Entries

【不登校】中1の娘が不登校になった。真面目で頑張り屋で、プライドが高い。なぜ?なぜなの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中1女子の母です。

まじめで、がんばり屋、プライドを持っているタイプです。
9月から数日休み、10月からいかなくなりました。
テストの日です。もう十分頑張った。がんばれないと。

普通に会話できますが、学校のことの話は拒否。

午前中は、機嫌が悪く寝てばかり、精神的な悪影響を
心配しています。まもなく1ヶ月、私がカウンセリングや
相談には出掛けています。無理に学校に行かせようとは、
思っていません。

今後どのようにアプローチすれば、よいでしょうか?

******************終わり********************************

……

回答:

不登校になったばかりの中1の女の子。

「もう十分がんばった。」

とだけ、話して、学校を休み始めました。
お母さんにしたら、ワケがわかりません。
納得のいく説明をして欲しい。

でも、何も話してくれないから、お母さんは
カウンセリングへ通っています。

それでも解決の道が見えない。

どうすればいいのか迷っているんですね。

今、多くの子供が不登校になっています。
そして、お母さん達が苦悩している。何が
起きているのかわからないから。

不登校の原因をわからないと、解決しない。

何が原因なのか知らないと、カウンセリング
を受けても効果がないです。

不登校は心の問題ではないからです。

今回、不登校の原因を話すので、娘さんに
これから、どうやって接していくのかが
わかりますよ。学校へ戻ってくれるように
なりますからね。安心して下さい。

このままだったら、ズルズル不登校状態が
続きます。3カ月、つまり1学期間休んで
しまうと、戻りづらくなります。


クラスの子の目が気になるんですよね。

家に居る時間が長いと、精神不安定へと
進む可能性があります。うつ病になる子
だっています。

そして、家族の雰囲気は最悪になります。

多くの子が中学卒業まで不登校が続く。

それで、不登校にならなければ行けていた
高校への進学も諦める。そして、ずっと、
不登校を引きずって生きていく。

そうならないように、私は手助けしています。

では、なぜ不登校になったのか?

心の問題ではないです。

ここが一番理解しづらいんですよね。

不登校は心の問題ではないんですよね。
原理があります。

「もう十分がんばった。」という言葉が大切
なんですよね。何をがんばったのか?説明
しますよ。

子どもは、周りに合わせることをがんばって
いたんですよ。

自分を出さず、押し殺して、とにかく周りに
合わせようとし続けた。その限界がやって
きたんですよね。


何か心に問題があるとか、落ち込んでいる
とかではないです。

周りに合わせるのに疲れたんです。

本当は、自分を押し殺すのに疲れたの。
自分の意見も言えないのって、すごく辛い
ですよね。

だから、娘さんは本音を言ってくれている
んですよ。正直に。

ここまではよくある話ですよね。

「そんなの我慢するのが当たり前。
学校へ行かないといけないんだから、
疲れたとか言ってられないですよ!」


って、言いたくなるのも当然です。

根性で、気合いで、踏ん張ってでも学校へ
行くべきだと思ってしまいます。

ここから不登校の真の原因を話します。

自分を押し殺して、周りに合わせる。

これって、私たちが生活していれば、普通
やっていることですよね。その場、その場
で合わせていく。

でも、自分の感性と全く違う環境や場所に
合わせないといけないなら、どうですか?


例えば、渋谷109のショップで、あなたは
働き続けることはできますか?感性が合う
なら大丈夫です。でも、合わないとしたら、
働き続けられません。

根性とか、気合いとかでは、どうにもなら
ないですよね。

そもそも合わないんですよ。

やがて、限界がやって来ます。

学校へ行くのは義務です。学校へ行って、
当たり前だと思います。でも、不登校の子
たちには異常事態が起きているんです。

急に、突然、不登校になった子たちは、
学校と自分の感性が合わなくなってしまっ
たんですよね。本当に急にです。今までは
何とか合っていたんです。我慢できた。


でも、それが急に合わなくなった。

例えば、小学校の時の友達がいますよね。

でも、中学や高校になった時、なぜか離れ
ていく子がいます。合わなくなるんですね。
あんなに仲が良くても。

そういう経験ってありませんか?

それって、どうしてだと思いますか?

これは「思春期の感性変化」が原因です。
感性が変化したことで、今までと違う自分
になったんです。だから、友達も変わって
しまうんですよね。

合わなくなる。

友達だったら、変えられますよね。

でも、学校環境は変えられないです。

普通なら、感性がちょっと変化しただけでは
学校が辛くはなりません。

不登校になる子は、あまりにも感性が変化
してしまったんです。運動好きが読書好き
に変わるぐらいの大変化。

目に見えないからわからないけど、大きな
変化が子どもの内側で起きています。

それで学校環境と子どもの感性が大きく
かけ離れてしまったんです。


仕方ないです。

そんなの誰にもどうすることも出来ない
ですよね。

学校と子どもの感性の差がとても開いて
いるんですよ。すると、子どもは合わせる
のに、今までの何倍もの労力を使うことに
なるわけです。

それが目に見えないストレスなんですね。

この娘さんも真面目で良い子です。

だから、がんばって学校に合わせようと
してきた。でも、がんばっても、がんばっても
終わりはやって来ない。ストレスだけが、
溜まっていきます。

限界が来て不登校になったということです。

この子も何のストレスなのかは、明確に理解
していないはずです。何となく辛い毎日。

わかりましたか?

では、どうしたらいいのでしょうか?

まずは共感の会話をしてください。すでに、
メルマガで「共感の会話テンプレート」を
話していますよね。


これを使って、娘さんの辛い思いに共感して
あげることが最初のスタートです。

親子が一緒の方向を向かない限りは、絶対
解決しませんからね。カウンセリングへ
お母さんだけが行くのも、完全に親子関係
が出来ていないからなんです。

不登校を解決しているお母さんは、必ず
親子関係が共感状態なんですよね。


無理やり、強制的に、一方的に子供を押す
ことは効果がありません。むしろ、害の方が
大きいんです。

まずはいい親子関係を作る所からです。

そうすると、子どもは勇気が出てくる。親が
自分の後ろ居る安心感があるんですよね。
学校へ向かう勇気に変わるんです。

それでは、今すぐ共感の会話で子どもの
感情に共感してあげて下さい。

家の中で子どもの笑顔が出る状態にする
のが、今の目標です。その次に、本格的に
学校へ戻るステップへ入っていきます。


焦って、今、学校へ戻らせようとしても、
子どもが反発して失敗に終わりますよ。

だから、まずは共感です。

みんな、ここから解決しているから、安心
してください。やってみれば、効果がある
から、大丈夫ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1649-4b7307d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ