Entries

【不登校】「規則正しい生活リズム」が学校復帰の大事なポイント!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中一の息子が不登校になり1ヶ月になります。

学校に行けないことに罪悪感をもっており、朝は腹痛や頭痛で
つらそうです。そんな息子の様子を見て、朝は起こさないで
おいた方がいいのかと迷い始めてました。でも生活習慣の大事さを
確認できました。

質問させて下さい。

朝は起こして、今日は学校どうする?と出欠の確認をしています。
その後朝食もとるのですが、10時頃になると寝ています。そして
また昼食に起こすというかんじです。昼からは寝たり寝なかったりです。

起きてる間はゲームや動画みています。特にやりたいこともないし、
外出もしたくないといいます。日中の過ごし方はどうしたらいい
でしょか?よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子の昼間の過ごし方について、
質問をもらいました。

みんなも同じような悩みを抱えていると
思います。昼間に寝て、夜遅くまで起きて
いると、昼夜逆転してしまいます。


そうすると、精神状態が不安定になって
不登校どころではなくなる。

だから少しでも朝起きる習慣、規則正しい
生活リズムを持たせてあげる方がいいん
ですよね。


でも、なかなか難しいのも理解しています。

なぜ起きられないのか?

この事については、既に話しているように
いくつかの原因があります。

前提として、不登校の子は学校へ行きたく
とも、体が動けない状態にあることを理解
しておいてくださいね。

1つ目は、学校を休む罪悪感です。

学校へ行くのが義務だとわかっています。
それなのに、行かないのは悪いことだと
感じています。

さらに、登校時間に起きていると、自分は
家に居るのに同級生は学校へいる。

この現実も罪悪感を増加させます。

2つ目は、親の目です。

朝起きたら、親から学校へ行くかどうかを
尋ねられます。これが苦しいんです。

学校へ行けない、と親に言うのは親に迷惑
をかける。何よりも親を裏切っている感覚に
なるんですよね。

3つ目は、そもそも起きる意味がない。


学校へ行けないのはわかっています。
だから、起きる意味を完全に失っています。
なので起きられないんです。

日曜日の朝、私だって普段より10分とか
20分はズレて起きる時があります。

ちょっと気が抜けるんですよね。

不登校の子にとっては、ある意味、毎日が
日曜日のような状態です。起きられなく
なっていますよね。

この3つが関係しています。

では、どうすればいいのか?

まず罪悪感と親の目が一番の原因です。

だから、これは「共感の会話法」で解決
すれば大丈夫ですね。これを実際にやって
ください。多くの家庭で実践して朝起きる
ようになっています。

相談は、その次の段階についてです。

朝起きても、やることがないから、また、
寝てしまうんですね。

これは共働きの家庭は難しいですが、
お母さんが家に居るなら、何か家事の
役割を完全に任せることです。

勉強をすることはないでしょう。

洗濯物とかを完全に任せればいい。
やらないと家族全員に迷惑がかかる
から、起きてやるしかないです。


学校の代わりの義務・仕事を与える。

それで上手くやっているお母さんが何人も
いますからね。やってみてください。

任せたら一切口出ししないことです。

それでも、一度、起きていることはすごい
ことだと思います。その後、寝て、ゲームを
していても、起きさせるお母さんが素晴らしい。

あまり高望をしすぎないことです。

起きるだけで、子どもも精一杯ですからね。

それよりも、変化をもたらすような会話を
続けていくことです。共感の会話の次は、
「成長の会話法」ですね。


学校復帰へ仕向けるための会話法をする。

そうしないと、今の状態が繰り返されるだけ
ですよね。私たちの側から動くきっかけ作り
をしないといけないです。

待っていていも子どもから動くことはないです。

ぜひ、やってみてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1790-90f9ddbb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ