Entries

【不登校】勉強の遅れを取り戻すために、家で漢字をやらせてるけど、やる気が出ない息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子は、昨年の10月から、同級生からのからかいなどが
きっかけで、遅刻を繰り返すようになりました。そして、今年に
入ってから、ほとんど学校に行けていません。行けても放課後
ばかりです。

家にいてもゲームやらダラダラしてて、ほとんど勉強もやらずに
過ごしています。

学校へ行けないのは自分でも分からない、困っている事は
勉強がどこまで進んでいるのか不安だといいます。
塾(個別)だけでも行こうと言ってるんですが、直前になると
気持ち悪いとか言い出し、結局、塾もぜんぜん行っていません。

今なら全然取り戻せるから大丈夫だよと話したり、一緒にやろうか!と
言って漢字など2人でやったりもしてるんですが、本人がなかなか
やる気にならない時はどうしようも出来ず困っています。

どうか良いアドバイスをよろしくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

家で親と勉強をするのは不登校の子には
難しいと思います。


受験前の中学3年生とかぐらいでしょう。

それ以外の学年の子が、授業の遅れを
家でやり続けている話をほとんど聞いた
ことがありません。

遅れを取り戻す、マイナスをゼロに戻す
作業って面白くないです。


一番つまらない作業かもしれませんよね。

だから、続かないんですね。私でも続か
ないと思います。やる気が出ないです。

でも、私の所に来た不登校の子たちは、
やる気を出して勉強してくれます。

その秘密を今回は話そうと思います。

そして、このまま勉強を続けていると、
必ず途中であきらめて親子の関係が
悪くなります。

あまり無理しないほうが良いと思います。

なぜ家では勉強をしないのか?

そもそも勉強をしないのは、自分の遅れを
直視するのが恐いからなんですよね。
この感情を理解してあげて下さい。


例えば、自分がどれだけ太ったか現実を
見たくない人は、体重計に乗らないです。

それと同じです。

そして、実際に勉強が面白くないから
続かないんですね。ダイエットだって、
辛いからやらないんですね。

では、どうすればいいのでしょうか?

周りと比べるから遅れていると感じてしまう
わけですよね。じゃあ、周りと比べない。

それよりも目標に対して自分がどれだけ
進んでいるかを考えた方が良いんですね。

どういうことか説明します。

不登校とか関係なしに、もっと先の
目標に向かわせるんですね。


例えば、高校受験とか大学受験とかへ
目標をズラしてあげるんです。周りに
追いつくという視線から、さらに先に視線を
上げてあげる。

すると、今の遅れが実はたいした問題では
ない事に気がつくはずなんです。

わかるでしょうか?

クラスのみんなは達成していて、自分だけ
達成していないと取り残されたと思います。
でも、クラスのみんなは5合目で、自分は
7合目なら、まだ大丈夫だって思えます。

差は同じだけど視点を変える事で、やる気
が出てくるんですよね。

まずはこれを理解して下さい。

視点を変えてあげることです。

次に、家で勉強は難しいって事です。

あまりにも誘惑が多すぎるので、意識が
切りかわりにくいんですね。できるなら
別室登校でもさせてからの方がいいです。

逆に家で勉強をさせると、追いつくまで
学校へ戻らないようになるかもしれない。


出来る人はやればいいですが、できない
人は、学校へ戻ってからで良いと思います。
学校で補習をやってもらうことです。

確かに、不登校の子は勉強に対しての
強い不安感を持っています。

それが学校へ行けない1つの不安です。

でも、それを補うために家で勉強をさせる
ことだけをしても、逆効果です。それなら
学校へ行かず、家で勉強すればいいって
必ずなります。

学校へ戻らない口実を作る事になる。
受験でない学年の子は特にそうです。


勉強に対しての少し具体的なテクニックを
話しました。とても大切な視点だと思って
います。

やる気がでない時にはやらなくていいいと
思いますよ。無理にさせても、どうしようも
ないですからね。

ぜひ、視点を変えて勉強させて下さいね。

だって、不登校で何年も勉強しなくても、
現役で早稲田や慶應に合格しています
からね。国立大も合格しています。

安心して下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1772-a3aaa365

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ