Entries

【不登校】待っていても、励ましても、声を荒げても、何も動かない。なぜなの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学生二年生の子供ですが、3月期から学校に
行けなくなって別室登校してますが、最初やテストになると
別室に行けますがテストが終るとまた部屋に篭もります。

朝は起こしに行きますが起きないので一週間行かなかったりします。
これからも朝は起こしに行こうとは思いますが、このまま行けなく
なるかもとか考えてしまいます。

どのように声掛けや行動すればいいですか?

******************終わり******************************

……

回答:

このお母さんは不登校の原因について、
まだ知らないんですね。

不登校には明確な『原因』があります。

例えば、頭痛になったのにも様々な原因が
ありますよね。

脳に腫瘍ができているのか、風邪なのか、
内臓の機能不全なのか、便秘でガスが
脳まで回っているのか、ストレスで自律神経
が不安定なのか、原因はそれぞれ。

車が動かないのだって、エンジンの故障か、
ガソリン不足か、車輪との間のベルトが
切れているのか、原因はいくつも考えられる
わけですね。

そして、その原因にあった解決法をやる
必要があります。

頭痛薬を飲んでも、脳に腫瘍があれば、
何の意味もないです。


便秘が原因なら、腸をキレイにする。

今やっている行動、対応が上手くいかない
のだとしたら、多くは『原因』を間違っている
可能性がとても高いです。

不登校に限らず、全ての問題でです。

『原因』を無視した行動は、時間の無駄に
終わることがほとんどです。

このお母さんは『心が原因』だと思っている
はずです。

「少し、学校に疲れただけ…」

「怠けているのかも...」

「心が弱くなっただけだよ。」


だと、感じているのだと思います。

つまり、『心が原因』だと思っているんです。
でも、それで対応していて状態が改善しない
のだとしたら、原因が間違っているのかも
しれません。

確かに不登校の子は「学校に疲れた。」
のです。疲れたのは正解です。


しかし、私の言っている原因とは、心に
ストレスを抱えてしまった「原因」のこと
です。

言っている意味がわかりますか?

ストレスを抱えて不登校になったのは
事実です。

では、そのストレスの原因は何?これを
見つけない限りは、待っていても何にも解決
しません。

同じ事を何度も繰り返していますが、ここを
わかってもらわないことには前へ進めない。

では、何が『原因』なのか?

学校が楽しくて、自分に合っていれば必ず
行きますよね。

行かないのなら、合ってないんです。

たったこれだけです。不登校の原因は、
凄くシンプルです。合わないから行けない。
それだけなんですよね。

例えば、身長180センチの人がSサイズの
シャツが合わない。窮屈で、体が締め付け
られるから、着ない。

これと同じで、学校の提供している環境と
子どもの持つ感性が合わない。

合わないから行けないんです。

「でも、学校は嫌でも行く所ですよ!」

と、言いたくなる気持ちは当然です。

でも、身長180センチの人に裸で街を
歩けないから、Sサイズのシャツを着ないと
いけないって言い続けているようなもの。

そのうち、服を着たくなくなって外へ出る
のも嫌になると思います。

でも、Lサイズの服があれば、合うから外へ
出られます。

不登校も同じです。

合う環境や活動が学校にあれば、子どもも
行くようになります。

「青田さん、何を寝ぼけた事を言っているの
ですか?子どもが学校に合わせるんでしょ!
そんな社会の常識も知らないんですか?」


と、怒られそうです。

まだ、核心まで話していないので、もう少し
だけ待って下さいね。

おっしゃる通り、子どもが学校に合わせる
のが普通です。でも、それは普通の子なら
誰でもできることです。

もし、あなたの子が普通の子では無かったら
どうですか?

感性が豊かで、才能に溢れているとして、
今の学校に果たして合うのでしょうか?
これを考えた事はありますか?


あなたの子が思春期に大きく感性が変化
していたとしたら?

学校の提供する価値観に合わないほどの
変化が起きていたら、どうすればいいの
でしょうか?

不登校にはこのような原因があります。

何か心の問題とかではなくて、思春期に
大きく変化した感性が学校と合わなく
なってしまったんですよね。

これについては、私の小冊子やメルマガで
かなり詳しく話しています。


そちらで読んでみて下さい。

この事に気がつく所から不登校の解決が
スタートします。

待っていても、励ましても行かないです。

原因が全く違うので、待っていても、何か
強い言葉で動かそうとしても関係が無い
のです。

信じられなくて当然です。わかります。

私も最初は、あなたと全く同じ考え方で
不登校の子に接していました。

それで失敗を繰り返しました。

私が25年間で何千人もの不登校の子を
教育してきたエッセンスをお伝えするので
安心して下さいね。

まずは、原因を理解することですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1784-98def9b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ