Entries

【不登校】勉強への不安が学校へ行かない理由なの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1男子、不登校4ヶ月、うち相談室2ヶ月なのです。

クラスに戻りたくないと言い張るので、理由を聞くと、
「勉強が追いつかないから」といつも言うのだけれど、
授業がわからなくても、テストができなくても、気に
することはない!と私は思っていたので、勉強のことは
あまり問題視してませんでした。

でも、子どもは、勉強の不安を、親以上に持っているんですね…。

家庭教師を頼もうかと本人に聞いたことはあるのですが、
何故か嫌がるので、勉強のサポートを何もしていないです。
でも学校に聞いてみようと思います。

ただ、本人が勉強意欲がないので、困っています。
「どうせやっても無理だよ。追いつかない。」と言い張るのです。
勉強が遅れているなら、勉強すればいいのに、何を考えて
るのか分かりません。

******************終わり******************************

……

回答:

勉強についての不安を考えていない
親御さんがとても多いですね。


子どもの事がよくわかっていなんです。

間違った対応をやり続けていると、勉強が
出来る子もできなくなります。

本当にそうなんです。

今年も、私の学校へやってきた不登校の
子たちが慶應とか早稲田にも合格して
います。

それは、勉強についてきちんと対応して
行ったからなんですね。

この子たちが途中で勉強を諦めさせて
いたら、全く違う人生を歩んでいたことに
なるはずです。すごく恐ろしいですよね。

子どもがどうして勉強しているのか、
知っていますか?


親のあなたに気に入られるためなんです。
親の為に勉強しているんですね。

もし、勉強しなかったら親に捨てられる
ぐらいに思い込んでいます。

勉強できないから、すごく不安なんです。

「じゃあ、勉強すればいいのに、ゲーム
ばっかりやっていますよ!どうして?」


と、思われるのは当然ですね。

勉強ができないから実際にやると自分が
駄目だって証明されてしまいます。なので
やらないんです。できない現実から逃げて
いるんですよね。

家庭教師とかも、必ず子供は反対します。

だって、出来る子なら家庭教師は必要が
ないです。家庭教師が来るだけで、自分は
できないって証明されるようなものです。

とにかく現実逃避です。

勉強が意欲がないのって、当たり前です。
あなた、勉強している子どもを褒めたこと
ありますか?


「ありますよ!」

って言う人がいるんですが、その倍以上
馬鹿にしたり、注意しているんですね。
だったら、褒めたのは打ち消されています。

だから、ゼロなんです。

褒めると注意で、褒める方がトータルで
上回っていなければ、褒めたことには
なりません。

意欲がないのではなくて、意欲を取って
いるのが親なんです。


それで「やる気がない!」って言っても
本末転倒ですね。

わかったでしょうか?

勉強だけが不登校の不安ではないです。
他に2つあります。友達関係と将来への
不安ですね。

この3つの不安を解消しないと、学校へ
向かうことってできません。

そのうち、勉強については2つやってほしい
ことがあります。

1つ目:褒めることです。

「お前は、賢い子だよね。」


って、ゲームをやっている子どもを褒める
ことです。それが全ての最初だと私は
思います。

勉強をやっていい点を取ったら褒めるから
やる気がなくなるんですね。多くの子は。
出来る子も親に褒められたくて勉強してる
のがほとんどです。

できないなら、何もない時から褒める。

すると、自分は賢いんだって思うから、
勉強に対する抵抗も少し減っていきます。

2つ目:学習サポートを学校でやってもらう

家で勉強をカバーするのは無理だと思って
ください。必ず学校でやってもらうことです。
放課後に補習とか個別指導とかやって
もらったらいいんです。

それがあるから、子どもは学校へ戻れる
動機になるんだと思います。

勉強の不安をしっかり理解してあげて、
褒めて認めてあげながら、気持ちを高めて
あげてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1768-ea13f325

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ