Entries

【不登校】学校で子どもがやりたい活動が1つもありません。どうすればいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在中学1年男の子、小学6年3学期よりいじめが
きっかけで不登校になりました。

小学卒業式、中学入学式に行けず、中学2学期より
適応教室に通い、行きたい高校が見つかった為、
それに向けて中学へ行く決心をする。

現在別室登校4日目、来週から徐々にクラスに入る予定。

問題は、興味のある事は海や魚、釣りで、高校も海洋高校に
行きたいが現中学校は内陸のため海からは遠く、クラスへ
復帰できた後、本人が大好きな海に関するどんな取り組みを
学校側にお願いしたらいいのかわからない。

学校や担任の先生はとても協力的なので、なんとかしたい。

海に関する取り組みを内陸の中学校でやるとしたらどんな事を
思いつきますか?教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子は感性が豊かです。

その豊かな感性を内側に押し込めてしまう
ことで、ストレスが溜まり、不登校になって
しまいます。

自分を表現できないことは一番の苦しみ
ですね。


ただ弱くて表現できない子はたくさんいます。

不登校の子はそうではありません。表現
する場所が学校にそもそもないんです。

この感覚が理解できないと不登校の子の
気持ちを分かることは出来ません。私達も
同じような体験をしたことがあります。

海外旅行です。

言葉も通じず、風習も違う、何もかも合わ
ない感覚に襲われたことがありませんか?


少しビクビクしながら、周りに合わせようと
して、周りの人の行動を観察して、これで
いいか?間違ってないか?チェックして、
ずっと過ごして付かれる。

あれにすごく違いです。

1日や2日ならいいです。

不登校の子は毎日が学校でそんな状態に
なっています。合わないんですね。

この子も海のない地域に住んでいるけど、
海が大好きなんです。

別に海の近くに住んでいるからって、学校
で、海の活動をさせてもらえるわけでは、
ありません。それは関係ないです。

別室登校から教室復帰後、しなければ
いけないのは、感性教育です。


不登校になる前と同じことを教室復帰後に
やっていたら、また不登校になった当然。
それをお母さんはわかっているから、早く
新しい活動をさせたいんですね。

素晴らしいお母さんです。

海が好き。

でも、海が好きって、私からすると音楽が
好きって言っているのと同じなんですね。

魚が好きなのか、海の構造が好きなのか、
海の風景が好きなのか、漁師、深海魚、
マグロ、刺身、潮の流れ…など、色々と
あるんですよね。

近大のマグロ養殖のような研究がしたい
のか、漁師のようなことをしたいのか、
海の絵や写真を芸術として残すのか。


それがどれかをまずは探して下さい。

どうであれ、それが見つかったら次は、
それに関する本を読ませることです。


放課後にでも職員室で読ませるんです。

それで次に、実際にどういうことをするか
子どもに考えさせます。

養殖なら、養殖でいいので、その装置は
何が必要なのか、どういう手順で育てて
いけばいいのかを調べてレポートにして
書かせる。そして、実際に養殖させる。

私ならそうやると思います。

学校には1人ぐらい、釣好きの先生が
いるものです。理科の先生でもいいです。

海がないから、諦めている暇なんて私たち
にはありませんよ。

もちろん、そんな大きな装置を作ることは
できないです。でも、興味のあることを潰す
ようなことをしない。広げて行ってあげる。
それが教育の基本だと思っています。

あなたのお子さんがどこに感性があるかを
探して下さい。

子どもに聞いても、ほとんどは、

「わからない!」

って、言うはずです。

自分を抑え込み過ぎて自分らしさがどこに
あるのかが分からな無くなっています。

それを引き出すのが親の役目です。

たいていは、小学生頃に出て来ているはず
なんですね。それを見逃しているだけです。
何か賞をもらったり、他の子と違う絵を描い
たり、文章が精巧だったり。


そういう部分を探してみて下さい。

プラモデル作りから、人工ロボットへ発展
するものです。

それでは、今すぐ子どもの感性の輝きを
過去を思い返して探してみて下さい。

それが不登校克服の原点です。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1745-5594d0dc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ