FC2ブログ

Entries

【不登校】保健室登校から抜け出せないのは、先生が動かないから?

下記をクリックして私の
高血圧を9だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

『心の問題ではない』というブログを読んでいて、そうだったと
思い出しました。

担任の先生にも、少人数のグループ活動で、息子の得意な事を
させて引き込んでやって下さい、とお願いしていますが、具体的に
何か案が有りそうな感じがしません。

時々、保健室まで担任の先生や友達が誘いに来てくれますが、
先生も「分かりました」と言って、それ以上何かをしようとはしません。
クラスで授業中徘徊したり、暴れ出す子どもの方が皆に悪影響を
与えますので、どちらかというと、その子の対応に追われている感じです。

私から何か提案させて頂くとしたら、どんな事を、どの様に
お願いすれば良いのか分からず、悩んでいます。

最近は保健室や他の教室でも活動をしたがらず、「今日は
もう帰りたいので、お母さんを呼んで下さい」と言う息子の言葉に、
1日数回学校へ走り、学校内のどこにも居場所が無いのか、
今ここでできる活動は無いのか一緒に考えています。

今こんな状態でこの学校へ登校している事に、どんな意味が
有りどんなメリットが有るのか、最近、よく分かりません。

******************終わり********************************

……

回答:

世の中で絶対にやってはいけない事が
あるんですね。

それは自分の意見を押し付けることです。

正直、私の話をしっかり聞けば、不登校に
ついてほとんどの知識を得ることができます。
具体的に学校で対応する事もお教えしています。

すると、担任と話をしていも、自分よりも知識が
無いことに気が付いてしまいます。

このお母さんも気づいています。

どうしても自分の方が正しいって思ってしまう。
だからと言って、相手に自分の意見を押し付け
てしまうと喧嘩になります。そんなことをしても
相手は動かないです。


お母さんがつまづいているのはここです。

それで学校へ行く意味をお母さん自体がなくして
しまっています。

では、何が起きているのか話しますね。

私がここであなたに話している事は、世間の
常識とは違います。世の中はまだまだ不登校
に対して間違った印象を持っています。

「不登校は怠け。親の教育が悪い。」


と、思われています。

これは学校の先生も思っています。だから、
親のあなたが何を提案しても、子育てもロクに
できないのに、何を言っているんだ?と、内心
思っているんです。

仕方の無いことです。

学校の先生だから、何でも知っているわけ
ではありません。病院の先生も各科に別れて
いますよね。その分野は知っていても、他の
分野はよく知りません。

数学は知っていても、理科は知らない。
男子教育はできても、女子教育は苦手。

色々別れるんですね。

そもそも不登校を専門的にやっている先生は
いないと思います。どんなベテランの先生でも
不登校の子を改善した経験は、多くて2・3人。


あなたが心臓手術を受けるのに、その医師が
2・3件の実績しかないとしたらどうしますか?

私なら違うお医者さんを探します。

100件ぐらいは最低やっているお医者さんしか
信用しません。それって普通です。

同じ事で、不登校について知っている先生は
あまりいません。知ろうと思っても、不登校の子が
周りにそんなにいないからです。

お母さんが書かれているように、周りにはもっと
対応しないといけない子がたくさんいます。

授業妨害や暴力を振るう子がクラスに居る場合が
公立の学校だとあります。それらの子は周りに
迷惑がかかります。不登校はその子だけの問題。
どうしても優先順位が下がります。


学校の先生だから、授業も教えないといけない
ですし、クラブ活動もあります。

常に手一杯の状況なんですね。

正直、頭も回らないと思います。勉強する時間も
ほとんどありません。それが今の学校の先生が
置かれた状況です。

私はこの担任の先生も頑張っていると思います。

個別指導の塾ではないのですから、何でもすべて
担任が面倒をみてくれると思わない事です。

あなたが学校の先生をやっても、目の前で暴れて
いる子がいて、保健室に不登校の子がいれば、
騒がしい子を静かにさせるはずです。

それに対応していたら、チャイムが鳴って、次の
授業を50分やらないといけません。

生徒は休み時間はあるけど、先生には休み
時間はありません。忙しさは尋常ではないと
いうことだけは認識しておいて下さい。

だから、学校の先生が不登校を知らないのは
当然なんです。誰も責められないです。

ということを知れば、納得するはずです。

不登校に対する根本の考え方が親と先生では
違うんです。


では、どうしたらいいのか?

自分が変わって、相手に合わせることです。
相手を変えようとして、うまくいかないんですから、
自分の方から変わるしかないです。

相手は、怠けで親の子育てが悪いと思って
いるんですから、それに合わせればいいんです。

「先生、私の子育てが悪くてすいません。
この子は先生のおかげで、保健室へ通えて
います。素晴らしい先生が担任の先生で、
本当によかったです。」


ここからスタートしないといけないですよね。

相手を立てる。賢い人ほど、相手を立てます。
自分のアイデアも、相手がまるで考え出した
かのようにしてあげる。

不登校の事について知らないんだから、アイデア
は浮かんできません。

学校の先生に考えてもらうようにしても、何にも
起きません。自分から具体的なアイデアを出して、
そこに先生の意見を加えて、先生のアイデアとして
実行してもらうんです。

子供が学校で元気になれば、誰のアイデアでも
いいんです。

不登校ってネガティブの印象が強いです。

それは学校の先生も同じように考えていると思って
ください。そのうえで対応することが大切です。
口が裂けても誰も本音はあなたに言いませんよ。

不登校を取り巻く環境を少し自覚しながら、これから
対応して下さいね。

このお母さんは、これさえ分かれば大丈夫です。
私は安心しています。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1248-4877f84a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ