Entries

【不登校】高校見学へ行こうとしない中学3年生の息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年の男の子です。

学校に行かなくなりました。1か月位は部屋に
閉じこもっていました。当初は何故学校に行かない
理由がわからずにいました。

「学校の雰囲気が嫌だ。自信がない」と言いました。

主人と私で通信高校の説明会に行き始めました。
こどももパンフレットを見たと言っていましたが
本当かどうかわかりません。

通信高校の願書の締切があり、試験はありませんが
面接があります。学校の雰囲気が嫌だと言っているので
一度は学校の見学をしてもらいたのですが、一歩も
外に出たことがないのでどのようにして見学に行かせれば
いいのでしょうか。

もうあまり時間がないのでできれば学校の見学に
行かせたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

高校進学の相談ですね。

中学3年で不登校になった子は、急に
高校受験に迫られてしまいます。この子の
ようになることも多々あります。

あるいは、

中学1年とか小学生から不登校の子は
高校進学に期待を持てないですよね。

それで諦めてしまう。

だからって、世間は待ってくれません。
そのジレンマがあるんですよね。

親は義務感で高校選びをしている。それと
子どもの意識は違います。その違いが
理解できると解決できます。

不登校の高校選びの一番のキモです。

このままだと、この子は高校進学をしない
かもしれません。そういう不登校の子たち
結構います。

では、なぜ動かないのでしょうか?

不登校の原因は前回話したので、割愛して
おきます。

原因を知っていることを前提で話しますね。

この子自身、自分が不登校になって
いる現実を理解していません。


何となく学校へ行けないんですよね。

わけがわからない。

親以上に、子ども自身が訳が分からなく
なっています。だから、急に高校がどうとか
言われても、戸惑ってしまうんですね。

「雰囲気が嫌。」

と言われると、我慢しろ!って言いたくなる
のは、普通です。

でも、不登校の子は我慢を超えているから
学校を休んでいるんですよね。そのことを
理解してあげてほしいんです。


本人もどうすればいいのか分からない。

だから、動かないんです。

では、どうすればいいのでしょうか?

私はいつも、高校進学の時にはこういう
アドバイスをしています。

「希望の光」を見せてあげる。


仕方なく、この学校。ではなくてね、ここなら
自分を変えられる。ここの学校なら、自分を
変えられる気がする。

そういう光を見せられているかどうかです。

それがないなら動かないです。

義務感、仕方なく行ける学校がここだから
ってことだけでは、高校でも再び不登校に
なってしまいます。

「今まで、学校が合わなかったんだね。
辛かったね。よくがんばってきたよ。お前
だから、続けられたんだよ。

お母さんなら、すぐ泣きだして家に逃げて
いたと思うよ。

今もがんばっているの知ってるよ。それは
もう、学校へ行っているのと同じなんだよ。
だから、すごいんだよ。」

・・・


こういう声掛けが出来るといいですよね。

それで、次に、

「高校からは、自分に合う雰囲気の学校を
探すといいよ。

自分らしさを探すの。

探せる高校を探すの。

周りに合わせるばっかりだと辛いからね。
あなたはどう思う?」


って、聞いてあげればいいです。

もちろん、それまでに共感の会話を実践
できていることが大切です。

この子も話しているように「自信がない」
ことも忘れてはいけません。雰囲気が合う
だけではダメなんですよね。

自信をつけられる環境だと思えるかどうか、
自信にあふれる自分を想像できるかどうか。


不登校を単なる学校が合わなかったぐらい
に思ってはいけないですよ。もっと深刻な
状況です。

不登校は、


ちょっと風邪ひいた

ちょっと鼻血が出た。

そんな感覚で不登校を考えている人が、
たくさんいます。しばらくすれば、元に戻る
だろうって思っています。

私も最初はそうでした。

でも、不登校は違いました。

風邪とか鼻血レベルではなくて、もっと、
奥深いレベルの問題です。

あまり深刻になる前に、しっかり不登校の
知識を知っておいてください。小冊子とか
メルマガとかでいいので読んで下さい。

子どもが何も言わないのは親を怖がって
いるからなんですよ。

共感の会話が足りていないんですね。

もう少しだけで良いから、やってみてみると
いいですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1699-53e3cc7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ