FC2ブログ

Entries

【不登校】高校の不登校の厳しさ。留年が決まる前に転校しなさい。

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

公立高校一年生の息子が二学期からまったく登校せず、
来春通信制の公立高校に入り直したいと言います。

必ず入学できる保証はなく、入れてもレポートの大変さに
脱落してゆく子が多いと聞きます。不登校の理由もはっきりせず、
ただのワガママとしか思えません。しかし、今の高校にまったく
未練がないとは思えないフシもあるように思います。

猶予はあと一カ月。

留年から退学という事態を避けるにはどう持っていけば良いか
悩んでいます。他にも道はいろいろあると親が腹を括ってドンと
構えるべきかと思いながらも、やはり諦めきれずに心が苦しくなる
時があります。

どう持っていけばうまく収まるのか考えあぐねる日々です。

******************終わり********************************

……

回答:

不登校に限らず、どんな問題も原因が全てです。

原因が何かによって対応方法は全く違います。
もしかしたら、この子はイジメられているのかも
しれません。怠けなのかもしれません。精神的に
厳しいのかもしれません。

すべて同じ不登校ですが、対応方法は違います。

「不登校の理由がはっきりしない。」と言われる
なら、それは原因不明ということです。

ワガママと決めつけられないのかもしれません。

ワガママにさえ原因があります。全てに原因は
必ずあります。

それを見つけられなければ、心配されているように
通信制に行こうが、転校しようが、今の学校に
残ろうが、何をしようが原因の問題が再び出てきて
同じ現象が起きます。

心が問題なら、心はコロコロ変わっていくから、
時間が経過すれば解決していきます。


でも、不登校は心が原因ではありません。

その点をしっかり理解して欲しいんですね。

高校の不登校は時間が全くありません。すぐに
留年になってしまいます。休学して、1年後に
下の学年の子と一緒にできる勇気のある子は
ほとんどいません。

だから、学校を辞めるか転校するかです。

学校を辞めて、働くと言っても、現実的には、
フリーターです。厳しいです。


だから、転校するしかないのが現実です。

残り1か月なら、もう転校するしかないと
思います。

留年を避けるなら、一旦、どこかの高校へ
転校させることです。そこが駄目なら、来春に
通信制へ行ってもいいことにするかです。

子どもの意見も取り入れながら、妥協案を
採用することです。


全日制に行かないなら、働きながらレポートを
提出する。それが普通のことです。みんなが
やっていることだから、当たり前のことを言って
あげればいいと思います。

高校の不登校は時間が無いので、1ヵ月を
切った段階では次の事を考えざるえません。

この子が最初に持っていた目標とかが
わからないので、こういうアドバイスにしか
なりませんが、家に居させないことです。

私は自立教育の専門家なので、自立とは、
自分で稼いで、自分で生きるってことが基本。
勉強もその為のツールです。病気でもない限り
全日制へ行かないなら、仕事をする。

急に言い出しては駄目ですよ。見離されたと
思いますからね。

共感からスタートしてあげて、ありのままの
子どもを認めてあげる。そして、自立した
大人の生き方を伝えて行く。


強く言えば言うほど、子どもは反発して、
反対の方向へ進もうとします。

とにかく、共感しながら、子どもの現実へ
あなた自身が入り込んで、目標や願望を
聞き出して、その為の道へ進めてあげる。

ぜひやってみてください。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1276-12225ea8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ