Entries

【不登校】担任の先生が合わない、嫌いで学校を休み、中学転校を考えているけど…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今現在中学1年生の男の子で、2学期の終わりから
不登校になりました。優しくて、人から言われたことを
結構気にしてしまう繊細な部分があります。

不登校になって、ゲームづけで、夜遅くまで起きていて、
昼間まで寝ているという生活習慣になっています。

どうしたら良いのかわからないという状況です。

本人は学校へ行きたくない理由として、担任の先生が
嫌い・合わない。休んでたことを、友達にからかわれるから
嫌だと言っています。

もしそうであれは、近くに不登校の受け入れをしてくれている
学校があるので、そちらへ転校をしてもいいのかなと考えております。
親としては、少し焦りの気持ちはありますが、息子にとって、
何が一番良いのかを考えて、話し合いたいと思っております。

今の段階で一歩進むには、どうしたらよろしいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

「合わないから不登校になった。」

息子さんの言っていることは本当だと
思いますよ。

でも、普通、担任の先生が嫌い、合わない
ことってありますよね。そんなことぐらいで
不登校になられたら、親としては認める
わけにはいかない気持ちが出て当然です。

不登校の本当の原因は、先生と合わない
ことではないんですね。

それを今回話していきます。

お母さんが指摘しているように、この子の
性格は優しくて、周りを気にする繊細な
部分があります。

これもすごく影響を与えています。

転校したい気持ちがあるようなのですが、
その前に聞いてほしいことがあります。

転校しても問題は解決しません。

転校後も不登校になる子はたくさんいる
のが現状です。それは不登校の原因を
しっかり理解していないからです。

これさえ知っていれば転校しても大丈夫
ですからね。

不登校の原因って何なのか?

それは「自分を抑え込む」ことです。
この子の場合で話していきますね。

先生が合わなくて苦手です。だから、
この人と一緒に居ると自分が出せない
わけですよね。

つまり、先生と自分では感性が違う。

感性が一緒なら、自分そのまま出せば
先生が受け入れてくれるので、すごく
楽なんですよね。

でも、先生と子どもは違う感性。

この子の性格から言っても、自分を出さず
先生に合わせますよね。

先生に合わせるってことは、自分の感性を
出してはいけないですよね。出したとしたら
合わなくなります。


なので、自分を抑え込みます。

そして、自分の感性にないものを出して、
無理に先生に合わせるわけです。

自分にない感性を出すんですね。

ここが不登校の特徴なんですよ。普通は、
先生の感性と少し重なっている部分って
あるんですよね。

でも、不登校の子の場合、ほぼ重なって
いません。だから、自分を抑え込むしか
ないんですよね。自分らしさは出せない。

だから、辛いんですね。

何となくわかりますか?

例えば、中国語と韓国語、どちらが
あなたは簡単に感じますか?


普通は中国語です。

なぜですか?

漢字が共通しているからですよね。韓国
のハングル文字は読めないです。だから
中国語が簡単だと思うんですよ。

自分の中にある感性と共通しているなら、
それを出せばいいんです。親近感がある。

でも、ないから合わない。合わせられない。

それが思春期を境にやって来ました。

じゃあ、たまたま、この先生が合わない
だけなのでしょうか?


ほとんどの場合、そうではないですね。

不登校の子は、思春期に明らかに普通
とは違う感性を持つようになりました。
だから、先生だけでなく友達とも合わなく
なっているんです。

他の学校へ行っても基本は同じです。

不登校の子同士でも違います。


不登校の子がいれば安心なのではない
ですよ。これも知ってほしいことです。

一人ひとりの不登校の子が、独特な感性
を持っているんです。それぞれの子たちに
合わせた対応が必要になります。

不登校だからって一括りにはできません。

目標は、合わない先生や友達がいても
自分を抑え込まず、堂々と自分を主張する
ことが出来る子にすればいいんですよね。

自分を出せるかどうかです。

そのためには、自分が何者か知る必要が
ありますよね。

何者かわからないと、自分らしさとは何か
わからないです。自分を出そうにも出す
ことはできないですよね。

それが感性です。

何が好きで、何が得意で、何に心が響く
のかで自分という人間がわかります。

それを探さなければいけないですね。

これが不登校教育の最初なんです。

どこの学校に居ようとも、やることは何も
変わりません。不登校の原因を解決する
だけです。

詳しくは小冊子とメルマガを読んでください。
必ず息子さんは不登校から改善して、
自分らしさを発揮できるようになりますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1722-3885651d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ