Entries

【不登校】中学3年生で朝起きられない。高校受験も迫っているのに・・・

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

起立性調節障害と診断されました。
現在中学3年生で性格はまじめです。

出席日数の関係で公立全日制は難しいだろうから、
定時制や通信制高校を検討しています。

たとえ、中学校へもどれたとしても、休んでいたことを
聞かれたくないと、周りをとても気にします。何事も
なかったように自然にしてほしいといいます。
自分のことを知らないところがいいそうです。


親がここがいいからと勧めるわけではありません。
自分で決めることが、今後の進路では大切だと考えるからです
焦ってしまいます。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子の本音が聞けましたね。

学校へ戻れない1つの理由が、友達の目
なんですね。不登校の子だけが特別なの
ではありません。

私たちだって周りの目を気にします。
みんなに共通している恐怖心です。


これを理解してあげることが教室復帰へ
繋がっていきます。教室へ戻すことが
できない人の多くは、こういう子どもが持つ
学校への恐怖心を理解していません。

これ自体は、不登校とは関係ないです。

不登校になった原因と、学校へ戻れない
原因は微妙に違います。

周りの目が気になるから不登校になった
のではないです。不登校になって、学校を
長く休んだことで、周りの目が気になった
だけです。


でも、それが戻れない1つの理由です。

他にもいくつかありますよ。

この子は言っていないですが、勉強の
不安もありますよね。


学校へ戻っても授業はわからないですね。

みんなに取り残された感はすごく強いです。
自分だけポツンと教室で孤独感を味わう
光景が脳裏に浮かぶわけです。

そんな場所へ誰も行きたくないですよね。

もう1つは親の期待に応えられない
罪悪感です。


子どもは親が思っている以上に、親を
尊敬しています。そして、敬っています。

だから、親の期待に反する自分に対して
罪悪感を持つんです。さらに、そこで親が
強く子どもを当たったら、罪悪感は増す。

結局は、そういう想像力が働くことで心に、
大きなストレスが生まれますよね。それで
自律神経が正常に働かなくなります。

それを起立性調節障害だとお医者さんは
言っているんですよね。

交感神経と副交感神経が上手く切り替え
られないんです。原因はストレスですよ。
その原因が無くならない限り、朝起きる
ことはできないです。

では、どうすれば起きるのか?

家で出来るのは、親のプレッシャーを
減らすことだけですよね。周りの視線とか、
勉強の不安は消せないです。

もちろん、消す方法はあるんですけど、
すぐにできるのは親のプレッシャー。

親子関係を改善すれば、朝起きてくるのは
簡単です。多くの家庭で私の方法をやって
起立性調整障害が改善しています。

方法は「共感の会話法」です。

メールマガジンで解説していますが、共感
することで、子どもが親のプレッシャーを
減らすことが出来るんですね。

共感の会話テンプレートに沿って会話する
だけでいいんです。

とっても簡単な方法です。

学校へは行けないけど、家の中は普通に
過ごせるようになります。そうすることで、
子どもの孤独感が減ります。

親を怖がらないので、親のサポートが
有効に機能するんですよね。


子どもにすれば親の強いサポートを感じ
られるから、学校へ行く勇気も出てきます。
そういう不登校の子がたくさんいます。

そうなってから、次は学校への恐怖感を
取り除くことですよね。

この子のようにクラスメイトの視線が気に
なるのは、普通。だから、別室登校から
スタートしていくといいんですね。

そこで、1人、1人と友達と合わせて行く
ことで恐怖感を減らしていくんですね。

勉強は補習をすればいいですね。

そんなに難しいことではありません。

共感の会話をやってください。

それと、進路について少しだけアドバイス
しておきます。不登校の子って、精神状態
不安定なんですよね。自信がないから。

その時に選択したら、正しい選択ができる
のか?って問題はありますよ。

世の中には2つの人間がいます。

現状維持型。

不登校の自分を受け入れて、それを現状
維持する人。

成長向上型。

不登校になる前の自分に戻るために、自分
を成長させようとする人。

どちらが良いとか、正しいとかってないです。
自分に合わした方法でやればいいです。

でも、不登校の子って気持ちが落ち込んで
います。だから、現状維持型なんですね。
多くの子は、不登校をひきずり続けます。

私は成長向上型なんです。何とかして、
不登校の前に戻して、さらに成長する。

高校進学って不登校の子にとって大きな
分岐点です。もう一度、しっかり考えて
みてくださいね。

それでは、今すぐ、共感の会話法を実践
してみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1665-76253d2d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ