Entries

【不登校】「動きたい!」と言う息子を転校させるか迷っています。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

これまで何度も気持ちが沈んでは、青田先生の言葉に
救われ、希望をいただいてきました。いつもありがとうございます。

中学2年になる息子は、昨年の5月の連休より朝起きられなくなり
休み始めました。

「学校に行きたくない理由はない。しんどいからだ。」という息子の
睡眠中の浅い呼吸などが気になり、病院へ連れて行ったところ、自
律神経の乱れからの睡眠障害と診断されました。

薬も飲ませましたが、いっこうによくならず、休んでも休んでもますます
疲労がたまっていくようでした。

11月頃までそんな状態が続き、どうしたらよいのか困り果てていたとき、
青田先生のブログに出会いました。不登校の本当の原因を知り、
それからは意識して、子供に共感してやることを心がけました。

すると本当にその頃から、子供が朝9時ごろまでに起きてきて、
昼寝もしなくなりました。

笑顔も増え、昼間穏やかに過ごしていることに、本当にほっとする
思いでいます。

先日子供と話したとき、子供は「動きたい」と言いました。

「今の学校に戻りたい」といいましたが、結局登校できませんでした。
子供に期限を示して、やってみて無理だったら、新しい場所で始めることを
提案しようかと考えているのですが、こういう進め方はどうでしょうか。
よろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

ありがとうございます。

不登校の子の心理状態を理解して、共感の
接し方をして行くことで親子関係は改善して
いきます。


そうなれば、子どもは家の中で安心感を
持てるようになるんですね。

精神も安定して、薬を飲まなくて済みます。

そして、学校へ戻りたいという気持ちが出て
きます。この子もそうですよね。だから、私は
少しでも多くの不登校家族に伝えられれば
嬉しいです。

不登校の問題の本質を、このお母さんは
理解されていると思います。

あくまで不登校は学校と子どもの間の問題
なんですよね。家がどうとか、母親がどうとか
ではないです。

子どもの感性が思春期に変化して、
学校と合わなくなった問題です。


だから、不登校を解決する唯一の方法は、
学校の活動・環境を子どもに合わせる事だけ
なんです。

これが分かっているお母さんです。

不登校が解決せず、ズルズル生活して
いる人達がたくさんいます。その人たちは
考え方が間違っています。常識が染み
付いていて、離れられないんですね。

子どもが学校に合わせることを求めます。

それができるんだったら不登校にはなって
いませんよね。できないから、学校の方が
変わるしかないです。

今の学校で新しい活動や学校内で環境の
移動などをしてもらうのがベストです。

でも、どうしても学校が変わってくれないと
したら、転校して新しい学校でスタートする
ことも必要になります。

ただし、転校しても、それほど環境自体は
変化がありません。日本の学校ですから
そんなに雰囲気も変わりません。

転校すればOKではありません。注意して
おいてくださいね。


今、このお母さんは転校を考えているよう
ですが、私は、まだ早いと思います。今の
学校でもう少しできる事があるはずです。

子どもにとっては、以前のままの学校へ
戻ることに抵抗があるわけです。

でも、学校が自分の為に機会を与えて
くれたり、新しい活動をさせてもらえると
思えたら反応は違ってきます。

まずは学校と話し合い、相談をしてください。

転校はその次だと思いますよ。

もちろん、子どもの状況によってはすぐに
転校した方が良い子もいます。そうしないと
精神が不安定に逆戻りする子ですね。

それは親御さんが判断するしかないです。

こうやって行動力あるお母さんの子どもは
不登校をすぐに解決してしまいます。


あれこれ悩んで立ち止まっていると解決は
しません。苦しみが長く続いてしまいます。
本当にそうです。

ダメでも行動することがやはり大切です。

「動きたい!」

と子どもがお母さんに話した事は重要です。

これが不登校の子の本音です。どの子も
持っている気持ちです。だから、私たちが
助けてあげないといけないです。

待っていて、子どもから動く事はないです。

自分で判断して、この学校には子どもは
戻れないな、と思ったら転校することも
視野に入れたら良いと思いますよ。

大丈夫です。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1799-2ce2ccf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ