Entries

【不登校】朝、全く起きない娘。布団から引きずり出しても抵抗する。もうどうすればいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今の、うちの三女は、学校へ行かないと決めてから、
朝は声をかけたぐらいでは絶対に起きません。

布団を剥がし、体を抱き起こし、部屋から引きずり
出すのは、しかしこの歳になると重労働です。自分も
朝は忙しく、仕事もあります。

起こし方にコツがあれば教えていただきたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんの気持ち、すごくよくわかります。

不登校で学校を休むのは仕方ないけど、
朝ぐらいはきちんと起きてほしい。


朝食も早起きして、わざわざ用意して作って
いるのに、食べないなんて許されない。
何とかして起きて、食べてほしいです。

それって親なら当然の気持ちです。

でも、無理やり起こすのは、実は逆効果
だってことも知って下さい。実際、起きない
ですよね。ということは、間違っているん
ですね。

このままずっとお母さんが起こし続けて
いれば、子どもはお母さんが何でもやって
くれると勘違いします。

何があってもお母さんに依存し続ける。

学校へ行くのだって、「車で送ってよ!」
なんてことになるかもしれません。

そういう不登校の子は結構いますよ。

これから話す方法をやれば、1度声を
掛ければ、それ以上言わなくとも、自分で
起きて、リビングに来て、食事をして、
家事を手伝ってくれるようになります。

そこから、少しずつ学校へ行く気持ちが
出て来て、戻ろうとしますからね。

なぜ、朝起きないのか?

これは簡単なんです。

学校へ行かない『罪悪感』です。

これが朝起きない理由です。もう少し詳しく
話していきますね。

学校へ行かないといけないのは理解して
います。でも、体が動かないから学校へ
行けないんですね。

それで、朝、普通に起きるとします。

そうすると、お母さんからは「起きてるなら
学校へ行けば?」と言われるんじゃないか
って、恐くなるんですよね。

さらに、この子の姉妹は学校へ行っている
わけです。

だから、朝、制服に着替えたお姉さんたち
と一緒にご飯を食べれば、どんな気持ちに
なると思いますか?


また、お姉さんたちに何か言われるかも
しれませんよね。

惨めな気持ちになって当然です。

そこで落ち込むに決まっています。

お母さんの目、姉妹の目が恐いんです。
この恐怖感を取らないといけません。

次に、朝、激しく起こそうとすることについて
なんですね。これはやらない方がいいです。

子どもは恐怖心を持っています。

学校へ行かない自分は悪い子、価値のない
子だって思っています。そんなダメな自分は
親に捨てられるんじゃないか。そう考えて
当然ですよね。

そんな子にとっては、親が自分に関わって
くれるだけで安心感を持つようになります。

親を試すんですね。

その行動を過激にさせるのが親なんです。

無理に起こそうとすれば、子どもは母親は
私を見捨てていないと感じるんです。

そして、さらに、起きて来なければ母親は
どこまで私を見捨てないだろう?って、
過剰な行動をとるようになります。

これは子ども特有の心理状態です。

わざと悪いこと、迷惑な態度を取ることで
親が見捨てないギリギリの線を探って
いるんですよね。

このお母さんのように、無理にやればやる
ほど、子どもは起きないです。あなたを
もてあそぶようになるだけです。

逆効果の理由です。

では、どうすればいいのでしょうか?

娘さんの気持ちを理解していることを
伝えて、安心していいよって教えること
ですね。

私はこれを共感の作業って言っています。

「あなたの気持ちはよくわかっているよ。
行きたくても学校へ行けないんだから、
仕方がないよ。分かるよ、その気持ち。
だから、安心して休んでいいからね。」


そういう態度を見せてあげないといけません。

共感して、安心感を与える。

もちろん、休ませ続けることはできないから
成長の会話で、登校刺激を行います。

お姉さんたちも含めてですよ。

だから、その前にお母さんとお姉さんたちは
不登校の原因を理解してあげることです。

私の小冊子でもメルマガでもいいので、
不登校の原因を学んで、家族で共有して
ください。

ステップ1:不登校の原因を理解
ステップ2:共感の会話
ステップ3:成長の会話

この流れで大丈夫です。

まずは娘さんの恐怖心、警戒心を解くこと
からスタートです。そうすれば、今のように
抵抗して起きて来ないような状態は、ほぼ
なくなります。

無理やり起こしたくなる気持ちは分かる
けど、それで上手くいく事はないです。

恐怖心に共感してあげることですよね。

「共感の会話テンプレート」はメルマガで
話していますから、読んで下さいね。


このままが続けば親子の関係はさらに
悪化して、口もきかない。ひきこもりにまで
発展する可能性もあります。

不登校どころの問題ではないです。

親子が共感出来れば、不登校だけど、
家では普通に過ごせるようになります。

そうなってようやく、学校へ戻る勇気が
出てきます。共感の会話を実践して
みてくださいね。

それでは、今すぐ不登校の原因を理解
するために小冊子とメルマガを読んで
ください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1729-976097bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ