら、関わるな。」


と、担当医に呼び出されて言われた
という話があります。

この問題もアルコールをどうしようと考えて
いたら解決しないですよね。旦那さんとの
関係に問題があるから、アルコールに
逃げたわけです。

解決方法は唯一、旦那さんとの関係改善
ですね。

大人だから、自分で判断して別れました。

不登校も原理は同じです。

今の家庭内での状況がどうであれ、すべて
学校との間で起きている問題です。これを
解決しないと何も変わらないです。

見ている視点が違っているんですよね。

この相談をくれたお母さんもそのことには
気がついてくれています。だから、学校との
関係を切れないようにしています。

本当に大切なことだと思います。

しかし、学校の先生が家に来ても子どもが
会うことはほとんどありません。それが学校
に行くことに繋がることも少ないです。

意味がないと言っているのではないですよ。

これは不登校の子の心理状態を知って
いればわかります。

不登校の子は、学校の先生より友達との
関係を気にしています。友達が恐いんです。
自分は馬鹿にされるんじゃないかと不安が
あります。


恐怖心、不安に応じた対応がどうしたって
必要になります。

家庭訪問で問題なのは、最初は来てくれて
いても、途中で来なくなることなんですね。
それで不登校の子は見捨てられたと感じて
しまいます。

そのリスクが高いことは知っていて下さい。

先生も忙しいです。

では、どうすればいいのでしょうか?


私がお勧めしているのは、別室登校です。

いろいろな方法を日本全国の不登校の方に
試していただいて、もっとも効果が高かった
のが別室登校でした。

もちろん、別室登校では動かない子もいる
のは知っています。

「別室登校なんていかない、行くなら
最初から教室へ行く!」


と言って聞かない子もいます。

それは聞き方が悪いからです。私が教えて
いる「成長の会話法」を使ってやるとうまく
いきます。

頑固で理屈っぽい不登校の子は、親が
上から言ってはダメですね。


こういう子向けの会話が「成長の会話法」
なんですよね。ぜひ、使ってみて下さい。
今までとは違う反応になります。

それで、最初の最初は親子関係の改善です。

これ抜きにして不登校解決はありません。

心理学者たちの多くは、過食や拒食、
潔癖などの症状は親子関係の問題だと
話しています。

理解してくれていない、わかってくれない、
という感情が原因になっています。

それらを解決するのが共感の会話法です。

会話がない、意志疎通がないのが全ての
原因ですね。「わかっているだろう。」という
のがダメなんです。

まずはしっかり親子の会話からスタートして
みてくださいね。

それでは、今すぐ、共感の会話法、成長の
会話法を使ってください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1847-aa591c6e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ