Entries

【不登校】学校へは行かないけど、友達とも遊ぶし、塾も行く中2の男の子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

初めまして。中2男子の母です。

小学生の時から 時々学校を休んだりしていましたが、
今年度になり11月は全て休み テストも受けていません。
行こうと思うとお腹が痛くなる と本人は言っています。

日に2、3時間だけ受けて早退、もしくは休む
という状態が続いています。

塾は欠かず行き、家庭教師も受けています。
学校が休みの日は友達と遊んだりします。

担任の先生と合わない というのが理由なのかな?と
思ったりもしていますが。どのように接していいか
私自身いっぱいいっぱいです。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さん、良い所に気が付かれています。

担任の先生と合わない。

つまり、担任が作り上げているクラスの
雰囲気に合わないんですよね。

それが不登校なんですよ。

この先生が悪いわけではないです。

もし、担任が悪ければクラスから何人も
不登校の子が出て来ているはずですよね。
他の子には合っているんです。

この子にだけ合わないんです。

これを理解することが不登校の最初です。

でも、それが分かったところで何をすれば
いいのかわからないですよね。それで、
お母さんも精神的に一杯になっています。

このまま時間だけが過ぎれば、不登校は
さらに悪化して行きます。


心が問題なら、時間が経てばおさまって、
学校へ向かうはずです。でも、不登校は
心の問題はないので、逆効果です。

時間が経てばたつほど、戻りにくくなり、
精神状態も不安定になります。

担任と合わない場合、心は関係はない
ですよね。

よく、女性が「あの人と生理的に合わない」
と言いますよね。あれって、気持ちや心の
以前に、合わないんですよね。

心の問題ではないですよね。

それに似ている感覚かもしれません。
合わないものは、合わないんですよ。

これを理解してほしいんです。

不登校の子は不登校になりたくてなって
いるわけではないんです。合わせようにも
合わせられなくて、行けない。

それに共感をしてあげるといいんです。

この子のように、学校以外はすべて普通に
過ごしている不登校の子たちも、たくさん
います。

学校だけが合わないんですよね。

では、どうすればいいのか?

合わせるしかないです。

答えは簡単です。合わせるしかないです。
ただし、子どもが合わせるのではなくて、
学校が子どもの方へ合わせる。

それが解決方法です。

みんなは、必死に子どもを今の学校の方へ
合わせさせようとして苦労しています。

上手く行くはずがないです。

だって、あなたも生理的に合わない人に、
合わせるなんて無理でしょ?それと同じ
ことを子どもにやっても無駄ですよね。

例えば、私の学校では不登校の子には
その子の感性、得意なことに関連する
活動を用意してあげます。


ある男の子は小説を読むのが好きだった
ので、放課後に小説を書かせたりさせて、
国語教師に添削させ、最後はコンクールへ
応募させる。

今までそんなことができる環境がなかった
から、学校へ行けなかった。

でも、自分の感性、やりたいことができる
環境が放課後の1時間でもできたので、
学校へ行くのが楽しくなった。

そうしたら、勉強もやり始めたんです。

最後は国立大の文学部へ進学しました。

こうやって、私の学校では子どもの方だけ
学校へ合わせることを求めません。

もちろん、合わせる所は合わせないと、
社会では生きて行けないです。その中に
自分の輝ける、自分のやりたいことが
できるから、社会でも生きて行ける。

不登校の子って、その学校の中には
やりたいことがないってだけです。


感性に合う活動がないんですよね。

それが不登校の原因です。

この子が何が得意で、何に感性が響く
のかは、私にはわからないです。不登校
と言っても、みんな持っている感性は
違いますからね。

それを探して、それに合う活動を学校で
スタートさせてみて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1708-4c8570d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ