Entries

【不登校】子どもの不登校の原因である感性を見つける方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

現在高校2年生の娘が、高校1年の2学期に
不登校になりました。

今は一時期より気持ちも落ち着き、どうにかがんばって
高校を卒業したいと思っているようですが、過敏性大腸炎や
頭痛が起き、時々学校を休む状態です。

青田先生のブログを読み、感性の活動を色々やってみていますが、
娘の高校は県下でもトップクラスの進学校で、先生方は勉強の事
ばかりで、あまり親身になってくれません。

感性の活動を学校外でするのではダメなのでしょうか?

******************終わり********************************

……

回答:

今は学校へ行けている高校生です。

これ以上がんばり過ぎると、不登校へ発展して
しまうかもしれませんね。

不登校って、子どもと学校の環境が合わない
ことで起きる問題です。


不登校の子は繊細で豊かな感性を持っています。


生まれつきの能力なんですね。

もし、あなたが「この子は他の子とは少し違う子」
だと感じているとしたら、正しいんです。他の子
にはない能力を持っています。

ということは、つまり、他の子と同じような教育を
していてもダメだってことです。

子どもは思春期を迎えると、一気に成長します。

自分が生まれ持っていたモノが出てくる。一つは、
外見の成長です。身長や体型の変化ですよね。

もうう一つが感性の変化です。

この感性が大きく変化することによって、学校と
合わなくなる。

この子の場合、勉強ばかりの学校環境に自分の
感性が合わなくなったのだと思います。それでも
何とか学校へ行けているのは、素晴らしいです。

学校で、自分の感性、才能に合った活動がない
から、だんだんと自分を押し殺してストレスが
溜まってしまう。


それが不登校になる原因ですね。

解決法は、学校で感性に合う活動をしてあげる
ことです。

進学校は勉強をするところだから、感性教育を
やってはくれません。やる必要もないです。
そういう契約をして学校へ入学しているからです。
大学進学の為に入学したはずです。

なので、自分で感性がどこにあるのか探して、
自分で感性を満たす行動をするしかないです。

学校外でやってもいいんですよ。

こういう勉強ができる子は、自分の感性が何か
見つけて、感性を輝かせると、勉強も楽しくなって
いくんです。成績も伸びていきます。

「どころで、感性って何?」

って、思われても不思議なことはありません。

生活をしていて、感性のことなんか考えることは
ほとんどありませんからね。

人って、それぞれ感じ方って違います。

テレビのバラエティを見ても、面白いと感じれば、
ツマラナイと感じる人だっています。そういった
感じ方の度合い、傾向のことを感性と言います。

ピンクが好きな人もいれば、黒が好きな人も
いますよね。感性の違いです。


同じように、小説になぜか惹かれる人もいれば、
写真に惹かれる人もいます。感性の違いです。

例えば、個性が強烈な人っていますよね。

普通に言えば、音楽アーティストとか、画家とか、
テレビで見ていても、「この人は普通とは違う」って
感じる人がいますよね。

そういう人たちは、感性が繊細で豊かです。

この人たちが学校で、座って黙々と授業を受けて
いたらどうなると思いますか?自分の感性に合う
ことを何もやっていないとしたら?

想像してみて下さい。

自分の内に秘めたモノが抑えつけられて、苦しく
なっていくのがわかりますか?

有り余る感性が行き場を失う感覚ですね。

不登校の子も同じなんですよ。

感性の行き場を失っている状態です。勉強の
価値観だけに合わない子だっています。なので、
感性に合わせた活動をやってあげて、ストレスを
溜めないようにしてあげるんですね。

でも、何に感性があるのかはわかりません。

小説なのか、絵なのか、他の事なのか。

それを探さないといけないんです。本来、私たち
教師は、子どもの持っている才能を引き出すプロ
なんですね。だから、得意なんです。

でも、進学校だと先生も、それをやる時間もない
ですし、周りの子たちもそれを求めていません。

なので、誰も悪くないんです。

仕方ない。

だったら、自分で探すしかないです。探せば
いいんですよ。学校外でもできます。

それを見つけることが人生の目的でもあるんです。

感性って、結局、得意なで好きなことなんです。

例えば、音楽が好きだとします。これだけでは、
どこに具体的に感性があるのかわかりません。

そこで、実際に楽器を手にしてみる。自分が
気になった楽器からチャレンジするんですよね。
すると、シンバルを弾いた時、他の人とは違う
絶妙な音を出す事が出来た。

何度やっても、他の人は出ない音色が出る。

すると、シンバルに才能があるのかもしれません。

そうやって、好きなこと、興味を感じたことを次々
やらせてみるんです。それで、初めてやったのに、
なぜか上手く出来てしまう。それがたいていは
才能のある所ですね。


家でシンバルやるのは無理です。

だから、できるだけ学校でやってほしいって思って
いるんです。でも、できないんだったら、家で
やればいいんです。難しく考えないことです。

すぐやる。行動する。

やってみて、これは違うんだって知ることが
大切ですからね。

それでは、今すぐ、子どもが興味があって、
ちょっとやりたいと思っていることをやらせてみて
あげてください。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1625-bb032c9e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ