Entries

学校の先生にどうやって頼めば不登校は解決できるのでしょうか?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

来週家庭訪問で担任の先生と話す機会があるのですが、
子供がもっと学校へ楽しい気分で学校へ行けるように、
毎日学校でする係なり、役割を子供に与えてもらうように
おねがいしようかと思っています。

もともと責任感が強く真面目なので、できると思います。

これについてどう思われますか?
そんなあつかましいことを学校の先生にお願いしても大丈夫でしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

多くの不登校家族がつまずいているのが、
学校との関係だと思います。

何か学校へ頼むことが「あつかましい」と
感じてしまうのは、当然だと思います。
自分の子どもだけ特別扱いしてもらうのは
気が引けると思います。

しかし、それで何もお願いしないままだと
学校は変わることはありません。


子ども自身では何も変えることはできない
ですから、このまま不登校が続くことに
なってしまいます。

家でどれだけ共感の会話を使って親子の
関係が改善しても、学校へ戻れないなら
そのうち限界がやってきます。

不登校は親子関係が原因ではないです。

だから、どれだけ親子関係が改善しても、
不登校が解決する事はありません。

あくまで不登校は学校と子どもの問題です。
学校の協力なしには、不登校を解決する
ことはできません。

学校に何も言わず、不登校が続くのが
いいですか?

やっぱり言わないといけないです。

もう一度、躊躇しているお母さんに話して
おきますね。不登校は親子関係が問題
なのではありません。

もし、親子関係が問題だとしたら、家出して
いますよね。親と一緒に住みたくないです。
でも、家にずっといるってことは原因とは
違います。

不登校は学校に子どもが合わないことです。

つまり、学校と子どもの間の問題です。

私たち親は学校と子どもの間に入って、
互いが上手く合うように仕向けていくのが
仕事ですね。

「学校がやってくれたらいいのに…」

と、思っている方もいるでしょう。

学校は不登校の専門家ではないですね。
これには驚かれるかもしれませんね。

お医者さんで考えればいいと思います。
学校って、内科の先生みたいなものです。
全般を見るみたいな感じですよね。

不登校は脳神経外科の先生のように、
専門性が必要になってきます。

内科の先生に脳の話をしても理解できない
ですよね。

理科の先生に古典の質問をしても通じない
のと同じです。そういうものだと思えばいい
です。

私も不登校の子に25年以上前に出会う
までは、まったく何の知識もありません
でした。

だから、学校の先生も不登校については
そこまで詳しくは知りません。経験もあまり
ないのが実際のところです。

不登校の発生から解決までを通して経験
している先生は非常に少ないです。


もしかしたら、私のブログやメルマガを
読んでいる、あなたの方が知識は詳しい
かもしれないです。

だから、あなたの意見は大切なのです。

あなたが教えてあげないと不登校は前へ
進みません。

実際、学校の先生たちが何を考えている
のか話しますね。これを知れば、あなたが
動くべきなのがわかります。

学校としては、今、保護者からいろいろな
クレームがあるのが恐いんですね。


モンスターペアレントとか聞くと思います。

昔に比べ、親の立場が強くなりました。

特に公立だと、リスクを取らない為に、
なるべく何もしないように選択しています。
これは仕方のないことだと思います。

親の立場が強いのだから、親が責任を
負うしかありません。


例えば、昔だったら、イジメをした子の
親は平身低頭の態度でした。それが、
学校が管理していないって言われる
ようにまでなっています。

そうなると学校の先生たちは何もできなく
なってしまいますよね。

不登校でも同じです。

何か変に動いて、不登校が解決できない
ようなら、親から責められるんじゃないかと
恐がっているんですね。

だから、あなたが動く許可を与えてあげる
必要があります。


馬鹿馬鹿しいと思うでしょうが、社会の流れ
みたいなものが変わっているんですよね。
仕方ありません。

では、どうやって学校へお願いするか?

ここでも多くの人が間違っているお願いの
仕方をやっています。

「子どもが楽しくなるような活動をやって
いただけませんか?」


とか、

「友達を作れるような環境を作れますか?」

とか、言ってしまうんですよね。

このような言い方だと、何も変わらないです。
まるで、学校の先生が不登校の専門家
だと思って話しているように思えます。

相手の先生も何をしていいのかわからない
から、困っているんです。

その人に「楽しくなる活動」「友達作りの
環境」って言っても、無駄に終わります。

そうではなくて、一緒に考えればいいんです。

「先生、この子は自分らしさ、自己表現が
できる場所がないから学校を楽しく思え
ないんじゃないかと思うんです。

先生だったら、この子にどんな活動を
与えればいいと思いますか?」


って、聞き方をしてほしいんです。

すると、先生も何かアイデアを出してくれます。

これならお母さんも、あつかましさがなく
なるから、聞きやすいと思うんですね。

聞き方、頼み方が悪かっただけです。

このまま先生が動くのを待っていても、
先生は動かないです。保護者に叱られる
のが恐いからです。

だから、あなたが先に動くことです。

それでは、今すぐ先生の良さを引き出す
ような聞き方して、学校の協力体制を
作り上げて下さい。

子どもを不登校から救ってあげましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1843-198925de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ