FC2ブログ

Entries

【不登校】中学で不登校。高校でもやっぱり不登校。留年が決定的。

下記をクリックして私の
高血圧を7だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

高1女子です。

中高一貫校に入学しましたが、入学頃から漫画やおしゃれに
気が行って勉強せず落ちこぼれました。中2後半から体調を崩して
休みがちとなりました。

体調不良は、メンタル面が原因と思われます。

本人の希望でそのまま高校に上がりましたが、1年の夏休みに
体調を崩し、2学期からまた五月雨登校となりました。学年や
学期の変わり目などに心機一転勉強を始めるのですが、1カ月と
続かず、体調を崩しては休むことを繰り返して来ました。

授業に出なくても描いた漫画を友達に見せるために学校へ
行ったりしており、幼い感じです。

留年は避けられない状況です。転校を提案しているのですが、
本人いやだと言っています。高校側は、留年してのやり直し
には否定的です。責任や自立の意味で本人に判断させるべきか、
親が無理にでも転校させるべきか悩んでいます。

******************終わり********************************

……

回答:

色々な考え方があるので、どれが正しいのかは
自分で判断するしかありません。

高校の不登校は留年という期限があります。

中学で不登校になった子は、半年とか1年以上
休んでいるので時間の感覚がすごくゆっくりして
います。


高校で不登校になれば、3・4か月で留年に
なります。スピードが合わないんです。

世の中は現実でしか動いていません。

高校は義務教育だから、この子が何を言おうが
留年します。留年したら、休学か退学を迫られ
てしまいます。

学校は誠実に対応していると思います。

この子が留年して、休学して1年後にやり直す
ことができるはずはないと判断しています。
だから、留年が決まる前に転校しなさい、と、
暗に教えてくれているんです。

学校としては、今は保護者から何を言われるか
分からないから本音を言いません。

私たちは時代の流れを分からないといけません。

転校を提案ではないです、留年したら転校が
出来ないって言ってくれているんです。

自己責任というのが人生のルールです。

自分に起きた事は、すべて自分が背負わなければ
いけません。感性の変化でストレスがあって、
周りと合わなくなり、不登校で留年になっても、
誰も助けてはくれません。

自動的に自己責任ルールが適用されてしまいます。

休んだのはあなたの責任だから、留年になる
のも、あなたの責任。それが自立教育であり、
人生の基本です。


勉強しなかったら、大学へは行けません。

別に勉強しなくても良いんですよ。自分で手に職
つけてがんばるのも人生です。でも、そこでも、
仕事を通じて勉強しないといけません。

漫画だって、職人とセンスの世界です。

それでどうなっても自分の責任です。

本人の人生だから、本人が決めることだと
言えばそれだけです。ただし、学校へ行かない
なら、働くんですよ。


自立教育とは、一人で稼いで誰にも迷惑も
掛けずに生きて行くってことです。

学校へ行くのは、親が子どもを産むって決めた
時の約束であって、それを子どもが行かないと
決めたなら、働くしかないです。

家でいるっていう選択肢はありません。
たとえ、女の子であろうとです。

漫画が好きで、おしゃれが好きなのって別に
悪いことではありません。好きなんだから、
仕方がありません。

日本の漫画は世界でトップクラスですから、
一番の漫画家さんは、プロ野球選手よりも
稼いでいるんじゃないですか?

だから、何にも悪いことではありません。

と、私は思います。

しっかりと「君の意見を尊重するよ。高校を
卒業しないと、自分のやりたい仕事ができなく
なる可能性が高いと思うけど、理解してるね。
それと、学校へ行かないなら働くんだよ。」と
言わないといけません。


注意しないといけないのは、見離すというわけ
ではありません。

あくまでも、考え方に尊重してあげるって態度と
導いてあげる参考の情報を教えるだけです。

決めるのは子ども自身です。

本人が判断しようが、親が判断しようが、その
判断に従って生きるのは子ども自身で、私たち
ではありません。

親は子どもの人生を代わりに歩けないからです。

頭では理解しているでしょうが、どうしても、自分の
所有物だっていう感覚がどこかにあるんです。

人生を舐めていたら、人生から仕返しされます。
でも、その子は仕返しされないと理解できない
子なんですね。

親がどれだけ言っても無理です。

私の教え子に、まったく学校時代に勉強せず、
成績も下位だった子がいます。


この子、生まれてから本1冊読んだ事ないんです。

中学・高校の間、私は本がどれだけ人生を豊かに
してくれるものかを話しましたが、頑なに読みません。
それはそれでいいんです。本人が決めたことです。

で、卒業して5年経ったときに、その子が私に会って
言った事が「先生、10冊最高の本を教えて下さい。」
です。

大学へ行って、ようやく気付いたんです。

それから毎日1冊、本を読んでいると言うんです。
自分が勉強もせず、本も読まなくて大学へ入って
気が付いたと言うんです。

そこから、人生を自分で変えました。

私はあくまで導いただけで、決めたのはその子。

今、出世街道まっしぐらです。

自立させるって言うのは、自助自立と言って、
自分で働いて食べるってことが基本なんです。
自分で決めるってこと程度ではないんです。
働くっていうことです。そこに繋がるんですね。

こういう基本を参考にしながら、対応して下さい。

現実的には、転校です。転校してから、決めれば
いいって言う持って生き方もあると思いますよ。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1275-4e9302e8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ