Entries

【不登校】母親の過干渉、過保護、 先回り行動は「愛情」ではないの?愛とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今日のメールのお話、大変為になりました。
子供の声を聞いてあげる事はとても大切だとわかっていても
つい、こうしたら?とか、違うんじゃない?とか
親の意見を言ってしまいます。

すると、もういい…といいって子供は話さなくなります。
じっくり話を聞いてあげなくてはならないのですね。

私がいまいちわからないのは、先回りと後押しの違いです。
私の主人は私が息子に対して世話を焼き過ぎると言うのです。
確かに、やる事の遅い息子に対して、つい手を出してしまう事が
多々ありました。確かにそれは過干渉だったかもしれません。

不登校になったきり全然勉強をしようとしない息子に
家庭教師をつけようと息子の了解を取らずに面接をさせました。

面接の方が帰った瞬間、自分は聞いてない、やりたくないから
断ってくれと言われ、断る羽目になりました。

息子はキャンプや野外活動が好きなので、今更ながら
ボーイスカウトを勧めてみようかと思っているのですが、
主人は、本人がやりたいと言わない限り無駄だと言います。
息子にやりたい事をやればいいんだよと言っても
何をやって良いのかわからないと言います。

私が、息子の好きそうな事を調べて勧める事は
やはり、先回り、過干渉なのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんの気持ち、すごくよくわかります。

息子さんの為に、母親として、いろいろと
やってあげたくなるのは当たり前です。


そして、わかってほしいのは、不登校は、
親の過干渉や先回りが原因ではないって
ことです。関係ありません。

どこの家に行っても、だいたいお母さんは
いろいろと子どもに口出しします。

だから、このお母さんが特別ではないです。
こういうお母さんは日本中にいますよね。
普通と言えば、普通です。

でも、正しいわけではないです。

それもわかってください。

子育てにおいて、過干渉、過保護、
先回りは「愛情」ではありません。


ショックかもしれないですが、違います。

愛とは、相手の事を信じることです。

でも、過干渉、過保護は、相手の事を信じて
いないから助けようとするわけですよね。
だから、愛ではないです。子どもにしたら、

「お母さんは、オレのことを信じていない
から、俺を助けようとしているんだ。」


と、思うわけです。

だって、信じていたら、何でもかんでも助ける
必要はないですからね。

親の一方的な行為に、子どもは無視されて
いると感じます。それは愛情とは言えない
ですよね。

その事に気付けばいいです。

「先回りと後押しの違い」について話します。

「先回り」は相手の意志を無視した行動。
「後押し」は相手の意志を尊重した行動。


「良かれ」と思って、お母さんはやるんです。

でも、それはお母さんの意志であって、
子どもの意志を確認したわけでも、何でも
ありませんよね。

例えば、唐揚げにレモンをかけるかどうか?

これも先回りタイプの人は、みんなの為に
先にレモンをかけるんですよね。でも、誰にも
確認はしていません。

後押しタイプの人は、レモンをかけるか尋ね、
かけます。相手の意志を確認している。

何となくわかりますか?

親のあなたが絶対正しくて、それに子ども
自身は従っていればいいんだ。その意識
そのものが残っています。


そのことを認めないと話は進みません。

小学生低学年ごろまではいいのかもしれ
ないですが、思春期になった子には通用
しないですよね。

もちろん、何もしないってわけではないです。

しっかり、アドバイスや教える事は教えて
あげないといけないんですよ。でも、最後、
決めるのは子どもです。


「勉強しなさい!」と言っても、勉強しない
のは、親が先回りしているからです。
それより、「あなたは賢いね。」って言って
褒めてあげて、後押しした方がいいです。

こういうのは子育てのイロハの「イ」だと、
私は思っています。

こういう子育ての基本については、私より
詳しいというか、日本一のプロの先生が
いるんですよね。また、メルマガで紹介
しますね。

大切なのは、ボーイスカウトではないです。

それをやっても不登校は解決しません。
多分、逆方向へ進むだけです。

もっと不登校の基本を学んで下さいね。
感性の問題です。そこを改善しない限り
何も変わりません。


不登校の子はワガママな場合が多い
から、お母さんが迷われるのって当然です。

だからこそ、しっかり、不登校を知って、
勉強して、接して下さいね。

不登校と子育ての問題をごちゃ混ぜに
しないで、分けてください。そして、私の
小冊子とかメルマガを読んで不登校の
勉強をすればいいですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1775-372981a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ