Entries

【不登校】大人への不信感で学校へ戻ろうとしません。どうしたらいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

いつも、ブログ拝見させて頂いております。

中一の息子は去年の夏から不登校です。
家と外ではかなりギャップがあり、内弁慶で、
外ではとてもストレスを貯めやすい性格です。

今は家で、ずっとゲームをしています。

夏休みに同じ部活の同級生に嫌なことをされてから、
部活にもいかなくなりました。先生にも、報告して解決して
もらったのですが、それ以来行かなくなりました。

その後、ずっと家にいて、引きこもったりもしたのですが、
共感の会話などで普通に会話はするようになりました。

先日息子が、今の学校には絶対に戻らない。転校したいと
言ってきました。しかし、勉強の遅れバスケの遅れが心配で
どうしたらいいのか聞かれました。

私は、別室登校とか、不登校の子が行くふれあい教室などが
あるよと、いったのですが、大人や先生に対してかなり不信感が
あるようで、大人がいる所には行きたくない、先生は大嫌いだといいます。

やっと、動く気になってきたのに、先生に対しての不信感を
どうやったとりはらってあげていいのか、わかりません。
何をいっても、信じられないようです。私はどうしてあげたら
よいのでしょうか。ぜひアドバイスをお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

おそらくですが、この子、小学生の頃から
周りにからかわれていたでしょう。

「内弁慶」と言われています。

まるで悪い言葉のように言っていますね。
これが子育ての親子の認識の差です。

子育ての基本の子どもの心理について
最初話しますね。これがわからないと、
子育てはできないと思っています。

子どもは、親の求める良い子を演じます。
それができない自分を責めます。

親にはダメな自分を見せられないんです。

だって、親の求める良い子、強い子でない
ダメな子どもになった時、親に見捨てられる
かもしれないからです。その恐怖心がある。


だから、家では強がるんですね。

弱い自分を見せないんです。

それをお母さんは内弁慶だと言っているん
です。でも、それはお母さんが作り上げた
ものでもあるんです。

このことは親として、子育てする時に意識
しておかないといけないです。

あなたに見せる顔がすべてではないです。

私たちは何の為に子育てをしているの
でしょうか?


例えば、野生動物、ライオンの場合には、
親ライオンが最初は獲物を取って来て、
子ライオンに食べさせます。

大きくなってきたら、自分で生きていける
ように、狩りのやり方を見せます。

そして、一人立ちさせていくのです。

人間だって同じです。

如何にして、一人で自立させられるかを
考えながら子育てしないといけません。
世間に従って学校へ行かせれば、勝手に
育つと勘違いしている人がいます。

もっと子どもを見ないといけないですね。

だからと言って、子どもも完璧ではない
です。ゲームだってします。ゲームをやる
ことで学校へ行かないストレスから逃げて
いるんですね。

複雑に心理状態が絡み合っています。

やっぱり子育ての基本をずっと地道に
子どもに教えていくのが子育てだと私は
思っています。

話を元に戻したいと思います。

大人に対して不信感を持っているの子を
どうするかです。私はその気持ちに共感
してあげたらいいとおもいます。


それを共感するのが共感の会話法です。

だって、そう思っているのだから、共感して
あげないと話は進みません。子どもの考え
方が間違っているかもしれません。

そのことは理解しています。

でも、そう思っているのだから、それに共感
してあげてほしいんですね。

自分が苦しかった時に周りの大人たちが
誰も助けてくれなかったんです。嫌いに
なって当然です。


だから、共感してあげる。

「そうだよね、わかるよ、その気持ち。」

って、言ってあげるだけで感情が落ち着く
ものですよ。

そのうえで、成長の会話をするべきです。
嫌な大人に頼らないで、どうやって過ごす
べきなのかを考えさせればいいです。

私だって思春期の頃は先生を馬鹿にして
いた部分だってあります。

そうやって大人になっていくものです。

だから、認めてあげればいい。

好き勝手させるのとは違いますよ。あくまで
その気持ちを理解するだけです。肯定して
いるわけではないです。

ここがみんなわかっていないんですね。

共感は肯定ではなく、理解です。

理解とは「あなたはこう考えているんですね。」
っていうだけです。それ以上ではないです。

より心の部分について理解するから、共感
って言葉を使っています。

わかりましたか?

それでは、今すぐ息子さんの気持ちに共感
してあげてください。それから成長の会話へ
進んでみて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1794-98811bc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ