Entries

【不登校】学校へ行くのが面倒!と言って、休み続ける息子を動かす方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年 男の子の母親です。

2学期頃から学校を行ったり休んだりするようになり。 
3学期は1回も学校へ行っていません。

中学入って 部活も入り友達とも楽しそうに学校生活を
送っていました。部活はハードで、文句や愚痴もやめたいと
いいましたが なんだかんだいいながらも友達もいたので、
がんばっていました。 

ちょっと心配性で真面目なところがありでも、こうと思ったら
頑固な一面もある子です。

風邪、頭痛で 学校を休むようになっていきました。

本人は 学校がいやとか、友達と何かあったわけではなく、
ただ学校に行くのがめんどくさいから行かないと言います。 
確かに家の中では昼ご飯、夕飯も皆で食べるし、話もします。 
友達とスマホしてゲームしたりしてます。とても楽しそうにしてます。

どうしたら 外に学校に行けるようになりますか。

******************終わり******************************

……

回答:

「学校に行くのが面倒だから、休む。」

こんなことって、ありません。

子どもが学校を面倒だから休むって言う
のは、絶対にありません。どれだけ親が
甘くても、そんなことはないです。

友達とつながりがあるのに、学校へ行け
ないのは、面倒だからではないです。

友達がいるなら、学校へ行けばいい。

家で一人でいるほうが面倒です。だって
やることがないからです。ないですよね。
家にずっといて、楽しいわけがない。

良い格好をして、自分を騙しているだけ。

子どものそんな言葉に惑わされてはダメ
ですからね。

私だって、学校へ行くのが面倒だった時
ぐらいはあります。でも、行くのが当たり前
だし、友達と話すのが楽しいから、行って
いました。

あなたもそうだと思います。

たとえ、友達がいなかったとしても学校へ
行っている子がたくさんいます。

学校へ行くのって、会社へ行くのが義務
なのと同じで、病気でもない限りは、義務
なんですよね。それって子どもも理解して
います。

だから、本当の本当は、面倒なのが理由
ではないんです。

このまま、ずっと学校を休めば、友達が
不審に思うんですよね。「あいつは学校を
休んで、楽して・・・」って思うに決まって
いるんですよね。


クラブ活動が忙しくなれば、相手をするのも
できなくなります。

そして、一人になり、孤独になり、どんどん
内へ入っていき、暗くなり、周りを避けて
昼夜逆転し、自分の部屋にこもっていく。

それで完全に不登校になって、抜け出せず
中学卒業まで不登校。

高校受験も勉強をしていないから、うまく
行かず、希望の学校へ入れず諦める。

人生のレールから外れた気持ちになる。

そうなれば、自暴自棄になるしかないです。
ひきこもり、ニート状態です。


でも、ここで不登校の原因を理解して、対応
してあげれば、再び元気に学校へかって、
笑顔で過ごしてくれるようになりますよ。

なぜ、学校へ行かなくなったのか?

それは単純に、学校がツマラナイからです。

いろいろと難しいことを言う人がいます。
あるいは、怠けているだけだと言う人だって
います。

でも、簡単に一言で言えば、ツマラナイ。
面白かったら、絶対行きますからね。

ツマラナイって、どういうことでしょうか?

これも度合いの問題なんですよね。

ちょっとツマラナイぐらいは、学校だから
当たり前なんですよね。我慢しろよ!
って思いますよね。

ここからが大切です。

まず、ツマラナイんですよ。

同時に、不登校になる子は学校が窮屈に
感じてしまうんですね。

よく、「居場所がない」って言いますよね。

これも正解なんです。

私たちって、学校でも会社でも社会でも、
どこでもそうですが、学校の中で自分の
感覚と合わせられる場所や時間や空間を
持っています。

例えば、勉強も分からない、担任の先生
も嫌い。でも、野球部で野球が好きだから
授業も耐えて学校へ行くわけです。

自分の居場所がある。

この子も友達がいますよね。

でも、実は、友達はいるけど、本音では
話していないんですよ。ただ友達がいる
ことで孤独を紛らわせているだけ。

ゲームをやっているのと同じで、気持ちを
紛らわせているだけ。

本当の居場所ではないんですよね。

普通、先程の野球部の子のように、学校に
自分の持つ空間、領域と重なる場所がある
はずなんですよね。

自分の感性に合っている部分です。

わかりますか?

例えば、トマトとミカンでは、同じ土壌で
栽培できないんですよね。それぞれの作物
には、自分に合う土壌環境が必要です。

子どもと言っても、みんな同じではない。

野菜だと思っていても、思春期を迎えて
脱皮したら、果物だった。

じゃあ、果物に必要な土壌を与える。

それがとても大切なんですよね。

だから、自分の空間が無いんですよ。
自分らしさを出せる場所がない。それで
息苦しくなっているんですよね。

それでこの子も学校へ行きにくいんです。

では、どうすればいいのか?

原因が分かれば、やることも簡単です。

この子に合う空間を学校で作ればいい。
本当にそれだけで解決します。


野球好きには野球部があり、音楽好き
には吹奏楽部がある。

でも、小説好きに小説部はないし、ロボット
好きにロボット部もないですよね。じゃあ、
それをできるような時間を作ってもらう。

簡単に言えば、そういうことです。

けれども、それができないのが不登校。

不登校の問題は、「これをやりたい!」
っていうのがないんです。


つまり、自分がトマトなら、トマトの土壌を
作ればいいし、ミカンならミカンに合う
空間を作ればいんです。

でも、不登校は自分がトマトなのかミカン
なのかがわかりません。

自分は一体何者なの?

ここが難しい部分なんですよね。

何にこの子に合うのかがわからないです。
それを探すのが第一ステップになります。

この子の才能、輝ける部分、そういった
ことを探してあげる、見つけてあげる。
まだ知らない自分の凄さを教えていく。

それこそが教育の本質だと思います。

この子らしさって何ですか?

この子がその自分らしさを発揮できる環境
が、今、学校にありますか?

ただ単に周りに合わせていればいいんだと
思っていませんか?学校に行ってくれれば
自分らしさがどうかなんて関係ない。そう
感じていませんか?

今、この子は自分らしさが見つけられなくて
苦しいんですね。

それを出せない、周りに合わせるだけの
学校生活で苦しいんです。

でも、それをこうやって口に出して説明する
ことはできません。子どもはなぜ自分が
苦しいのか分からない。

なぜだか、学校へ行こうとすると体が
固まってしまうんですよね。わけがわからず
やすんでしまっています。


その言い訳として、「面倒だ」と言っている
だけです。説明しようがないんです。

同時に反抗期もあるから、強く言ってるだけ。

ズルズルと休みが長期化する前に、今すぐ
不登校の原因を私の小冊子やメルマガを
読んで学んで下さい。

それだけでも違うと思いますよ。

この子、助けてあげましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1751-cbc50863

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ