Entries

【不登校】学年が新しくなって、友達と一緒のクラスになったのに、再び不登校になった中学生

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年の息子の事でご相談があります。

中学1年の夏休み前から体調不良を訴える様になり、
夏休み明けから急に学校へ行かなくなりました。

行けなくなった理由をクラスに仲の良い友人がいなかったからと
考えた本人と私たちは、2年のクラス替えの時に仲の良い友人と
同じクラスにしてもらい、4月から再登校し始めました。しかし、
やはり夏休み明けのテスト後から元気が無くなり、さみだれ登校となり、
11月のテスト前から、また行かなくなりました。

授業についていけないのが原因かと思い、家庭教師や塾を勧めても、
知らない人に教えてもらうのは嫌だと言い張り一人でやるのですが、
わからず途中で投げ出してしまいます。

生徒のいない時間帯に何度か学校で、本人、親、先生とで話し合いを
行い、学校の方からは別室登校や、午後からの登校、学校での補習などを
提案して頂くのですが、本人は、どうせ行くのなら皆んなと同じ、朝から
教室に通いたいと言い張るので、何度かチャレンジの日を設けたのですが
当日になると行けない日が続いています。

4月からは3年生になるので、何かを変えなければと思っています。
まずは勉強と思うのですが、家庭教師や補習を拒否する子に
どの様に勉強をする事を勧めたら良いのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の大きな勘違いの1つが友達と
クラスが違うことだと思い込むことです。

学年などが変わった時に、仲の良かった
友達とクラスが別になって、それで学校へ
行きにくくなったと思う人がいます。

しかし、それは勘違いです。

実際、この相談者の方の体験を知れば、
関係ない事が分かります。

1年生で不登校になり、2年生で友達と
同じクラスにしてもらったけど、結局は、
再び不登校になりましたよね。


これで、この子にしたら2度目の失敗。

次へ進む勇気を無くしてしまいました。
勘違いが原因で大きく後退しているん
ですね。

今も、同じ事をやろうとしています。

勘違いから再登校を遠ざけているんです。
これがわからない限り、ずっと不登校が
続いてしまいます。

私の小冊子を読んでくれた人は理解できる
と思いますが、お母さんの対応はすべて、
逆へ逆へ進む結果になりますね。

学校へ戻そうとするあまり、不登校の
原因とは違う事をやっています。


逆に言えば、不登校の原因さえわかれば、
このお母さんは行動力があるから、すぐに
解決してしまうと思います。

行動力があるから、私に質問を送ってくれて
いるんですもんね。素晴らしいです。

では、何を原因なのか?

友達でもありませんでしたね。

実際、どこの学校に行っても1人で休み
時間を過ごしている子はいますよね。
その子がみんな不登校になったら、今の
10倍は学校へ行けない子が増えます。

友達がいなかろうが学校へみんな行って
いるんですね。


もちろん、友達を作るような環境を学校は
がんばって作って行かないといけない。

次に、勉強ですよね。

勉強の話をここ数日で何回かしています。
家で勉強をやるのは、とても難しいです。
不登校前に成績がかなりいい子の場合は
やるでしょうが、そうでない子は難しい。

マイナスをゼロにする作業って、一番面白く
ないんですよね。

だからやらなくても当然です。

「じゃあ、どうすればいいのよ!」

って、怒られそうなので答えますね。

実は、問題は、すべて大人発信だってこと
なんですよね。大人が提案して、大人が
子どもにやらせようとしています。


これでは頑固な不登校の子は動かないん
ですよね。

学校で補習してもらえるとかは、すごく
素晴らしいことです。必要です。ただし、
そこへ導くまでのアプローチがおかしいと
動きません。

大人が提案して、子どもを動かすのでは
なくて、子どもが自発的に動くようにする。


仕向ける、後ろから背中を押してあげる。

具体的には、学校へ行くかどうかは子ども
自身が決めないといけません。

そこで必要なのが「共感の会話法」と、
「成長の会話法」ですよね。この2つを使い、
子どもが自発的に動けるようにしてあげる。


自分から「お母さん、学校へ行く。でも、
学校で補修してくれたら行きやすい。」って
言えるようにしてあげればいいんですよね。

これって、親から言うのとは、全然重みが
違います。

自分から言えるようにしてあげるんですね。
そうやって別室登校もスタートさせる。

親が「あれはどう?これはどう?」って、
言えば言うだけ遠ざかります。


なので、まずは不登校の原因を小冊子や
メルマガを読んで学んで下さい。その後に、
共感の会話、成長の会話をテンプレート通り
実践してくれたら良いですよ。

それで、学校へ戻った時に不登校の原因
である感性教育をやってあげることです。

これらについても小冊子で話しています。

すべては原因に目を向けられるかどうか
だと思っています。そこを無視した行動は
まったく効果がありません。

しっかり、子どもの感性を磨く、居場所を
作ってあげて下さい。

それでは、今すぐ、小冊子とメルマガを
読んで、不登校の原因を学び始めて
くださいね。行動力があるから、必ず
解決できますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1773-aff4644a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ