Entries

【不登校】学校に友達がいない息子。不登校になって、定期テストも受けない…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年の男の子の母です

反抗は一年の夏休みから始まり、未だに続いています。
息子は朝、起きて学校での1日の事を
考えたら行けないと学校に行かなくなりました。

行っても友達がいない、楽しくないといいます。

無理に行かせないほうがいいのでしょうか。
来週には期末試験もあり、高校の事を思うと不安で
どうしていいのか分かりません。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんの不安は当然だと思います。

息子さんの言っていることは、普通に聞くと
ワガママに聞こえますよね。

お母さんもワガママだと思っているはず。

それも普通です。どの不登校の家庭でも、
最初、子どもの言っていることがワガママ
に聞こえてしまうんですよね。

実は、これをワガママだと思い続ければ、
不登校は解決しません。

理由は、ワガママじゃないからです。

その説明をこれからしていきますね。

不登校って、世間で言われていることや、
普通に考えているようなものとは、少し
違うものなんですね。

根性がない

弱い

怠け

親の教育が悪い


こんな風に思われています。すべて違い
ます。親にしたら、自分の子育てが何か
間違っていたと思われる恐怖心もあって、
子どもに強く接してしまうんですね。

それで、さらに状況は悪化していきます。

最初の勘違いから不登校を抜け出せなく
なってしまうんですよね。

不登校って親の教育が悪いわけでも、
子の弱さや怠けが原因でもありません。
全く関係がありません。


なので、お母さん、自分を責める必要は
ないですよ。原因は全く違います。

不登校の原因を知らないと、ずっと苦しく
なるんですね。親子の喧嘩が続くだけで、
ドロ沼に入ります。

不登校の原因を勘違いしていれば、中学
の卒業まで不登校が続いてしまいます。

そういう子はたくさんいます。

正しく不登校を理解することが最初。

それを理解すれば、子どもが学校で友達が
いなくて、楽しくない、って言っていることが
わかるはずです。

普通、男の子がお母さんに、友達がいない
から楽しくない、なんて言いません。

子どもは親に気に入られるためになるべく
良い子を演じます。自分の情けない部分を
隠す傾向があるんですよね。


例えば、悲しいですが、イジメを受ける子は
親に絶対に相談しないでしょ。

だから、ずっと事件が続いています。

親や先生など大人には良い子を演じます。

だから、この子のように正直に話す子って、
珍しいです。お母さんが良い関係を築いて
いるんだと思いますよ。素晴らしいです。

不登校以前に、友達がいないんですよね。

これって、私でも辛いです。

このことをお母さんは知っていましたか?

不登校がどうとかではなく、息子さんの
学校での状況を詳しく知っていたのか?
それが気になります。

担任の先生は知っていたのでしょうか?

保護者面談の時はどうでしたか?

友達がいないって、地獄ですよ。それを
そもそも理解していますか?あまりにも
簡単に考え過ぎていませんか?

放っておけば、友達が出来ると思っている
のでしょうか?

ちょっと、フザけていますね。

学校で一番大切なのは、子どもが孤立して
いないかなんです。それだけで、子どもは
辛いし、イジメの対象になる可能性もある。

だから、何としてでも孤立させないような
対応をしないといけないんです。

それをやっていたのでしょうか?

私、怒っていますよ。これだけは怒らないと
いけないんです。

話が違う方向へズレていますね。

まずは、これを確認しておいて下さい。

本当に友達がいないのだと思います。
これに不登校の理由が隠れています。


友達って、理由なく、感性が合う者同士が
集まるんですよね。引きつけられるんです。
感性が合わないと友達にはなれない。

顔見知り程度ですよね。

だから、友達がいないっていうのは、人間
関係、コミュニケーション不足ではなくて、
そもそも周りと違う感性を持っている子だと
思うんです。

そして、この違う感性を持っていることが
不登校の原因でもあります。


人と違う、周りと違うから合わないんですね。

そして、周りに合わせようにも違いが大きい
から、合わせる苦労も大きい。限界が来て
学校へ行けなくなるんです。

これが不登校のスタートです。

これは根性とかでは、耐えられないんです。
できないんです。そういう次元の問題では
ありません。

そして、「心の問題」でもないです。

先程から話しているように、もともと持って
いる感性の違いです。だから、心がどうとか
ではないんですね。違うものは違うんです。

例えば、クラッシック好きにロック音楽を
好きになるように求めるのって馬鹿げた話
ですよね。

それと同じです。

不登校になる原理があるんです。

これを理解することからスタートして下さい。

わけもわからず、朝起こすことだけに躍起に
なっていては不登校は解決しません。

しっかり不登校の原因を理解する。


もっと詳しく知りたい場合、私の小冊子や
メルマガを読んで下さいね。

遠回りのようだけど、一番の近道です。

それを信じてやってもらうしかないです。
無理に勉強させても、さらに親子関係が
わるくなって、おかしなことになります。

共感の会話法もやってほしいです。

それでは不登校が中学卒業まで続かない
ためにも、今すぐ不登校の原因・原理を
理解してください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1671-9573b457

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ