Entries

【不登校】待っていても、不登校が長期化するだけ。これから親はどうすればいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中学二年、女子です。

小学生六年生の卒業間際から不登校気味になりました。
きっかけは、女子間の付き合いに疲れ、思春期特有の
まわりが見えてきて、自分に自信がなくなってきたようでした。

中学校入学。でも、二学期から行かなくなりました。

先生の小冊子、メールはうなずくこと、納得することはかりです。
先日、フォーラムにも行かせていただきました。

カウンセラーの先生や、講師の方の話を何度か聞いたりしてましたが、
先生の学校の不登校を経験した高校生の話は、子供目線の話を
聞いたことで、親の想いが先行していることに気づきました。

不登校が長期化してくることへの対応、友達とも会わなくなり、
自分から世界を狭くしてしまっている状態を悩んでいます。

長期化しても「待つ」だけではダメだと感じています。

******************終わり********************************

……

回答:

重要なことをお母さんは気が付かれました。

気が付いたら、もう解決したも同然です。
私たちって、自分のやっていることが間違いだって
気が付かないから失敗を続けるんですよね。

気が付いたら、後は、直すだけだから、簡単に
解決の道を進んで行けます。

大丈夫です。

一番大切なことは、このお母さんは行動したって
ことなんですよ。行動せずに、家でウジウジ考え
続けたって、何も起きません。


何でもいいから行動を続けることですね。

それが解決の第一歩なんですよね。

それでは、本題に入っていきます。

お母さんが指摘しているように、このままだと、
ずっと不登校が続きます。中学卒業まで不登校だと
思います。その後もどうなるかはわかりません。

不登校にならなかった未来と比べたら、とても
辛い状況が待っているのかもしれません。

友達関係が疎遠になり、学習が追いつけない、
自信も無くなる。そうなれば、学校へ戻る気力も
出て来ない。


悪循環に入り込んで行きます。

「今は、子どもの感情エネルギーが不足している
から休ませましょう。子どもが自分から動くまで、
お母さん、あまりキツイことを言わないように。」


と言われて、従っていると長期化して抜け出せなく
なるんですよね。

このアドバイス、実は正しいんです。

でも、不登校の最初の1週間目だけの話です。
それ以降もやり続けたら、悪循環に入って、
抜け出せないんです。

結局は、子ども一人では、どうしようもない状態に
なっているから、不登校なんですよね。

例えば、風邪で37度や38度ぐらいなら、自分で
寝て、治せばいいですよ。会社だって、それぐらい
なら行けます。がんばれば。

でも、40度を超えたら、一人では治すのは、
難しいです。立てないです。

不登校って熱が40度越えてる状態です。

でも、周りの大人は38度ぐらいだと思ってる。
だから、子ども一人が、がんばれば行けると
思っているんですよ。

違います。

40度の熱で、何かウィルスが入り込んでいる
風邪なんですよね。だから、治らないんです。
そうだとわかれば、手助けしてあげないとダメ
ですよね。子ども一人では治せないんだから。


このお母さんは、ここに気が付いたんですよ。

子ども一人に押しつけて、任せては学校へは、
行けないんだって。そのことに気が付いた。
手助けしてあげないと、もう無理だってことです。

みんな、軽い熱ぐらいに考えてるんですよ。

ああ、違うんだ、この子は40度の熱で、しかも
ウィルス性で、自力では治らないんだ。

そう気が付くことです。

何をすればいいのでしょうか?

おそらく、今まで、子どもの心がよくわからず、
一方的に強く接していたと思うんですね。
子どもにすれば親のプレッシャーがあります。

失敗する恐怖心があるんですよね。

失敗して親に叱られる、見捨てられる恐怖です。
恐怖があるから、動けなくなっているんです。


この状況を変えないといけない。

親のプレッシャーを下げないといけませんよね。

それが「共感の会話テンプレート」です。まずは
親子関係の改善からなんです。あなたが気が
ついても、子どもはそんなこと知りません。

子どもは、ただただ親を恐れている。

それを変えないで、あれこれやろうとするから、
みんな上手くいかないんです。何でも順番が
あるんです。

ステップ1:親子関係の改善
ステップ2:学校への障壁を取る
ステップ3:学校へ戻る行動をする


学校へ戻る前に、2つもステップがあるんです。
それを無視して、いきなり、学校へ戻そうと行動
しても無理ですよね。

まずは、共感の会話法を使って下さい。

一方的に子どもに共感する方法ではなくて、
テンプレートを使って、子どもがあなたの感情に
共感するように仕向ける方法です。

あなたが共感しても、子どもから恐怖心が
消えるわけではないです。

子どもがあなたに共感を抱くから、恐怖心が
消えていくんですね。ここもすごく大切です。


共感の会話テンプレートはすでにブログでも話して
います。メルマガでも話しています。今すぐ、実践
して、親子関係を改善して下さい。

そうしないと、ずっと不登校が続きます。親子の
仲が悪くて解決することなんてないです。

一日でも早く学校復帰させるためにも、共感ですよ。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1634-afd8b49b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ