Entries

【不登校】嫌だった部活を退部したのに、学校へ行けず泣きながら苦しむ息子を助けてあげたい

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年の息子です。

夏に部活中に体調が悪くなってから部活に行かれなく
なってしまいました。部活の環境に恵まれず、ずいぶんと
苦しかったようで、高校の部活に行かれなくなってから
泣きながら訴えていました。

親も始めは部活に行かせようとしましたが次第に諦め、
あまり部活の話をしなくなった頃、冬休み前から今度は
学校に行かれなくなってしまいました。

担任や顧問と相談して部活のことが負担になっている
のかもしれないと、息子は退部を選択しました。

性格的に真面目であまり気は強くないので退部した後の
人の目が気になるのかもしれません。朝は布団の中で
首をふるばかりでぽうっておけばお昼まで寝ています。
起きてしまえば機嫌はわりとよく普通にしている状態です。

休み始めてから2週間、この先どのように対応していけば
よいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

私は、合わない部活なら退部してもいい
と思っています。

だから、この子の選択は間違ってない。

そういう子は世の中にたくさんいますね。
特別ではありません。部活を辞めてから
帰宅部になる子だってたくさんいます。

でも、不登校なんですよね。

気が強くないのも分かっています。

じゃあ、サポートしてあげないといけない
ですよね。それをやっていなかったから
こうなっているとも言えます。

このままだと、ずっと休み続けます。

高校の不登校の子は3カ月程度で、留年が
決まってしまいます。そうなれば、退学して
違う人生を歩くことになってしまいます。


そこから抜け出す子もいるけど、大変です。

部活は合わなかったけど、学校生活だけは
楽しく過ごして欲しいですよね。

きちんと対応すれば大丈夫ですよ。

なぜ、休み続けているのか?

これは、お母さんも言われるように、周りの
目が気になるんですね。気にならない子の
ほうがおかしいです。当たり前ですね。

「自分で勝手に辞めたんだから。」


と、自己責任で子どもに責任を引き受け
させる態度もわかります。

強い子ならそれで良いです。

高校生だから、それぐらいは自分でやって
学校側は何もしないのは普通です。でも、
この子は弱いって分かっているのだから、
退部後のサポートが必要ですよね。

その辺りの認識の違いが学校と本人に
あると思います。

学校としては、自己責任を教えたいと
考えているはずです。

それも間違いではないです。

でも、実はこの問題の裏に不登校という、
全く違う原因があることがわかっていない
ので、こういう現状になっています。

これがズレです。

ここを学校側と話さない限り、学校の方は
対応を変えようとはしないはずです。

まずはここを理解して下さい。

本題に入ります。

もし、本当に部活が嫌で嫌で仕方がない
のなら、辞めて、喜ぶはずなんですね。
気が弱くても喜ぶはずです。

「もう、あそこに行かなくていい。」


気持ちが落ち着くはずなんです。私なら
そうです。それなのに、逆に気持ちが
下がっていますよね。理屈に合いません。

それが不登校です。

自分らしさを発揮できず、自分を抑えて
しまっているので、苦しくて仕方がないん
ですよね。

今の部活では自分を抑え込み過ぎて
苦しかった。

辞めたけど、自分を発揮する場所が学校に
ないですよね。だから、部活を辞めても、
不登校が続いているわけです。

自分自身を表現する場を不登校の子は
求めています。自分らしさを出す場所。


もちろん、それを探さないといけません。

不登校の子によって、タイプが違うから
正解が1つってことではないです。まるで
オーダースーツのように、その子に合う
場所や活動を提供しないといけない。

これが不登校教育ですよね。

もう1つは、この子が周りの目が気になる
のだから、誰か守ってくれる生徒をつける
ことなんですね。

そうやって友達関係のサポートも必要です。

ここまで話してきたことは、すべて学校での
話なんですよね。家ではないです。

だから、まずは学校と話し合いをすること
ですね。学校側の認識を自己責任から、
最初はサポートしていく認識になってもらう
ことです。

これを変えられなければ、出席日数の
関係から転校しなくてはいけなくなります。

親としては現実を考えながらの対応に
なってしまいます。

不登校をマイナスではなく、プラスに考えて
行動しないと気持ちも続きません。不登校
というのは、本来の子どもの部分が出て
きた証拠でもあります。

ダイヤの原石を磨いて上げられるかどうか。

それでは、今すぐ学校と話し合って互いの
認識を一致させて、対応して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1731-1094f1fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ