Entries

【不登校】待っていても学校へ戻らないですよ。子どもの抱える勉強の不安を解消する!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年生のの息子です。

2学期になってから、全く学校に行かなくなりました。
小学生の頃も4年生の11月から行かなくなりました。
5年生になり、担任の先生に引っ張られてどうにか
6年生の卒業まで、登校しました。

中学になり1学期は欠席もなく行けていましたが、
その後不登校です。昼夜逆転の日もあります。

私が、仕事に行っている間は、好きにしています。
ほとんど、ゴロゴロとしている状態です。土日には、
友達と遊びに出かけます。

家族では、学校の話はしなくなりました。

いつか登校してくれるのを、心待ちにしていますが、
どのように対応していけばいいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

待っていても、何も起きません。

待てば待つほど、子どもは学校へ戻る
ことが出来にくくなります。あなたが待って
いる限り、学校へ戻ることはないです。

もしかしたら、待ち過ぎて、子どもはもう、
動けなくなっているかもしれません。

そうなれば、中学卒業まで不登校が続き、
高校進学も諦めて、そのまま家にニート
状態、ひきこもり続けるかもしれません。


そういう不登校の中学生は多いです。

不登校の特徴がわかることで、正しい
対応や接し方ができるようになります。

そうすることで、学校へ戻りやすくなって
再び元気に明るい表情で学校生活を
過ごしてくれるようになりますよ。

なぜ動かないのでしょうか?

不登校の子の心理状態を知ることで、
動かない理由が分かります。

親のプレッシャーという心理については
何度もブログやメルマガで話しています。

なので、もう1つ違う話をします。

それは、「勉強への不安」です。

このことを軽視している人がとても多い
ように感じます。

勉強、授業の遅れの不安、心配はかなり
強いです。特に、完璧主義傾向のある子
には、より強くなります。


1ヵ月ならいいですが、3カ月も遅れると
「もう遅れは取り返せない。本来の自分の
実力は出せなくなる。もう一度やっても、
無駄。だから、やらない。」と思うのです。

「そんなの世間では通用しない!」


って、親の方が思っても、子ども自身がそう
思っているのだから、どうしようもないです。

不安と恐怖の方が勝ってしまうんですね。

待っていて、何か恐怖や不安が消える
わけではないですよね。

むしろ、待っている方も不安や恐怖に怯え、
動けなくなっている状態です。親子ともに
恐怖に身が引けている。

不登校の子でプライドが高い子ほど、完璧
出ない自分を見せられないんですね。

すごく弱いんです。

ダメな自分を直視、受け入れられない。


だから、1ヵ月学校の授業が遅れるだけで、
学校へ戻れないんです。学校に戻って、
テストで最下位になって、周りに馬鹿に
されたら、どうしよう?

そう考えるんですよね。

最下位になれば、親からの見捨てられる
かもしれません。

いくらでも想像は膨らんで行きます。

では、どうすればいいのでしょうか?

それは学習サポート体制を作ってあげる
ことです。

私の学校でも不登校の子の為に特別な
学習サポート体制を作っています。どんな
状態の子が来ても大丈夫なようにして
います。

普通の学校だと、放課後に補習をやれば
いいと思います。

とにかく、今からでも十分、追いつくことが
できるんだって、安心させてあげないと、
子どもの不安は消えません。

「大丈夫だよ。先生がサポートしてあげる。
お母さんも理解してくれているからね。」

そう言えば、成績が悪くても不安は小さく
なりますよね。

例えば、中学出席日数0日の子。


そういう子が私の学校にも毎年1人ぐらい
入学してきます。

それでも大丈夫です。実際、0日の子が
何人も早稲田や明治、同志社大などへ
合格しています。国公立もいます。

そもそも0日の子がどうして私の学校へ
やってこようと思うのか?

それが学習システムを作っているから。

その安心感があるから、入ってやり直して
みよう!って思うんですよね。それがない
としたら、来ていません。私も受け入れる
ことはできないです。

だから、学習サポートって大切なんです。

「勉強の遅れは心配しなくてもイイよ。
先生がサポートしてくれるから、安心
するんだよ。」


最低でも、これぐらいの声掛けは必要です。

そして、実際に学校と相談して放課後に
補習をしてくれるように頼むことですね。

学校へ戻っても勉強の遅れは消えません。

いつも話しますが、親を子どもは恐がって
います。だから、勉強の不安を親に助けて
もらうことなんてできません。大人の方から
助けてあげないといけません。

まずは、学校の先生と学習の遅れをどう
サポートできるか相談してみて下さい。

不登校の子の不安を1つずつ取り除いて
いきましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1747-ab01e2d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ