FC2ブログ

Entries

【不登校】離婚して、子どもが不登校。親が悪いのか?

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中2男子生徒2学期中ごろから不登校が始まる。

その前までは学校、部活にまじめに取り組み、友達関係も
良好だと思いました。最初は頭痛、腹が痛いとの理由でしたが、
今は外部との接触を避ける傾向にあります。

家では、妹をこき使って、わがままです。両親が離婚して
現在は母親、妹と暮らしております。近くに祖母が居ります。
近くには父親がおります。

母親は仕事が忙しく、子供にかまってやれる時間が少なかったと
思います。母親はいままで、目が届かなかった点を大いに反省
しています。

問題点として、不登校になっている子供に対する周りの大人の接し方、
又、学校に今まで通り、行かせるにはどのようなことをすれば良いのか、
ご教示願えれば幸いです。

******************終わり********************************

……

回答:

「不登校は家庭環境とは関係がない。」


この事を知っておいて下さい。

たとえ、あなたがすごくヒドイ親だとしても、
不登校そのものとは関係がありません。

離婚していようと、死別していようと、家庭内の
暴力が酷かろうが、不登校でない子はたくさん
います。これらが原因ではないんです。

もちろん、全く心に傷がないとは言いませんよ。

でも、あくまで不登校だけに焦点を絞ったら、
家庭環境と不登校に関連性はほとんどないです。

「私の子育てが悪かったんだ。」

と、思ってしまう気持ちはよくわかります。

でも、お母さんが今までの自分をどれだけ
責め続けても、子どもが学校へ行けるようになる
わけではないんですね。

あくまで、不登校は子どもと学校の関係です。

ここを間違えることで、多くの親御さんが間違った
対応をしてしまっています。それで、不登校が
長期化してしまうわけです。抜け出せなくなる。

今の状況なんて楽に思えるようになってしまいます。

一方で、

きちんと不登校の原因を理解して、対応すれば
再び元気に学校へ通ってくれます。

では、なぜ不登校になったのでしょうか?

これについては、「思春期の感性変化」だという
ことは知ってくれていると思います。


詳しく知りたい方は、小冊子やメルマガを読んで
ください。ここがわからずに、話を聞いても何を
話しているのか理解できないと思います。

思春期になって、内面の感性が変化しました。

これは外見の変化と同じなんですね。

思春期を迎えて、身長が5センチ伸びる子も
いれば、20センチ伸びる子もいます。同じように
感性が少し変化する子もいれば、180度変わる
子だっています。

不登校になる子は、感性が大きく変化したんです。

それで学校の環境と合わなくなったわけです。

簡単に言えば、これだけのことです。

さらに、環境が合わなくなっても、自分を主張する
強さがあれば、意外と平気です。強い子は、そう
やっています。外へ向かいます。

しかし、不登校になる子は真面目で良い子なので、
内に向かうんです。人と違う事はしてはいけないって
教わっているので、我慢するんです。

それがストレスになったわけです。

「不登校になる5ステップ」

ステップ1:思春期で感性が変化した
ステップ2:変化した感性と学校が合わない
ステップ3:真面目だから我慢した
ステップ4:ストレスがたまる
ステップ5:限界が来て、不登校になる

・・・


だいたい、こういう流れです。

なので、家庭環境がどうとかではないんです。

では、どうすればいいのでしょうか?

家庭環境は関係ないと言っても、不登校になった
後からは関係してくるんですね。これがややこしい
というか、問題を複雑にしています。

不登校の原因を知る前に、あれこれと想像をして
親子が互いを責め合うんですね。

それで親子関係が悪化してしまうんです。

親に反発して、子どもが学校へ行かないという、
訳のわからない状況が生まれてしまうのです。

だから、まずは親子関係の改善です。

そのためには「共感の会話法」を使って欲しいん
ですよね。共感する事で、わだかまりを無くす。
あなたではなく、子どもの方のわかだかまりです。

こちらがどうではないんです。

子どもが学校へ行くかどうかですから、子どもの
感情に共感してあげることです。


それで大きく前進するはずです。

別に、これは不登校だけでなくても使えます。

離婚して、何か子どもに迷惑をかけたと思うなら
それを共感してあげればいいんです。素直に、
自分の気持ちを言って、子どもの気持ちを聞く。
現実は変えられないんだから、共感するしかない。

別に私は離婚する事が悪いとは思っていません。

自分の人生は自分の物です。周りに何を言われ
ようが、自分の決断した事を尊重すればいいんです。

それで子どもが「普通の家に生まれたかった。」と
言ってきたら、「あなたは周りに影響されて生きて
いるんだね。自分の人生の主人公ではないの?」
と聞いてあげればいいんです。

負けちゃいけませんよ。

自分で選んだ道なんだから、堂々と生きるんです。
人生に失敗はない。それが私の信念です。犯罪を
おかしたわけじゃないんだから、気にしない。

「共感の会話法って何ですか?」

と聞かれそうなので、答えておきます。

メルマガ読んで下さい。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格・体型を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1366-0b0c86e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ