Entries

不登校になる子の共通点とは?根本原因はここにある。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

娘は小6です。性格は真面目で几帳面、成績も良く
ピアノやお習字の先生にも可愛がられすぐに上達していました。
ところが、4月下旬から突然学校に行けなくなってしまいました。
習い事も全て辞め、平日の外出は全く出来ません。

夜は10時半位に寝て、朝は7時半に起きます。
一緒に朝食を取り、時間割を考えて一緒に勉強できます。
休日はたまに外食したり、出かけることは出来ますが、普段は
外に出る事や人に会う事を極端に嫌います。

弟の面倒をみたり、お手伝いも頼めばやってくれるのですが、
学校に行けるにはどうしたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校は原因を考える所から出発する
必要があります。

原因が分からず、表面だけの子どもと
向かっていても不登校は解決しない
です。

小学6年生で不登校の子が中学進学後
5人中4人が不登校を継続しています。


いろいろな理由はありますが、学年が
変わったり、進学しても状況は同じです。
根本問題を解決していないからです。

このまま中学卒業まで続く子はたくさん
います。

私の学校にも同じように小学校から不登校
になっている子がやってきます。

正直、難しいです。

当たり前ですが、勉強もまったくですし、
それより自信がほとんどありません。経験
そのものも少ない。

励まして自信をつけても、それはその時で
終わってしまいます。数日経てば元に戻る。

でも、経験から来る自信は一生物ですね。

それをどうやって学校生活で体験させるかが
私は大切だと思っています。

数年間も不登校が続けば、やっぱり諦める
のが普通です。楽な学校へ行く、人生から、
世間から逃れて、今は自由に過ごしたい。
そう思ってしまいます。

それでは自信がないまま大人へなります。

そうならない為にも、今、ここで不登校の
原因を解決してあげることです。

では、何が原因なのでしょうか?

感覚的に分かってほしい事があります。

それは行けないって事は、必ず何かを我慢
しているんですよね。これはわかりますか?
何か我慢しているから行けない。


ここから出発して下さい。

では、何に我慢しているのか?そのことを
探らなければ、不登校は解決しません。
だから、不登校解決の点では、まだ何も
お母さんは出発していないのです。

几帳面で真面目な子なんですよね。

これは裏を返せば「我慢出来る子」ですね。
もっと言えば「我慢し過ぎの子」です。


我慢は必要な時には必要です。

同時に、自分を主張する時には主張する。

そうやって私たちは精神のバランスを取って
います。片一方に偏ってしまうとおかしく
なってしまいます。

不登校の子の場合、無意識に自分自身を
抑えつけて、我慢しています。そのせいで
学校へ行けなくなります。


学校へ行くたびに、我慢する。

その繰り返しがストレスになって、体が学校
から遠ざかってしまいます。家の中でどういう
状況なのかとは関係がありません。

今までずっと我慢してきたわけではないです。

ちょっとここを間違って、勘違いしてほしくは
ないんですね。

まるで親が子供を我慢させてきたかのように
思ってしまうといけないです。そうではない
ですからね。

ここからが不登校の根本原因です。

我慢がちの子だったけど、今までは普通に
学校へ行けていた。問題はなかったです。
それが急に、突然行けなくなった。

つまり、何か大きな変化が起きたわけです。

変化が起きないと、何も変わらないですね。

どんな変化が起きたのか?

学校が変わったのか?そんなことはないです
よね。学校はいつも通りです。親が変わった?
わけがないですね。子ども?

そうです、子どもが変わったのです。

「でも、うちの子はいつもと変わっては
いないです。同じだと思います。」

と、言われるのは不思議な事ではないです。

外見は変わっていません。そして、子どもの
心も変わっていません。だから、変化が無い
ように感じてしまいます。

でも、変化が無いと理屈ではおかしいです。

それが私の見つけた「思春期の感性変化」
なんですね。


小6だと早い子では思春期を迎えますよね。
子どもが変化するのは思春期です。

これが影響を与えています。

ここに不登校の秘密と言うか根本原因が
あるのです。

自分らしさが思春期には出てきます。親
とも、兄弟姉妹とも、周りとも違う、自分だけ
にあるものですね。

今までは親や周りの言う通りにしていれば
よかったんですね。自分らしさも出てきては
ないので、ストレスもなかった。

でも、自分らしさが加わってしまったんです。

だから、今まで通りしていても何か違和感
が出て来てしまいます。自分らしさが邪魔を
しているんですね。

これを出さなければ、当然、苦しくなる。

では、どうすればいいのでしょうか?

原因が分かれば簡単です。自分らしさを
ださせるようにしてあげればいいです。

学校で、この子らしさが出る活動を作って、
それを通じて自信を持たせればいいですね。
私がやっているのはそれです。

具体的に何をやればいいのか?

これは、この子の感性、才能、能力が
何なのかが分からないから言えません。
これだけは不登校の子でも一人一人違い
ます。

これを探すのも不登校解決の1つの段階
なんですね。

根本は自分らしさを抑えつけて我慢ばかり
している学校生活から、自分らしさを出して
自信を付けさせる学校生活に変えること。


ここで多くの親御さんが間違えるのは、
子どもを変えようとすることです。

子どもに何かを言って、説得して学校へ
行かせようとしてしまいます。これでは
根本原因を理解していないのと同じです。

不登校になっているのは子ども一人では
何も出来ないからです。

だから、私たち周りの大人が手助けして
あげなければ子どもは動きません。それを
理解してください。

変わるのは子どもではなく、周りです。

その発想からスタートすると不登校が次々
解決していきます。

まずは私の不登校小冊子やメルマガを
読んで、不登校の原因を理解して下さい。
それらを読んでからでないと、私の話も
チンプンカンプンだと思います。

不登校の子はとても才能豊かです。

だから、不登校を克服、解決した時には
素晴らしい輝きを持った子に生まれ変わり
ますからね。安心して下さい。

それでは、今すぐ不登校の原因を小冊子で
確認して、子どもの感性を探して下さい。


このままだと中学進学後も不登校が続いて
しまいます。それだけは何としてでも避けて
おかないといけません。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1839-8069fec3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ