Entries

【不登校】親が子供に舐められいます。親の威厳を保つにはどうしたらいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中一男子、不登校気味です。

両親共子供に舐められています。子供は父親を尊敬できないと
言って気にしながら嫌っています。父親は、母親の私が父親を
馬鹿にするから子供が自分を馬鹿にすると私を責めます。

父親との関係が登校に影響するようにも思います。

どうしたら子供が父親を舐めないようになるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

この家族のように、父親の事を子どもが
平気で馬鹿にしてしまうケースが増えて
きているように思います。

私が信頼する子育ての専門家の先生と
このケースについて話しました。

同じ事を言っていましたね。

ただし、注意して欲しいのは、子どもが
親を馬鹿にしているから不登校になる
わけではありません。


しかし、不登校が長期化する、抜け出せ
なくなる可能性は高いです。

難しいかもしれませんが、原因ではない
けども、克服できない大きな理由の1つに
なりますね。

家庭内暴力や引きこもりになっている
家庭も似ています。


親子関係が逆転してしまう。

不登校になった子どもにストレスを与えたく
ないから、親が下手に回って対応していると
逆転してしまいます。

あくまでも親子の立場は継続しないとダメ
です。しかし優しさを勘違いして、下手に
回ることが優しさだと思って対応すると、
いけないのです。

親は親として強い立場で、包容力ある
優しさを与えればいいのです。


今は、分からなくてもいいですからね、
少しずつ理解していけますよ。

親として、絶対にやってはいけないことは
子どもの前でもう片方の親の悪口を言う
ことです。

親子のバランスが崩れると家庭内が崩壊
してしまいます。


あくまでも親子は縦関係です。

ここはすごく微妙な話になります。

例えば、お母さんが娘さんに対して、

「お父さんは加齢臭がひどくて、臭いし、
服装も気にしないからダメなのよ、あんな
人を結婚相手にもらったらダメだからね。」


って、言ったとしましょう。

明らからに馬鹿にしています。
でも、その後に、

「でも、お父さんはしっかり働いてあなたを
養ってくれているのよ。すごいんだから。」


って、言えば、これは許容範囲です。

しかし、これがお母さんが息子さんに対して
同じ事を言ったとしてもダメです。

子どもにとって、同性の親の方が強い
存在です。これは動物学的に仕方のない
ことだと思っています。

例えば不登校で自分の部屋にひきこもって
いる子の多くは、同性の親とのトラブルが
きっかけです。


息子なら父親。娘なら母親です。

この関係が逆転するのが恐いのです。
多くの家庭問題のケースを検証しても、
そのような結果になっています。

子育ての基本として一方の親のことを
立ててあげるのは大切なことです。

親子は友達ではないです。

会社で言えば、社長と社員の関係に近い
と思うべきです。そこに深い愛情がある。
それで親子関係や家庭の秩序が保たれる。

「父親の威厳」と昔は言いました。

私は厳しいのは古いと思っていますから
「権威」という言葉の方が的確だと思って
います。

権威を互いの親が高めるように子どもとの
会話の中でやっておくのは大切です。

それをやらないと、子どもに舐められます。

全ての父親が強いわけではないです。
だから、それをお母さんが察知して、
支えてあげないといけません。

逆も同じです。

もしかしたら、このお父さんは自分では
強い威厳を保つことができないことを知って
いるのだと思います。

だから、このように言うのでしょう。

私も思春期の頃、父親が嫌だった時が
あります。しかし、母親から父親はすごいと
聞かされていたので、権威を感じていました。

父親ではなく、母親の言葉でした。

だから、それはすごく大きいです。

親との関係は、もう片方の親が作り上げると
思っています。これは不登校に限らず、私は
子育ての基本だと思います。

でも、急に褒め始めるのはおかしいですよ。

少しずつでいいので、相手の良い所を
褒めることです。


本当は、子どもが生まれる前に夫婦で話し
合っておかないといけないことなんですね。
しっかり、子育てやってくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1796-df05174d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ