Entries

【不登校】私立中学から公立中学へ転校したけど、再び不登校になった息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

子供は中2男子です。

私立中学に入るも合わずに三学期に入り不登校、辞めて公立に入りました。
人間関係に悩みがあるようで今年の9月からまた不登校。

私立の学校が合わないと思いましたが、先生の言うように学校自体が
合わないのかもとお話聞いて思いました。

できるだけ子供に寄り沿い、同じマンガ読んだり、ゲームの話をしたり
してきました。自分の要求が通らないと暴れます。先日も新しいゲームソフトが
欲しいと言うので、美容院に行くか、宿題だけはやるとか、フリースクールや
カウンセリングにいかないか?と話すと無視して自分の要求だけをもとめます。

せめて美容院には、と思いましたが、私が買いに連れていかないと
ひどい暴力ではありませんが、感情のコントロールができないのか、
物を投げたり、押さえつけられました。

子供も苦しんでいるのかもしれませんが、ただのわがままに思えてきます。

******************終わり********************************

……

回答:

不登校と家庭教育って、本来は関係がない
んです。これをみんな理解していません。

子育てが悪かったから不登校になっている
わけではないんです。だから、不登校でも
親が自分自身を責める必要はないです。


でも、不登校になってから学校へ戻るか
どうかは、家庭教育の差が出てきます。

一週間で学校へ戻る子もいます。

3年経っても行かない子もいます。

この差は、家庭での親子関係が原因です。

ゲームをやろうとするのは、親からの強い
プレッシャーから逃げるためです。あなたは
意識していないかもしれないけど、すごく
子どもは敏感です。

共感の行動をやっているつもりでも、宿題
とか、フリースクールとかの話をしています。

親の共感がウソだとバレています。

ただ、学校へ行かせたいだけなんだって、
思われていますよ。

話を不登校に戻します。

私がずっと話しているように不登校って、
思春期の感性の大変化が原因です。

自分の豊かな感性を押し殺して、合わない
学校環境に合わせようとしてストレスが
起きる。その限界が来ると不登校になる
わけですよね。

自分の感性を表現できる環境があれば、
学校が自分に合うし、楽しく過ごすことが
できるんです。

だから、転校してもその場がないなら同じく
不登校になるしかないんです。


特に、私立中から公立中への転校は環境
そのものが大きく変わります。その変化に
付いていけない子が多いです。

この子も再び不登校になりました。

私立と公立は大きく雰囲気が違います。

私の聞いている範囲では、私立から公立へ
転校しても上手くいかないケースが多い。
公立から公立へ転校しても、通学時間が
長くなって、行き辛くなるようです。

何よりも同級生の視線が厳しいです。

「あいつ、私立受験したはずじゃ~?
どうしても戻ってきたんだ?」

って、言われているんです。耐えられない
子の方が多いですよね。

転校もそう簡単にはいきませんね。

ほとんどの場合、こういう転校のケースで
再び不登校になると中学卒業まで不登校
状態が続きます。

では、どうすればいいのでしょうか?


学校へ戻れるかどうかはすごく微妙な話
です。転校したばかりで、繋がりも薄いから
子どもにとって愛着感の無い場所になって
いるんですよね。


つまり、戻る場所がないんですよね。

今から転校すると言っても、学区外の中学
になるわけです。通学に1時間かかると、
もう長続きしないです。

何としてでも、今の学校に居場所を作って
あげないといけません。

その根本が不登校の原因への理解です。

それを理解しないと、今の自分の状況が
見えないです。わからないままでは、何も
進みようがありません。

しっかり私の小冊子やメルマガでも読んで
くれたら、今の学校へ戻れない理由がすぐ
わかるはずです。

それでは、今すぐ、不登校の原因を理解
してくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1652-037619a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ