FC2ブログ

Entries

【不登校】昼夜逆転を治す簡単な方法とは?

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

ご質問ですが、息子は昼夜逆転で朝7時に寝ます。

どんなに、前の日に睡眠時間が少なくても朝7時までおきています。

それ以前には、どうしても眠れない。自分の気持ちがわからないくせに、
と涙を流します。

どうしてあげたら良いのでしょうか?

******************終わり********************************

……

回答:

子どもが涙を流している状態って、すごく
悲しいですよね。

本当は、皆と仲良く元気に学校へいけるはず
なのに昼夜逆転している。こんな生活から早く
抜け出させてあげたいです。

昼夜逆転は、当然、体内リズムを狂わせて
しまうので精神状態はさらに悪化していきます。
これを無理に薬で治そうとしても、薬の副作用の
影響が残ってしまう子もいます。


ひきこもりに発展する子だっています。

そうなれば長期化してしまい抜け出せなくなります。

一方で、昼夜逆転しても、うまく導いてあげると
不登校でも規則正しい生活に戻って、学校へ行こう
という気持ちが出てきます。

では、なぜこんなことになったのでしょうか?

これについては息子さんが正直に話してくれて
いますよね。

「自分の気持ちが分からないくせに。」

子どもからすれば、親の無理解が悪化させて
いると思っているんです。

親と子どもの現実は大きく違っています。

私はお母さんの気持ちに近いですから、当然、
「無理解」と言われれば腹がたちます。でも、
不登校なのは子どもですから、子どもが動かない
ことには学校へは戻れません。

昼夜逆転の心理はとても簡単です。

友達が学校へ行っている間は寝ていて、みんなが
家に居る時に起きている。学校へ行かない罪悪感を
味わいたくないんです。


さらに、親から「学校へ行け!」と言われるのが嫌で
登校時間に眠ることで逃げることができますよね。


学校へ行けるんだったら、もう行ってるんです。

不登校なんかにはなりません。

と、息子さんは思っているんです。

好きで不登校になっているわけではない。この
辛い気持ちを分からずに、学校へ行け!とだけ
言う親は理解不能だと思っているんです。

学校へ行かない罪悪感を親がさらに高めることで
昼夜逆転へと発展していきます。

元々の学校を休む罪悪感に加えて、親からの
プレッシャーです。だから、親のプレッシャーが
軽減されれば、この子の昼夜逆転は改善して
いくわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

「共感してあげることです。」

ここで多くのお母さんが間違ってしまうのは、
「同情」してしまうことなんですね。

同情とは、同じ感情になるってことですよね。
子どもと同じ感情になって一緒に落ち込んでは
いけないんです。そうなると、互いが依存して
しまうようになります。

お母さんによっては、この瞬間から過保護に
入り込む人だっています。

余計に不登校状態が悪化してしまいます。

なので、あくまでも「共感」して気持ちを分かる
だけでとどめておかなければいけません。

そして、共感している事を子ども自身に言葉で
伝えないといけません。親が勝手に共感しても
子どもはわかりませんからね。しっかり、あなたに
私は共感しているよ、気持ちが分かるよってことを
伝えてあげて下さい。

それが「共感する会話テンプレート」です。

これを知らない場合は、今すぐメルマガに登録
して手に入れて下さい。説明が長くなるので、
その方が早いと思っています。

自分の思いとは別に、完全に子どもの現実へ
入り込んで共感の態度を見せてあげるんですね。
そうすることで、子どもは親への恐怖心がなくなり、
家で普通に過ごせるようになります。

そうなって、ようやく学校へ戻るための対策を
取ることが出来るんですね。

ここで子どもを叱りつければ、もう親子関係を
修復するのは至難の業です。

これはお母さんだけが共感してもダメなんです。
必ずお父さんも共感する作業をやってください。
それで解決できます。

それでは、今すぐ共感の会話テンプレートで
息子さんと話をして下さい。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格・体型を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1293-92cb492f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ