Entries

腹痛で整腸剤を飲んだのに、頭痛・下痢・貧血も出て来て不登校が続く中2の息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の男の子です。

小学校の頃から、お腹が痛いとトイレに長時間籠る事はありました。
毎日整腸剤は飲んでましたが、普通に通学もしてました。中1の
夏休み明け1日行った次の日から不登校になりました。

初めは下痢と頭痛と貧血です。

顔色も悪く1日中寝ている状態でした。
理由を聞くと、お腹が痛くなるのが怖いと。

無理して行かなくていいよ。行ける日まで待ってるよと
話をした日から笑顔が戻りました。クラスも学校側の配慮があり
仲の良い子と一緒になりました。去年より楽しい…と
始業式の日は帰宅しました。

しかし、土日の休みを挟み月曜から不登校です。土日の部活も
行きたがりません。症状も1番ひどかった頃に戻りました。

私は何をしたらいいのでしょうか?
どうしたら息子の為になるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

同じような状態で困っている方はたくさん
いると思います。

不登校状態を繰り返している。

しかも、小学校から中学校へと続いています。
なんとかして、お母さん、子どもさんを救って
あげなければいけません。

このままだと不登校へ完全に突入します。

そして、抜け出せなくなって、人生を諦めて
しまう状態になります。そこからひきこもり
生活になっている人はたくさんいます。

ここで学校へ戻れると、この経験を克服
した自信が力となって輝き始めるのです。

親子がますます成長して、良い人生を
歩きます。

では、なぜ何度も不登校を繰り返す?


不登校に限らず、どんな問題でも同じことが
起きるのは、やり方が間違っているからです。
努力が足りのでも、運が悪いのでもない。

ただ、やり方を間違えているだけ。

このことに気が付くことが問題解決につな
がるんですよね。

お腹が痛い(過敏性腸症候群)だけでなく、
下痢、貧血、頭痛などにも体調不良が発展
しています。

なぜ体調不良になったのかです。

そろそろ根本原因を探る火腸がありますね。

で、原因は何か?

これも簡単です。難しくないです。

ストレスがお腹の痛みを引き起こしている
のは、有名な話です。そのストレスが
どこから来るのか?です。

このストレスの原因を見つけましょう。

もし、あなたの大好きな歌手のコンサートや、
大好きなシェフの料理が今日しか行けない
ってなったら、風邪ひいてても行くでしょ?

自分の内面を満たしてくれる場所だから。

でも、愛する夫の実家には足が向かない。
理由は簡単。合わないから。姑さんが。

そうでしょ?

だいたい、人間だから同じですね。

不登校も学校と合わないから行けないん
ですね。合っていれば、風邪でも行きます。

でも、合わなければ、行けないのが人間です。

「でも、青田さん、子どもは学校には
行きたいって言っています。それなのに
体が動かないのは、なぜですか?」


と、思われたら鋭いです。

子どもは学校へ行きたい。でも、合わない
から行けないんです。矛盾です。矛盾して
いるんですね。

ここが不登校を難しくしている原因です。

説明しますね。

不登校は思春期に起きる問題です。
思春期に心の中、内面の感性が変化
するのです。これが大きく変化してしまった
子が不登校の子。


でも、内面は変化しても自分自身の意識では
その変化に追いついていません。

無自覚なんです。

だから、自分の思っていることと、感性、
感じる感覚とが、合わさっていないんです。
自分で自分の感性をコントロールできない。

だから、頭では行きたいと思っても、体は
拒否しているわけです。


これが思春期なのです。

わかりましたか?

だから、感性と学校の環境が合っていない。
真面目でおとなしくて良い子だから、自分の
感性を殺してまでも、学校に合わせようと
しているんですね。これ、わかりますよね。

真面目で良い子。

学校の先生に合わせる。友達に合わ
せる。雰囲気、環境に合わせる。


つまり、自分を抑え込むわけです。

その抑え込む自分がストレスになって、
体調不良を引き起こしているんです。

では、どうすればいいのでしょうか?

原因が分かれば、やることは単純です。

学校と合わない。では、子どもが
変わるか、学校が変わるかです。


子どもはもう変わったんです。思春期に。

次は、学校です。

学校が変わるって、たいそれたことをするわけ
ではないですよ。この子の感性に合う活動を
与えてあげるだけです。

例えば、写真に興味があって、学校に写真部
がない。そうだとしたら、放課後にこのこだけ、
写真を撮影する許可を与えてあげる。

こういう活動のことです。

ただし、この子に何の感性があるかは、
私はわかりません。

不登校だからって、みんなが同じ感性を
持っているわけではないです。人は皆
違います。それを見つけるのが感性教育。
それこそ、学校の先生の本分ですね。

あとは、学校の先生と相談することです。

大人は、子どもを今の環境の中に押し
込めようとします。感性が豊かでない、
私のような人間にはそれでいいんです。


でも、感性が繊細で敏感な子を押し込めたら、
ストレスを感じて、体調を崩してしまいます。

これで原因と解決策がわかりました。

学校の先生と、このことを話し合って相談して
今後、どういう活動機会を作れるか考えてみて
ください。

これからが本当の子育てが始まりますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1827-741fb56e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ