Entries

【不登校】夜に一人で泣いている中学生の息子を学校へ戻す秘策とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

去年の9月から不登校になっている中学1年男の子の母です。

きっかけは野球部顧問の理不尽な息子に対しての注意でした。
クラスでも友達に馴染めず一人でいることが多かったようです。

不登校になってから死にたいと何度も口にしましたが、外出も
少しずつ出来るようになっています。学校には回りに何を
言われるか怖くて行けないそうです。

最近料理に興味を持ち、一緒に夕飯を作ったり、お菓子を
作っています。今、一人でケーキを作ると言ってやっています。

寝るときに時々息子がどうしてこんなことになってしまった
のだろう…と泣いています。感性の話をしたり今からでも
遅くないという話をしていますが、息子からどうしたいという
具体的な言葉が出てきません。

どうしたら行動するようになるのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

私は、この子はラッキーだと思います。


早く部活から離れられたからです。もし、
こんな嫌な先生の所で3年間もいなければ
いけないなら、地獄です。

だから、早い時期に離れられたんだから、
良かったんじゃないかと思います。

今の時代、厳しいだけでは教育ではない
からです。時代遅れの教育をやっていると
子どもが離れていきます。

だから、いいんです。

それに、そのお陰で、料理が好きだって
わかったんですよね。これも大きな発見だと
思います。

普通は、料理に興味を持ちません。

私なんか、焼そばとか、チャーハンとか
しか作れないです。男の人なら、カレー
とかぐらいですよね。

それがケーキまで興味を持っているのは
その子独自の感性ですよね。


普通の子とは違います。

これが不登校の特徴の1つです。

明らかに他の子とは違う感性を持って
いることがわかるはずなんですね。


この子に厳しい野球部は合わないです。

だから、良かったんだと思います。

どうやったら戻れるか話しますね。

私ならまず、どう育てるかを聞いて下さい。
これを聞けばわかってくると思います。


まず、私はこの子と一緒にケーキ作りを
します。そして、地元のケーキ屋さんを
周り、気になるケーキを買ってまた作る。

さらに、超有名なケーキ職人たちの作る
ケーキの本とか雑誌とかを手に入れます。

それを家の中に置いて、子どもの反応を
見て、この子の傾向を観察します。

ケーキと言っても色々な種類があります。

この子が好きなケーキがどの種類なのか
見極めないといけないんですね。

例えば、小説好きでも、純文学からファン
タジー、ノンフィクションなど分野が分か
れていますよね。

それと同じだと考えて下さい。

そうしていると、必ず、この子が好きな
パティシエが現れてくるはずなんですね。
そこまでやれば、そのパティシエの方法
を真似させて、追及して行く。

そうやっている間は、ずっとこの子が作った
ケーキを周りに食べさせるとかして評価を
させます。

中学生でも料理大会はあるだろうし、そこに
目標を持たせてあげるといいんですよね。


野球部だと大会がある。そこに向けて練習
しますよね。それと同じ状態を作る。

一見、学校とは関係がないように思う
はずです。


でも、学校へ行けないのは自分を出すのが
できず、躊躇しているからです。自分自身を
思いっきり出すことを許してあげないと、
学校へ戻っても同じことになります。

それに自信もつきますよね。

本当は学校の家庭科教室なんかで放課後
ケーキが作れるなら一番良いですよ。

学校によっては料理クラブなどがあると
思いますが、普通はないです。週1回から
始めさせてもらえば良いと思います。

この子はケーキを作っている時に自分が
「生きてる!」って感じるんだから、それを
やらせるしかないです。


学校が終わったら、すぐ家に帰って作れば
いいですよね。それで、周りに提供する。

理想のように思うかもしれないですが、
実際、多くのお母さん達が同じような事を
やってくれています。

学校が協力的でない場合があるので、
家でやるしかないんですよね。


待っていても何も起きないんだから自分で
やるしかないです。迷っているんだったら
すぐに行動した方が変化があります。

この子が夜泣くのは、人と比較するから。

人と比較できない自分らしさがないので
比較して劣等感を感じて泣いている。


だから、早く、この子らしさを作ってあげる
活動を準備してあげることです。もちろん
料理ではなくて、もっと違うことに興味が
広がる可能性も高いですよ。

それが何かはわかりません。

でも、やってみないとわからないです。
子どもから動くことはないですよ。

私はこれが不登校教育の根幹だと思って
います。

子育ての大きなヒントになったのでは
ないかって思っています。ぜひ、やって
みてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1756-c7606ccf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ