Entries

【不登校】クラスに友達が誰もいない、孤独な娘を転校で解決させたい!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校の子は、親とも今の学校の環境
とも違う感性が出てきてしまったんですね。
だから、周りに合わないんです。合わない
からストレスになる。限界が不登校です。

娘も思い返せば、その通りでした。
(頑固ですが、素直で 内弁慶なおとなしい子供です。)

中学3年の春から 不登校が始まりました。

きっかけは 進路の悩み事から、夜が眠れなくなり 
昼夜逆転が始まりました。不登校の間 本当に 
大変でした。子供は 荒れ 自殺してしまうのではと
思うこともありました。

理解してあげたいけど 理解できない。

「クラスが 自分に 合わない!話す友達はいるけど、
孤独だ。学校が つまらない。」と 話しています。
中学の時から 友達はいたけど 学校を楽しむことが
できなかったようです。

このような不登校は 学校を 転校するしかないでしょうか?
親から見ても 学校が 合わないのかな? ということは感じます。

環境を変えてあげるほうが 子供のためでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんは不登校の原因を理解してくれて
いますね。素晴らしいです。

素直に聞いてくれるのは嬉しいです。

こういう人が不登校を解決していますね。
素直さって大切です。

今は原因を理解した所なんですね。
ここからどうやって解決していくかが大切
なんですね。

転校について話しますね。

転校も1つの解決方法だとは思いますよ。
でも、転校すれば解決するわけではない
のも知っておいて下さい。


なぜなら、どこの学校もそんなに変わらない
からです。

日本って、どこに行っても同じなんですね。
そんなに違うわけではないです。言葉だけ
違いますが、そんなに中身は変わらない
ですよ。

如何にして差が出ないようにするかを考えて
いるのが、学校って場所です。

どういうことか説明しますね。

例えば、東京と大阪の中学校だと雰囲気は
違いますよね。全く違う。実際、東京の子が
大阪に引越しで転校して、合わなくなって、
不登校、登校拒否していることがあります。

その変化は大きいです。

でも、自分の住んでいる隣の市区町村の
学校へ転校しても、ほとんど変わりないです。
雰囲気はあまり変わりはないです。

地域を大きく変われば、雰囲気は変わる
けど、同じ地域内なら同じです。

不登校の子にとって、同じ地域で少し変化
があっただけで満足する環境に出会える子
って少ないです。

だから、転校しただけで問題が解決する
不登校の子はごくわずかです。


それは理解しておいて下さい。

友達がいないって寂しいです。それなら、
転校させたい。可能性が少しでもあるなら
いいじゃないか。

そう思うのは当然です。

だから、転校してもいいんですよ。気の合う
友達が見つかるかもしれません。それでも
不登校は解決しません。

全く違う問題だからです。

不登校になっているのは気の合う友達が
いないからではないんですね。

自分を押し殺しているからです。

自分らしさを表現出来ていないんです。
自分を表現する場所がないからです。


もちろん、友達がいて、そこで自分を表現
する子もいますよ。でも、私の経験では
少ないと思っています。

結局、それも自分らしさがどこにあるかを
知らないといけないです。

この子の得意なこと、能力、才能があって、
それを抑えつけているから苦しいんですね。
自分らしさを抑えて、周りに合わせようと
して、2重のストレスに襲われています。

では、どうすればいいのか?

友達は大切です。だから、今の学校では
本当に誰も相手をしてくれないなら、転校
して良いと思います。

そして、問題は転校してからなんです。

友達が出来ても不登校になるはずです。
そう簡単には変わりませんよ。

この子に合う活動を学校で作ることです。

以前に、こんな子がいました。

山奥の学校で、人数が少なくて、野球が
好きだったけど、野球部がなくて不登校
になった子がいました。

その子が転校して野球部に入って、
元気で明るくなった、という例もあります。

この子にとっては野球が表現だったんです。

何でもいいんですね。その子に合うもので
あればです。でも、それが何かは普通は
わからないです。

不登校の子はそれぞれ違います。

絵を描くのが好きな子もいれば、本を読む
のが好きな子もいれば、ロボットを作るのが
好きな子もいます。

必ず今までの学校生活の中で得意なことが
あるはずなんですね。

それを次の学校で見つけて、先生と一緒に
やっていけばいいんです。

高校生だったら、時間がないから、ひとまず
転校して、次の学校で考えればいいと思い
ますよ。

このお母さんの行動力はすごいですね。
だから、私は大丈夫だと思っています。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1727-734edf6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ