Entries

【不登校】なかなか学校に行く勇気が出ない中学生の息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の10月~不登校気味

内弁慶、優しい、気が小さい、寂しがり。
人の目を気にしすぎる。

なかなか学校に行く勇気が出ない。いじめ等は
とりあえず無い。友達も優しい子が多く、気に
かけてくれているみたいです。

でも 少人数とはまだ良いが、人が多くいると緊張。
先生とは喋るのも嫌では無いが質問されれば
答えるけど、自分から話すことは必要なことのみ。

少しの自主勉はしているが、学力は無い状態。
高校生にはなりたいみたいですが、学校に
通えていない状態なので…

******************終わり******************************

……

回答:

学校では何の問題も無いのに、不登校に
なってしまった。

子ども本人は何も話さない。

拒否ばかり。

動かない。

こうなると、何をどうすればいいのかが
わからないですよね。

病気かもしれないと思って、お医者さんの
所へ行く。薬を飲んだけど、学校へ行く
気配は全くない。

それで、不登校が固定化して、学校へ
行かないのが当たり前になってしまう。

子どもが動くのを信じて待つだけ。

多くの不登校家族がこのどこかにいます。

何をどうすればいいのかが、分からない
状態なんですよね。

例えば、ずっと頭が痛い状態です。

風邪をひいているわけでもないし、頭以外
調子はすごくよかったりします。

でも、頭が痛い。

それで薬で痛み止めを飲み続けるだけで
根本原因が分からないから、治せない。
ずっと痛みを背負い続ける。

不登校も同じです。

原因が分かりさせすれば、解決の糸口を
掴むことができます。それを掴めないうちは
解決はできません。


ただただ、子どもの方から動くのを待つ
だけになってしまいます。

それで数年間の不登校で、高校進学せず
家にひきこもっている子はたくさんいます。
そうなれば、手遅れどころではないです。

「高校になったら行くだろう・・・」

と、また待つ姿勢を続けて失敗している
人達も後を絶ちません。

中学行けない子が、どうして高校になれば
急に行けるようになるのか?

現実にないことを私たちは想像してしまい
ます。時間や運に任せてしまって、今を
放置してしまうんですね。

そうなってほしくありません。

なぜなら、不登校には明確な原因がある
からです。これさえ解決すれば、不登校は
学校へ行きます。

では、何が不登校の理由なのか?

それは思春期の感性変化です。


何のことだか分からない人は私の書いた
小冊子とメルマガを読んで下さい。そこに
詳しく書いています。

何もないのに、普通に通えていた学校へ
行けなくなるはずありません。

何かあったから、行けなくなったんです。

でも、それが目に見えるものだとも限ら
ないんですよね。目に見えていたら、
簡単です。見えないから、わからない。

思春期の感性変化というのは、子どもの
内面が変化したってことです。


だから、感じ方がすごくかわりました。

身長が140センチだった子が1年で、
170センチぐらいまで伸びますよね。
学年に1人ぐらいいます。

それと同じぐらい内面が大変化したんです。

そうなれば、何もかもが合わなくなるのが
わかりますか?

友達とも先生とも、学校の雰囲気とも、
どれも合わなくなっていくんですよね。
特に学校の雰囲気と合わない。

それでストレスが積もって不登校になって
いくわけです。

でも、本人も内面の変化が起きたことに、
気が付いていません。自分では、何かが
起きた認識はあるけど、感性が変化して
いるとは思っていません。

だから、今まで通り普通にしている。

でも、合わないし、合わせようと思っても、
ズレが起きているからストレスが勝手に
起きてくるんですよね。

それで本人の意思よりも先に、体や脳が
学校へ行くことを拒否するんです。

お腹が痛くなったり、下痢、吐き気、頭痛や
腰痛、胃痛などを出して、知らせるんです。

このように不登校には原因があります。

真面目で良い子であればあるほど、自分を
抑え込んで、相手に合わせようとします。
それで変化した自分をさらに抑え込みます。
どんどん苦しくなります。

不登校の子は自分を抑え込み過ぎて、
自分らしさを表現できなくなります。


それがストレスなんですよね。

不登校の原因について話してきましたが、
これが分からないと、今のように何をやって
いいのか迷い続けます。

しっかり原因を学ぶことからスタートさせて
くださいね。

そうしないと、ただ子どもが動くのを待つ
だけになりますよ。それでは、解決はでき
ないままです。

もう一度、笑顔で学校へ通う姿に戻して
あげましょうね!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1713-8acd0949

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ