Entries

【不登校】週1回のカウンセリングで「子どもが動くのを待って!」と言われてるけど、子どもは動かない。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

私には中1の不登校の息子がいます。

2学期から不登校になりました。はっきりとした原因は
わかりません。感受性が強いために友達づきあいに
疲れたのか、それとも太めなので体のことでからかわれたか...
でも大きいいじめがあったのではないと思っています。

いまは週1で市のカウンセラーさんのところに通っていて、
その方たちとの考え方の違いが私の大きな悩みになっています。

カウンセラーさんたちは学校のことは息子に話さなくて良い、
原因も追及しなくて良い、いつか自分から言い出すのを
待っているべき、と言われました。

最初は私もどうしていいか分からなかったので言われた
通りにしていて、実際、息子もすごく元気になりました。

ですが最近は、学校へ行かないことが当たり前、私たちから
話題にも出さないので息子と学校の距離がすごくあいて
しまったように感じて嫌なんです。息子のことは認めてあげたい、
そのままでいいんだってことはわかってもらいたい...でも
学校のことも忘れて欲しくない。

カウンセラーさんたちが言うように、息子から言い出すのを
待つべきなんでしょうか。よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校に関する大きな勘違いの1つが
この質問にあります。

あなたももしかしたら、同じ勘違いをして、
不登校の子に接しているかもしれないです。
その場合、不登校は克服できません。

何を勘違いしているか説明しますね。

不登校は親子の問題ではないです。
学校と子どもの問題なんですね。


お母さんの心配は当然です。

カウンセリングの多くは親子の問題を解決
するためのものです。だから、親子関係を
改善する方法は教えてくれました。

それで実際、改善しましたよね。

でも、そのことと不登校解決は何にも関係
ありません。

今、私が話していることが理解できないと
しても、安心して下さいね。少しずつ理解
できるようになります。

では、何が問題の発端なのでしょうか?

最初、あなたがカウンセラーの所へ行った
ということは、つまり、不登校の問題は、
子どもの「心の問題」だと思ったんですね。

子どもの「心」に何か問題があるから、
だから不登校になったと思っている。

そして、カウンセリングを予約した。

「学校のことはあまり言わず、子どもを
休ませてあげましょうね。落ち着けば、
子どもの方から動きだします。待って
あげましょう。」


カウンセラーにこう言われたはずです。

そして、家であまり学校の話題もあげず
過ごしていたら、子どもの表情は穏やかに
戻ってくるようになった。

効果を感じるわけですね。

しかし、待てど暮らせど、子どもが学校へ
向かう様子は何1つない。

でも、「待て」と言われたから待っている。

1か月経ち、2カ月経ち、どんどん時間だけ
過ぎていく。これだけ休めば、逆に戻り辛く
なってしまうのではないか?

そう考えるのは真っ当だと思います。

そして、実際、子どもは期間が開きすぎて
戻り辛くなって、家に居ることを選択して
しまうのです。

つまり、中学卒業まで不登校が続く。

あなたのイライラも限界に達して、精神が
外へ向けば、親子喧嘩。内へ向けば、薬を
飲まないと心が安定し無くなる。

そういうお母さんは結構います。

・・・

このような流れだと思います。多くの場合、
不登校を「心の問題」だと勘違いしたことで
スタートしています。

カウンセラーも「心の問題」だと思い込んで
いるんですね。


不登校は「心の問題」ではありません。

だから、どれだけ心のエネルギーを満た
そうとしても、学校へ向かうことはないん
ですよね。

夜に「明日は学校へ行く!」って言った子が
次の日の朝に起きて来ない。


こんなことが繰り返されているはずです。

不登校は親子の問題でも、心の問題でも
ありません。あくまで学校と子どもの問題。
この事に気がつけば不登校は解決する。

「じゃあ、カウンセラーは意味が無い?」


って、思われるかもしれませんが、そうは
言っていません。

いろいろな心の悩みやストレスがあるので
心を落ち着かせる意味で相談するのは、
大切だと思います。

でも、それと不登校が解決するかどうかは
別ですね。学校との関係だから。

このことについては、私の小冊子やメルマガ
なんかを読んでもらえればいいと思います。
不登校の原因を詳しく話しています。

ちょっと、まだ分かりにくい人はこう考えて
みてください。

例えば、会社が変な会社で、厳しくて、
自分と全く合わないとします。嫌で嫌で
仕方がない。

そこで、あなたがカウンセリングを受けた。
心も落ち着いた。

その会社へ戻れると思いますか?

会社は変わっていません。以前のまま、
変な会社で合わない。

無理ですよね。カウンセリングは関係ない
ですよね。あくまで会社と自分の問題で
心じゃないです。

学校と子どもの関係も似ていて、学校の
雰囲気が合わないから行けないんです。


わかりますか?

ここの理解が不登校解決にとって、すごく
大切なんです。何度も読み返して、理解を
深めて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1782-95376aa4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ