Entries

【不登校】学校へ泣きながら通う子を救うための課外活動とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

この夏、不登校になった中一の娘は、三か月後に
学校へ行き始めました。

でも、今でも毎日、学校へ行きたくないと言いながら、
何とか行っている状態です。

冬休み明けも、一緒に学校へ送って行き、何とか
教室へ入れたという状態です。学級委員も務めたり、
いろいろなことに挑戦したがる娘だったのですが、
今は、挑戦したい気持ちもあるけど、踏み出せない
ような様子です。

進級したら、また行けなくなるかも・・・と本人も不安を
口にしていてなんと言ってあげたらいいのか、言葉が
見つかりません。

何か、アドバイスをお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

涙を流しながら学校へ通っている子たちが
たくさんいます。

「学校へ行かないといけない・・・」

「親に、迷惑はかけられないよ・・・」

「高校進学ができなくなる。」


そんな思いがあって、我慢して、辛いけど
学校へ通おうとして努力している子たちが
ほとんどです。

しかし、どれだけ学校へ行こうと思っても
体が動かないんですね。

本人もわけがわからない。

親はもっとわからない。学校へ行かない
だけでも、意味が不明なのに、体が動か
ないって言われても理解できない。

それって、私も最初そうでした。だから、
不思議な事ではありません。

本当に体が学校へ向かないんですね。
だから、この子はよくがんばっています。

行けていない子もがんばっているんですよ。
行かないから、努力していないってわけ
ではないです。勘違いしないで下さいね。

すごく肝心なことをお母さんは忘れてる。

それがわかれば、この子は朝一番に自分
自身で起きて、走って学校へ行くように
なります。明るく元気で笑顔が溢れる毎日
になりますからね。

なぜ学校へ行けないのか?

不登校になったのか?


これって、私の小冊子やメルマガで話して
いる通り、学校と合わないから不登校に
なっているんですよね。

合っていれば、学校へ行きます。

合わない理由は、思春期の変化です。
思春期が子どもに訪れて変化をもたらし
ました。その変化によって、子どもが、
大きく変わったんですね。


だから、学校と合わなくなったんです。

心の問題でも、根性の問題でもないです。

あなたが学生時代にも思春期があって、
変化したんですね。それでも学校へ行けて
いたはずです。

何が子どもと親では違うのか?


それは、変化の大きさ、度合なんです。
変化があまりに大きかったから、我慢や
努力ではどうしようもなくなったんです。

例えば、海外旅行へ行くと合わないことが
よくありますよね。


国自体であったり、風土、気候、習慣や
食べ物などです。

不登校の子の状態って、その感覚に似て
いると思うんですね。アフリカの奥地へ
行って、合わない。自分を変えようにも、
自分は自分だから変わらない。

あとは、我慢するしかないんですね。

海外旅行で1日や2日、長くて1週間なら
我慢できると思うんです。でも、1か月や
半年、1年なら無理です。

我慢の限界があります。

不登校の子も全く一緒です。


でも、海外生活をしている人はその中で
日本食レストランを見つけたり、日本食材
なんかが手に入るスーパーを探したり、
日本人だけで集まる会を作っています。

そうやって、自分を出せる場があります。
それで何十年も暮らせるんですね。

同じことを不登校の子にもやればいい。

そうです、この子に合う、この子が自分を
出せる、表現できる場所が学校の中に
1か所あればいいんです。


たった1か所、30分でもあればいいです。
週1回でもいいです。

自分らしさが出せればいいんですね。

具体的には何をするの?

それを探すんですね。だって、不登校って
言っても、みんな感性は違うから。その子
自身に合う活動を探すの。

例えば、本を読むのが好きな子がいれば、
その子に本に関する活動をさせるといい。
小説を書かせたり、作文を書かせたり、
演劇の台本やシナリオをつくらせたりね。

私はそんなことを学校でやっています。

放課後の1時間でもいいからやらせる。
それで激変してしまう。

当たり前ですよ。

アフリカの奥地に住んでいて、歩いて
いたら、日本の醤油や味噌が置いてある
スーパーを見つけたようなもの。

嬉しいに決まってるし、そこに通い続ける
はずなんですね。

わかりましたか?

何が足りていないかが?

それでは、今すぐ子どもに合う活動を探し、
学校で1時間でも新しい活動をスタート
させてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1725-1f0d00b3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ