FC2ブログ

Entries

【不登校】まだまだ留年してニートでも子どもを動かす方法はあります。

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

高校1年の息子についてです。

中3の3学期から不登校になりました。私立の進学校に
合格しましたが、入学式から行けなくなりました。高校は
6月に留年が決まり。10月から休学しています。

原因は、中2後半からの部活での劣等感のようです。

自分は努力してもみんなのようにうまくできない、勉強、
友達関係すべてうまくいかなくなった、自分には何の
才能もないと自分で言っていました。学校は比べられるから
行きたくない、行く意味がないとも言っていました。

将来のために高卒資格は必要と言ってもニートに必要ない
という返事。そのうち死ぬからいいともよく言っています。
父親が短気でよく怒り、一度息子の首をしめたこともありましたが、
最近は怒らなくなり、共通の趣味のアニメを通してよく話を
するようになりました。

学校のことを私と話そうとすることがありますが、途中で
機嫌が悪くなり、私に暴言を吐きます。又、私には
甘えてもきます。市の相談センターなどでは、待ちましょう
といわれますがらこのまま見守っているだけでいいのか
わかりません。

アドバイスをお願いします。

******************終わり********************************

……

回答:

すでに学校を休学している高校生です。

実際、このように高校でも不登校になって、
学校へ行けず、次の高校へ転校しない子が
たくさんいます。

学校へ在籍していない状態なので不登校とは
もう言わないです。

ニートとかひきこもりと言います。

これが中学生なら、なんとかなるんですね。
なぜなら、自動的に社会が勝手に決めた
卒業や学年進級という期限があるからです。


でも、ニートやひきこもりには、何にも期限が
ありません。

どれだけ家に居ても、誰も助けてくれません。

だから、抜け出せなくなって、世間から隔離
してしまうんですね。親もそのうち嫌になって
動きだすだろうと軽い気持ちなんです。でも、
動くきっかけが無いので動きません。

大人の引きこもりを研究している人に聞くと、
親の死か、自分が精神病になって入院するか
しか動くチャンスはないと言っていました。


そうだろうな、と思います。

だから、違う次元に入っていると認識しない
といけません。

そのことをお母さんはわかっていらっしゃいます。

焦れば焦るだけうまくいきません。

実は、そんなに動き出させることは難しくは
ありません。簡単とは言いませんが、言う通り
やってもらえれば大丈夫ですよ。

では、なぜこんな状態になったのでしょうか?

お母さんが詳しく書いてくれているのでわかり
やすいです。劣等感という言葉です。

周りと自分を比べることで自分を下の方へ
落してしまっているわけです。これは兄弟姉妹が
居る家庭なら誰でも陥る可能性があります。


兄弟で比較されるんですね。

それがトラウマ・恐怖感になってしまうために、
頑固に意固地になったり、逆に自分を低い方へ
もっていくんですね。

そうやってどんどん自分を追い込むワナに
ひっかかっているわけです。

ここまではいいですね。

でも、中2からそれがスタートしたのに、中3の
終わりに急に不登校になったのは話があいま
せんよね。

これは、その時に思春期の内面の変化が急に
起きた為に不登校へ発展したんです。


私も兄弟がいますから、同じように自分が周りと
比較してしまって苦しんだ経験があります。でも
不登校にはなっていません。

これは不登校の原因が分からないから、勝手に
学校へ行かない理由を探し出したんです。

本当は違うんですね。不登校の理由は。

でも、普段から周りと比べられるのが嫌だという
思いがあったから、それが原因じゃないかと感じて
その感情がより強くなったんです。

でも、他人と比べ続けて幸せにはなれません。

必ず上には上がいますから。東大行っても、上に
ハーバードがありますからね。劣等感しか感じ
なくなります。

比べるなら以前の自分とだけです。

向上する、進化する、成長するってとても楽しい
ことです。昨日の自分と比べて上に行くなら
いくらでも比べて良いんですね。他人とは比べない。

でもね、世間はあなたと他人を比べるんです。
それが普通です。社会に出たら必ず比較される。


ここを分かっておかないといけません。それを
家で教えてほしいんですね。世間というのは、
そういうルールで動いているんですね。他人と
比べるんです。

それを切り抜ける方法はたった1つ。

自分より上の人を褒めて、下の人を助けて、
昨日の自分とだけ比べる。


今まで知らなかったら、今日学んで、それを
実践して下さい。親が家庭でも兄弟と比べ
過ぎるとこうなりますからね。

そういう親も自分の親からそうやって比べ
られてきたんです。それが普通だと思って
しまうのは仕方ありません。自分を責める
必要はまったくないです。

では、これからどうすればいいのでしょうか?

まず、子どもの感情に共感してあげることです。

ニートになりたいとか、ひきこもりだとか、
もうすぐ死ぬだとか馬鹿な事を言っていますが、
否定せずに、「そうだよね、わかるよ。」と言って
共感してあげて下さい。

完全に息子さんの感情を理解できなくとも、
受け入れてあげて下さい。

同意するわけではないです。

自分の思いに共感してくれない人とは、真剣に
話そうとは子どもは思いません。


お母さんの事を警戒しているんです。焦りが
子どもに伝わっているんです。だから、お母さんが
共感してあげることです。

そして、次にやることは今はもう、おそらく
通信制高校へ行くしかないと思います。

でも抵抗してきます。なぜなら、そこに希望の光が
全く見えないからです。比較する子は、本来の
自分が歩むべきだった道と比べます。普通に高校へ
行って、クラブをして勉強をがんばる自分。

それと比べるので、もう足が前へ進まないのです。

そこで、違う所に希望の光を見せます。

大学か、その先の職業の目標です。それを実現
するための方法を教えてあげることです。

今からでも挽回できると「光」を見せられるかが
子どもが動くかどうかのポイントです。

それをせずに、義務的に高校卒業する事を求めて
いても、それでは動きません。無理があります。
自分だって、そう言われて動くわけないです。

何でも人は「希望」があるから動くんですね。

わかりますか?

「大丈夫だよ。こうやって、こういうような方法でも
あなたの夢は実現できるのよ。それをお母さんは
応援するからね。途中でやめてもいいし、違う夢を
追いかけてもいいんだよ。」

・・・


こんな風に言われるとうれしいですよね。

大丈夫ですよ。やってみてください。必ず息子さんは
動いてくれますよ。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格・体型を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1302-2cdd47a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ