Entries

【不登校】小学校から学校を休み、中学進学後、夏休み明けから学校へ行けない引っ込み思案な娘

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学一年生の娘の母です。

小さな頃から人見知りで顔が幼稚園でも自分の
名前や返事もあまり言えませんでした。小学校でも
おとなしく学校ではあまり声を出せない感じだった
みたいです。

最初の不登校は、小学校の三学期からで卒業式
以外はほとんど行けませんでした。

中学校に入ってからは毎日学校に通いテニス部にも入り
凄いなぁと思っていましたが、夏休み明けにとうとう学校に
行けなくなりました。

性格はとても優しく思いやりもあります。

不登校について色々調べていくうちに、ただ
見守ることしかできないでいます。今の気持ちも
やっぱりよくわからないと言っています。

先生がビデオでおっしゃってた通りでびっくりしています。
どう行動を起こしたらいいのか?よくわかりません。

******************終わり******************************

……

回答:

小学生から不登校が続いている子も多く
います。

そういう子は中学進学後も不登校が続き、
中学卒業まで家で過ごすことになります。
そして、高校進学も難しく、人生を諦める
ことになる。

何年間も学校を休めば、孤立感が強くて
人と関わることもできなくなります。


残念ですが、今の社会の仕組みでは、
こういう子を救う体制がありません。

自己選択で学校を休んでいると思われて
しまうのです。結果責任はいつも不登校の
子が負わないといけなく、厳しいです。

何とかして家から出してあげなければ、
この子の未来がなくなってしまいます。

笑顔で学校へ行けるようにしましょう!

なぜ、小学校から不登校なのか?

いろいろな要因はあると思いますが、
2つの事を考えないといけないです。

1つ目は、自分を抑えることが当たり前に
なっていることです。周りから拒否されて
いるように感じて、自分をあまり出さない
ようにしています。

傷つくのが嫌だから、心を閉ざしている。


人見知りや声が出せないというのから、
判断できると思います。

2つ目は、自分らしさが出せる活動が
ないってことなんです。


引っ込み思案でも、何か自分らしい部分
が出ているような活動があれば、なんとか
学校へ行けるようになります。

例えば、友達も少なくても物静かだけど、
絵が好きで、美術部で絵を描いていれば
自分らしさが出せて満足できる。

そんな子が、あなたの学生時代にもいた
はずなんですよね。

もし、この子に美術部がなければ不登校
になっていたと思うんですよね。

これを居場所というのか、逃げ場というか
それぞれですが、そういう場所が学校に
あるかどうかです。

「でも、テニス部に行ってましたよ!」

って、思われるのは当然です。

実は、違うんです。テニス部とかの運動系
の部活はストレスを忘れる作用があるので
一時的な効果しかないんですね。

ストレスは脳への負担が大きいです。

運動をして筋肉を使うと、その時は脳が
あまり活動しません。それでストレス解消
のような気分になるんですね。

それでテニス部は最初は上手くいった。

でも、途中で人間関係の問題がでてくる
ので、ストレスは解消できなかったんです。

理由が分かりましたか?

では、どうすればいいのでしょうか?

結局、この子らしさが何なのかが誰も発見
していないですよね。この子自身も自分を
よくわからないんです。

この状態では、何も変わらないです。

この子の感性の種類、方向がどこにあるか
親として探さないといけないです。それは、
不登校とか関係なしにです。

「この子は何に向いてるのかな?」

それを考えてあげ欲しいんですよね。

「それが分からないんです!」

って、言われそうですが、それを探すのが
あなたの仕事です。見つからなくても、
探し続けるんですよね。

私の学校にも幼稚園から不登校になった
女の子が入ってきた時は驚きました。


やれるかどうか私も不安はありました。

でも、才能を見つけようと思って、いろいろ
チャレンジさせたら合唱に向いている事が
わかったんですよね。

それから、自己表現が出来るようになり、
勉強もやって、国公立大へ現役で進学
しました。嘘のような本当の話です。

この子の例があるから、私は不登校の子
については、何にも驚かなくなりました。

飢えているんですよね。

自己表現したいけど、表現する活動が
どこにもないんですね。


不登校になる子は感性が豊かだから、
他の子のような、ありきたりの環境では
満足できないんですね。

まずは親がじっくり子供を他の人と比べて
観察することなんですね。

そうやって、この子の特徴を掴んで、何を
与えてあげるべきか考えてほしいんです。

この作業をやらないと始まりません。

「この子の得意なことって何かな?」

ここからスタートして、それを学校の活動で
どう与えて行けばいいか考えてみて下さい。

そうしないと、また、子どもから動くまで
待って、中学卒業まで不登校を我慢して
いかないといけなくなりますよ。

そうなる前に、やってくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1757-7682a48c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ