Entries

【不登校】1日閉じこもって、スマホばかりの高校1年の娘を変える方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

我が家は、高校1年女子
真面目でおとなしく、人に合わせるタイプですが
芯は持ってると思います

入学当初、部活に入りましたが厳しくて挫折
友達がなかなか出来ず、休みがちに…今は友達もグループが
出来て、そこは楽しそうですが、授業が嫌で(本人談)学校に
足がむかず朝起きられない状態に…

休むと1日閉じこもりスマホで何かしてる日々です
夜は元気で家族にも接しますが、朝になると気が変わるようです

休みが多いので単位にひびき、面談とかにも呼ばれますが
学校に行く意味が見出せない感じもあり、声掛けはすべて説教に
聞こえプレッシャーも感じるらしいです

今後、どの様に声掛けしたら良いか悩みます
良いアドバイスをお願い致します

******************終わり******************************

……

回答:

我慢させるのが教育だと、みんな勘違い
していますよね。

自分たちが我慢の教育を受けてきたから
子どもも我慢して当たり前。その意識は、
今の子たちに、今の時代には通用しない
ですよ。

それは、不登校とは関係なくです。

社会ではすぐに会社を辞める子たちが
いますよね。

それを我慢がない!って言うのは簡単。

でも、今の子たちに我慢を求める方が
間違いだって思っています。時代は大きく
変わっているのです。それに、気がついて
いないんですよね。


何か1つでも楽しいことがないと子どもって
続かないんですよね。

すべてを我慢は出来ません。

この子は学校へ行ったり休んだりを繰り
返しています。

このままだと、本当に留年で、退学して、
家にひきこもりになりますよ。ニート生活が
始まります。人生が止まります。

そんな不登校の子はたくさんいます。

何もせず、子供に任せている人の多くが、
不登校を改善できずにいます。それって
本当にかわいそうです。

だから、今すぐやらないといけないことが
あるんですよね。

もう一度、娘さんに明るい学校生活を過ご
させてあげましょうね。

なぜ、学校を休むのか?

簡単です。

学校が面白くないからです。

自分に合わないからです。


たったこれだけの話です。我慢できないほど
ツマラナイだけなんですね。

この子の我慢が足りないわけではないです。
他の同級生と同じような我慢力?があるん
ですよね。

いいですね、我慢する力を「我慢力」って、
これから命名しましょう。

我慢力は他の子と変わりません。


でも、同じ我慢力でも、受けている、感じる
ストレスはそれぞれの子どもで違います。

同じ学校に居ても、

100のストレス感じる子。10のストレスを
感じる子。1万のストレスを感じる子。
それは感性の繊細さによって違います。

子どもの我慢力が100なら、100までしか
ストレスに耐えられません。

1万のストレスを感じる子は耐えられません。

不登校になる子は、みんな共通して繊細な
感性を持っています。1万のストレスを感じて
いるんですよね。

だから、クラスメイトと同じ我慢力なのに、
耐えられないんです。

「でも、今までは普通に過ごしていたのに
突然、学校へ行けないのはなぜですか?」


って、思われるのは当然です。

それが思春期なのです。

今までは、他の子たちと変わらない平凡な
感性だったんです。しかし、思春期になって、
急激な内面の成長が起きました。


感性の大変化です。

それで、感性がより繊細になったんです。
芸術家やアーティストに多いタイプです。

だから、急に、突然、不登校になりました。

では、どうすればいいのでしょうか?

これも簡単です。

面白かったら良いんです。たった1つでも
面白いことがあればいい。

周りの子たちだって自分に合うクラブ活動
何かがあるから、ツマラナイ授業にも我慢
できるんですよね。

それって、みんなやっています。

普通なら、今の学校のクラブや友達関係で
楽しいことを見つけられます。

不登校の子は違います。

それができないんです。

今の学校にある活動では合わない。

だから、違う活動をさせるしかないんですね。
この子に合う活動をさせる。

たったそれだけのことです。

実は、難しく考えすぎてるんですよね。

子どもに声を掛けても、嫌な場所には、
行けないです。少しでも自分にとって
楽しい活動が学校にあるなら、がんばって
行けます。

ツマラナイって言っているんだから、何か
楽しい活動を考えるしかないです。


私が学校でやっているのは、これです。

それで、不登校の子が学校へ行けるように
なったんですよね。

子どもに合う活動を学校の先生と相談して、
作ってみて下さい。それが不登校解決の
鍵ですからね。

とにかく、みんな複雑に考え過ぎ。

学校が嫌なのは、ツマラナイから。
楽しいからゲームを徹夜でやっている。
楽しかったら眠気にも勝てるんです。


普通は、クラブや友達とのおしゃべりが
楽しいんです。

不登校になる子は、それでは楽しめない
わけだから、違う活動を作る。

それでは、今すぐ、学校の先生と相談して
子どもが楽しいと感じる活動を作ってみて
くださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1677-da28a4bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ