Entries

【不登校】胃痛で不登塾、登塾拒否になった娘。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在中学1年生の娘についてご相談させて下さい。

中学は市内のモデル校で偏差値の高い中学で有名です。
大手進学塾に小学4年生から通っています。テストの成績で
クラスや席替えのある厳しい塾です。

始まりは小学6年生の2月、午後に学校で胃痛になり早退。
産婦人科も受診し、全ての検査で異常なしでした。頓服や
漢方薬を処方されましたが効果は感じられません。

だんだんと痛み出すのが夕方からになりました。3か月前から
痛みが塾の前になることが増えました。

そして今日初めて、朝、部活の登校前に胃痛を訴えました。
これが不登校の始まりではないかと不安でなりません。

******************終わり******************************

……

回答:

今は、不登校だけでなく「不登塾」と言って
塾へ行かない子をそう言うようです。

あるいは「登塾拒否」とも言います。


そこから、不登校へ発展して行きます。

今回の子は「胃痛」なんですよね。これは
不登校の子にも多いです。

基本の原因はストレスだってことぐらいは
みんな知っています。でも、何のストレス
なのかはわかっていません。

特に、胃痛の人の話を今回はしますね。

このお母さんの相談内容を聞くと、塾が
厳しくて嫌なんだと、誰でも思いますよね。
確かに、塾が嫌なんですよね。

でも、だいたい、みんな嫌なんですよ。
勉強なんてしたくないんですね。

だからって、みんなが胃が痛くなるわけ
ではないんですよね。

では、この子は弱いのか?

そう思ってしまいますよね。そうでもないん
ですよね。弱いから体調に変化が出るの
ではないんです。これも理由があります。

勘違いして、弱いから強くしようとして、
さらに厳しく接する人がいるんですよね。

間違った対応法です。

こういう胃痛って、一生続くんですよね。
本当ですよ。大人でも胃が痛いのをずっと
持っている人がいます。

では、なぜ胃痛が起きるのでしょうか?

私はお医者さんではないです。なので、
私の話を信じる必要はないですからね。
経験だけで話しています。

胃が痛くなる人の共通点は良い人です。

真面目で良い人、みんなに良い人ですね。
悪口を平気で言う人は、胃なんか痛くは
なりませんからね。

簡単に言うと、嫌なことを嫌だ!とは、
言えないんですよね。


これがストレスになって、胃が痛くなる。

嫌なことを嫌だ!と言えないのは、弱い
からだと親は勘違いしてしまいます。
違うんですよね。

実は、この子はお母さんの機嫌を取って
いるんですよね。


お母さんの期待にこたえようとしている。

だから、自分が嫌でもお母さんが期待して
いることだから、我慢する。言えない。
自分というものがないんです。常に母親に
合わせるだけの自分しかいないんです。


思春期で自分らしさが出て来ているのに、
母親にずっと合わせているんですね。

すると、自分らしさを抑えます。

お母さんの求める人間になることだけを
優先するから、それとは違う自分を出せ
ないんですね。

お母さんが悪いのかって言うと、そうでも
ないんですよね。

お母さんも自分のお母さんから同じことを
されているはずです。それをやっている
だけなんですよね。無意識に。

親って子どもを自分以上にしたがります。

それで子どもは親の期待にこたえようと
するんです。それで破綻する。

普通は、反抗期で親子は離れます。

子どもは反抗期で親に反発することで、
自分らしさを出すようになれます。

でも、反抗期がないというか、親の方が
上から抑え込み過ぎると、ずっと自分を
我慢する人生を歩くことになります。

このまま不登校になるかはわかりません
が、辛い毎日を過ごすと思います。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、嫌なことは嫌!だと言っていいと
許可を与えてあげることです。


そして、お母さんとあなたは違うんだって、
ことを教えるんです。自分で考えて、自分を
大切にすること。そして、お母さんの顔色を
うかがって生きてはいけないってこと。

これらのことを話して下さい。

反抗期ってすごく大切な儀式なんですよね。

親と自分は違うんだって知るんですよね。
それが思春期になってもできないままだと
胃にまで来るんですね。

本当の意味での自立教育が必要です。

それでは、このまま不登校にまで発展して
いかないように、親の顔色をうかがわない
生き方を教えてあげて下さい。

子どもの体調を崩すような子育ては、絶対
間違っていますからね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota






質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1674-b2eb698d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ