FC2ブログ

Entries

【不登校】別室登校へ自然に向かわせる親子の会話アプローチとは?

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中1の娘です。
6月頃から体調不良を訴え始めました。頭痛、腹痛などです。

明るく、外で遊ぶ事の好きな子です。生真面目で気のつく
優しい娘です。しっかりした子供で、成績も良い方です。

最初は、部活バスケ部で納得のいかない厳しさや、
理不尽なルールがあると泣いて帰ってきた事がありました。
その後から頭痛などが始まりました。夏休みには、休部させ
カウンセリングに通い始めました。しかし、二学期になると
登校できませんでした。

不登校は、部活が原因だと思っていましたが、これは
きっかけだったと思います。少しずつですが家族に対する
不満や気持ちを話しだしました。

私が姉と比較している。姉は、負けず嫌いの頑張り屋です。
本当は、バスケ部でなく吹奏楽部に入りたかった。など
今までの我慢の積み重ねで体調が悪くなったのだと思います。
今は、学校も行きたいが、行きづらいと言っています。
別室登校からでも始めようと娘には話しました。まだ、娘は
うんとうなずくだけで不安そうです。

別室登校まで導くには、どのように話して行けばよいでしょうか。

******************終わり********************************

……

回答:

不登校をどう考えるのかで、人生の成長は
大きく違うと思っています。

この不登校のお陰で、今まであやふやにして
いたことや、中途半端だったことに気が付いて
正すことができるようになります。

そうやって、プラスに考えられるかどうかが
人生を豊かにできるかどうかの分かれ道です。


このお母さんも、娘さんの思いを不登校になって
知ることが出来ました。こういう事はほとんど
親子では話し合いません。だから、良い機会だと
思うんですね。

不登校って大変だけど、学ぶこともたくさんあります。

親って無意識に子ども達を比較しています。


だから、子どもは親の期待に添おうとして、無理して
がんばるんですよね。

私は比較するのは悪いとは思わないんですね。
世の中出ていけば、比較しかされません。どの
スーパーに行くのかだって、全部比較です。

不登校の子で「学校へ行くと比べられるから嫌」
という子がいます。この子、世の中を知らないんです。
自分は人を比べているのに、自分は比べられる
のが耐えられないんですね。

共通しているのは、兄弟姉妹がいるんですね。

そこで、比べられて不公平の傷を持ってしまう。
それで頑固で意固地になってしまいます。

なので、自分だけ注目されたり、褒められたり
するのも嫌います。不公平だと感じてしまい、
自分から自分を貶めたりするんですね。

そこに思春期の感性の変化がやってきたことで
急激にストレスが増加して、我慢していたことも
嫌なことに変わってしまったんです。そして、
ストレスの限界で不登校になったんですね。

娘さんの言っていることってほとんど、自分を
抑えつけて我慢したって話です。


学校に自分を表現する場所がないから辛い。

別室登校は特別扱いされているみたいで
不公平の傷が痛むんですよね。


では、どうすればいいのか?

娘さんに決めさせるんです。

どうしても、お母さんが答えを出しているので
それでは以前と変わりません。お母さんの
考えは考えでいいんですよ。あくまで行くか
どうかは娘さんの決断なんですね。

人に動かされるのと、自分で決断したのでは
違いますからね。

もっと言えば、誘導してあげるんですね。

どうしても上から子どもを抑えつける癖がついて
しまっているので、ここで変えてみて下さい。

以前にもお話した内容です。

『子ども自ら動いてしまう会話術』

ステップ1:「どうしたの?」
話のきっかけとして、何か問題があった
のかと軽く、優しくイライラせず聞いて下さい。

ステップ2:「今、どんな気持ち?」

理性ではなく、感情を引き出す質問を
ここでします。そうすることで、より、動きやすい
状況へ持っていきます。

ステップ3:「何を学んだ?」
現在状況と、それによってもたらされた感情に
よって、何を学んだのか、理性的に判断させます。

ステップ4:「これからどうしたらいいかな?」
最後に、自分で答えを出させます。たとえ、
ここで「わからない。」と言っても、共感して
あげることが大切です。

・・・

こんな風に、娘さん自身に決めさせる。すでに
別室登校という選択肢は頭に入っているから、
自分の口で別室登校というのが出てくるはずです。

この会話の前に、しっかりと不登校の原因に
ついて親子で話し合っておいて下さいよ。

不登校は思春期の感性変化が原因です。

その感性を育てる、成長させる目的で学校へ
行かないと、心が明るくなりません。学校に
希望を持てません。

すべては順番です。

この会話で娘さんの心も軽くなりますよ。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格・体型を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1331-8ca64f0d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ