Entries

【不登校】子どもも原因がわからず学校へ行けない理由とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中三の男子が不登校になり1か月が過ぎました。

学校のクラスの雰囲気が良くないということらしいのですが、
詳しく聞いても、本人はなぜかはわからない。いじめられてるとか、
意地悪な友達がいるわけでもないのに、ねぜいけないんだろうと、
自分でもわからないらしいです。

先生に聞いても、困ってる様子はなかったし、友達も複数でいつも
楽しそうに過ごしていた、来ないので多くの友達が心配しています。
との返答です。

性格は、学校では穏やかで、優しい、わりとルールを守って
過ごしてるらしいです。

もうすぐ高校を決めないとと思うのですが、本人は外に出るのが怖いのか、
説明会に参加しようとしません。高校に行く気はあるのですが、
まだ今は決めるとかそういう気分じゃないといいます。

今の家での様子は、ゲームや、スマホ、漫画を好きなようにして過ごしています。

不安としては二つ、中学校に行くようになる日が来るのか、
高校選びは本人の気分にまかせていいものか。どうぞよろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子の特徴がそのまま書かれて
います。しっかり書いてくれてありがとう。

これ、本音ですよね。

突然、不登校になってしまった。

学校では普通に過ごせていた子が、急に
不登校になる。子ども本人も意味不明の
状態なんです。


これが親も先生たちもわかっていません。

何か特別なあったわけではないんです。
それなのに、学校へ行けなくなるんです。
だから、どうしていいのかわからない。

不登校の謎なんですよね。


それで、わけがわからないから、疲れて
いると勘違いしてしまうんです。1週間ほど
休ませれば、気持ちも回復して、学校へ
行けると思ってしまうんです。

でも、いくら休んでも行かない。

さあ、困った事になった。

それで、私のブログへ来てくれたと思うん
ですよね。

このままだと高校進学もせず、家の中に、
ずっといます。ニートです。


そうなったら、どうして社会へ出ればいいか
わかりません。世の中の厳しさを私はよく
知っています。誰も助けてくれません。

自力で這い上がるしかないです。

本当に難しい話です。だからこそ、高校で
不登校を克服して欲しいんですね。

とにかく、子どもから動くのを待っていたら
不登校は改善しません。周りが押して、
動かすきっかけを与えてあげることです。

なぜ、不登校になったのか?

これが分からないと、どうもできない。

私の話はすごくシンプルです。

不登校には独特な原因があります。それは
どの不登校の子にも共通した原因です。

それを知ることが最初です。

原因を知らずに対処なんてできないです。
だから、今、何もできないのは当たり前。
原因を知らないんだから。

例えば、お腹が痛くなったとします。

原因がストレスなのか、食中毒なのか、
内臓破裂なのかでは対処方法は全く
違いますよね。飲む薬も違う。

お医者さんでも原因を最初に探ります。

不登校に対しても同じことを私はしている
だけなんですね。

不登校の原因については、私の小冊子や
メールマガジンで詳しく話しているので、
それを読んで下さいね。

簡単に説明すると、不登校は思春期の
訪れと重なることがわかっています。

つまり、思春期になるまでは普通に学校で
過ごせていた子が、思春期後、急に学校へ
行けなくなるんですね。

学校は同じままだけど、子どもが変化した。

何が変化したのか?

それが内面の感性の変化です。目には
見えない変化が子どもに起きています。
子ども自身も気が付いていない。

それで、その変化が大きすぎて、今まで
合わせられていた学校環境と合わなく
なったんですね。

その突然の内面の感性の変化が
起きたことが全ての原因です。


では、どうすればいいのでしょうか?

原因がわかったなら、それで解決していく
だけなんですね。

原因は子どもの感性が変化して、今の
学校環境と合わなくなったことです。


では、合わせたら良いんですよね。

でも、子どもは合わせられないです。それで
不登校になっているから。だったら、学校が
合わせればいいんです。

これがみんな分からないんです。

子どもにだけ求めてしまう。それで苦しんで
います。子どもは変えられるものだと思って
いるんですね。変わらないです。


例えば、野球に興味の無い人を野球好きに
させるようなもの。無理なものは無理です。
でも、その人に合うスポーツを探してきて
あげれば、好きになります。

まずは、学校の中でこの子の新しい感性に
あう活動機会を作ることです。

私は、それで上手くいっています。

真似して下さい。

不登校は原因が明確にあります。それを
理解したら、どうするかがわかります。

子どもから動くのを待って、何年も経過
している人がたくさんいます。心の問題だと
勘違いしているんです。

そうなる前に、今すぐ小冊子やメルマガを
読んで不登校の原因を学んで下さい。

それが解決の第一歩ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1685-7d07a19d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ