Entries

【不登校】いじめで深い心の傷を背負った娘

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中学1年生の娘です。私立中に通っています。
最初の3ヶ月は順調に行けました。

しかし、そのあと、転換性障害の症状が出て学校に
いけなくなりました。9月の途中ぐらいから昼から
行くようになりました。朝はやはり起きると体調不良を訴えます。

どうしたら朝から行けるのでしょう?

自分は体調不良だから朝から行けないって思っているようです。
心がそうさせているんだよって説明しても分からないと言います。
学校で何が問題があるのかがさっぱりわかりません。
小学生の時はいじめばかりに合い、いろんないじめを経験してきました。

そして中学では友達とうまくいっています。うまく行き過ぎて
怖いとも言います。学校でいつか1人にされるんではないか、
友達が裏切っちゃうのではないかと思っているようです。

ほんとに理由はこれだけなのでしょうか?
1人になるのが怖いだけが理由なのでしょうか?

私はどうすればいいのでしょうか?

******************終わり********************************

……

回答:

転換性障害が出ている子です。

聞いたことが無い人もいると思いますが、
ストレスによって体のしびれや麻痺などが
起きてしまいます。

一般的には女の人に多いです。

私も不登校の子を預かっています。やはり、
女の子の方がストレスによる体の症状が大きい
傾向があります。

声が出なかったり、歩けなかったり、過呼吸に
なったりです。


病気というよりも、ストレス性のものです。

この娘さんの場合、小学校の時から長くいじめを
受けてきました。本当にかわいそうです。それが
原因なのは明らかです。

小さい頃の恐怖の体験は、トラウマとなります。

トラウマは記憶にはないんです。脳の奥底の
無意識下で働き続けて、精神に影響を与えます。
心の傷を見るとことは恐怖に自分を置くことに
なります。だから、記憶をシャットダウンするんです。

脳が勝手に記憶から遠ざける。でも、傷は存在
しているから、邪魔をし続ける。

顕在意識と無意識の2つの領域が脳にはあります。

顕在意識は全体の10%ぐらい。90%は無意識。
心の傷を無意識に追いやれば、自分で意識する
ことはないです。

でも、脳はずっと動いているから、無意識の部分
からすごく影響を受けるんです。どれだけトラウマを
見ないようにしても、ずっと精神に影響を与える。
見ないことがかえって、影響を強めています。


例えば、太っている人がいます。

ダイエットをしても、食事の量を減らしても太って
いる。体重が減らない人っているんですね。
家族みんな同じ物を食べているのに、1人だけ
太っている人です。

本来は、これっておかしいんですよね。

同じ分を食べて、似たような生活をしているのに
1人だけ劇太りしている。

それもストレスが原因です。

心の傷が抱えていたりする事で、体の大きさにも
変化があるんですね。

この子も深い傷を抱えているはずなんですね。

いじめを受けた子の傷は、お母さんの思っている
100倍、1000倍深いです。普通に過ごしている
ように見えるけど、無意識化に傷を隠しているだけ。


この傷は、子ども自身でしか癒すことはできません。
人生の中で自分でやっていくしかないです。

私たちはその方法を子どもに教えるだけです。

お母さんが、「心がそうさせるんだよ」と話して
いるけど、子どもは理解しようとしないんですよね。

これも当然です。傷を見たくないからです。それを
意識したら、再び痛みを感じるからです。そこに
恐怖心があるんですよね。

では、どうすればいいのでしょうか?

心の問題は、自分でやるしかないんです。

だから、周りが出来ることって限られています。
たった1つしかないんです。

「ありのままを受け入れてあげる。」

これだけです。傷ついて何も出来ない子を、
ありのまま、何も変えずに、そのままを
受け入れてあげることです。

子どもには「そのままでいいんだよ。」って、
言ってあげてほしいんですね。


そのままを認めてあげる。

その態度でずっと接してあげることです。
子どもを無理に変えようとしないことです。

まずは、ここからやってみてほしいんですよね。
傷を持っているのは事実だし、それを周りは
どうすることもできないんです。

だったら、そのままを受け入れてあげるだけです。

そうやって接していくことで、心の傷も少しずつ
少しずつ癒されていきますよ。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1637-1b7328a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ