Entries

【不登校】共感の会話法で笑顔が戻って、学校へ少し行けるように息子がなりました!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年男子です。先生の仰る共感の会話を続けた所、
息子が変わってきました。

笑顔が増えてすすんで、お手伝いをしてくれるようになり
先月からは3時間程ではありますが、学校へ行く事が
出来るようになりました。

3年生になってもこれからも学校へ通い続ける為には
どのように声掛けをすればよいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

『共感の会話法』を使ってくれてありがとう
ございます。

同じように、不登校の子に共感の会話で
接して親子関係が改善している人が全国に
たくさんいます。


やったら効果が必ず出ますからね。

まずはやってほしいと思います。

子どもってあなたの想像以上に親のことを
恐がっています。良い子でいることが親に
認めてもらうことだと思っています。


学校へ行けない自分はダメな人間。

ダメだと烙印を親から押される恐怖心から
親に何も話そうとしないのです。さらに、
思春期と重なっているので、逆に反抗して
自分を強く見せようとします。

自分は失敗していない、間違っていない、
そう思いたいんですね。

すべては親に対する恐怖心から出発して
います。だから、あなたへの恐怖心を減少
させてしまえば、子どもは笑顔になって、
心を開いてくれるようになります。

信じられないですが、不登校の子の心理に
合わせた会話法なので効果があるんです。

やってみてください。

しかし、どれだけ共感の会話法をやっても
完全に学校へ戻れるわけではないです。


これも言っておきたいんですね。

理由も簡単です。

不登校は親の問題ではないからです。
学校と子どもの「間」の問題です。


だから、親子がどれだけ仲良くなろうが
子どもと学校の関係は何も変わっていない
ですよね。学校へは戻れません。

親子が仲良くなれば、子どもは孤立状態
から抜け出せます。

親のエネルギーが子どもに流れていくから
子どもに自信がでてくるんですよね。だから、
この子のようにちょっとだけ学校へ行ける
ようになるんです。

別室登校ぐらいが最初は行きやすい。

でも、そこから先は不登校の根本原因を
解決しなければいけません。

「思春期の感性変化」が原因です。

子どもの感性の変化に合わせた新しい
活動を学校でやってあげないといけないん
ですよね。

不登校の原因については、私の小冊子や
メルマガを読んで下さい。

原因が分からないと不登校は解決しない。

例えば、私の学校では文化祭行事を
毎学期やっています。


なぜ、年1回の文化祭を年5回ぐらいやるかと
言うと、授業と部活動だけの学校生活で、
不登校になっているのだから、他の活動を
させてあげないといけないんです。

一番いいのが文化祭行事だとわかったんです。

不登校になる子は自己表現が下手です。
自分を抑えることにパワーを使います。

自分を押し殺すことでストレスが起きて学校へ
行けなくなっているのです。だから、逆に、
自己表現させてあげる活動、場所を提供して
あげないといけないんですね。


なかなか授業という制約がある中では時間が
ありません。だから、文化祭という機会を、
出来るだけたくさん用意してあげるようにする。

それが私の学校の方針です。

そうすると、何度も自分を出す経験、体験が
できるようになるからストレスが消える。

私はそうやっています。

ここまでしなくとも、子どもの感性に合う
活動をすればいいです。

ただし、その活動が何なのか、感性が何
なのかはわかりません。子ども一人一人
違うからです。

例えば、小説が好きな子もいれば、料理が
好きな子もいるし、ロボットが好きな子だって
いるんですよね。

みんな違います。

だから、その子に合わせた事をやってあげる。
詳しくは小冊子とメルマガを読んで下さい。

不登校解決にはステップ、順序があります。

それを1つずつ階段を上がる感じですよね。

学校へ戻ることが出来るようになれば、
不登校教育を実践する段階になります。


ぜひ、感性が喜ぶ活動を与えてあげて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1787-918128b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ