FC2ブログ

Entries

【不登校】薬を飲んで、精神が安定したのに学校へ行けない理由とは?

下記をクリックして私の
高血圧を9だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

高校2年生から不登校になりました。

病院でカウンセリングと軽い不安薬をもらっています。
2学期になり1限だけでも、どこかで行けたらと思い
両親で交代で半日休み送迎していますが、行ったり
行かなかったりです。

無理に行かせると駄目だとはわかっていますが、
どうすればいいか悩んでいます。

高校は卒業したいと子供も親も思っていますが
体が思うようにいかないようです。親の接し方や
対応をご指導頂ければと思います。

******************終わり********************************

……

回答:

このご両親の気持ちは、すごくよく分かります。

例えば、ちょっと体調が悪いぐらいのときに、
少し時間が経てば元に戻るだろうと思います。
それって普通の事です。


子供が学校へ行けなくなっても、そのうち
行き出すだろうと思いますよね。

でも、翌週になっても状況は変わらないんです。

そして、心に問題があると感じて、病院へ行き、
薬をもらってきたんです。「薬を飲んで、心を
落ち着かせれば大丈夫。」と誰でも思います。

それでも変化がありません。

で、ネットで調べていると、このブログに出会った
わけです。

体調悪いと感じて、放置して、内科に行って、
風邪薬をもらって飲んだけど変わらないから、
自分で原因を調べてみた段階ですね。

もしかしたら、大病で、大学附属病院へ入院
する事態になるかもしれません。

なので、このままの状況、今までのやり方を
続けていれば不登校は続きます。そして、
高校生なので留年が決まって退学することに
なるでしょう。

正しい解決方法を行えば、再び学校へ通って
大学へも進学してくれます。


何が息子さんに起きたのでしょうか?

どんなことでもそうですが、上手くいかない時は
やり方が間違っているし、その方法を考えた
理屈そのものが間違っているんですね。

努力の問題とは違う事が多いです。

だから、ここで間違うと、さらに薬の量を増加
させたり、より強い薬を飲ませようとします。
そして副作用に苦しむわけです。


息子さんに何が起きているのか話しますね。

不登校の子の多くは、イジメでない場合は、
思春期に起きる感性の急激な変化が原因です。

感性が変化することで、今まで当たり前だった
周りの環境や雰囲気と合わなくなります。それが、
「何となく行きたくない。」という言葉として子供は
私たちに伝えてくれます。

感性とは、「感じ方」のことです。

例えば、世の中にはクラシック音楽が好きな人も
いれば、ヒップホップという黒人音楽が好きな人も
いますよね。

これは「感性」の違いです。

それぞれの人間が持っている「感性」が反応して
好き嫌いを判断しているわけです。

家庭で両親がクラシック音楽が好きで、家の中でも
クラシック音楽が流れていたとしましょう。子供も
違和感を感じていなかった。


でも、思春期になって感性が変化して、「ロック音楽」
も好きだとわかりました。

すると、家に帰って、いつものようにクラシック音楽が
流れていると、なぜだか耳触りになってきて、しまいに
イライラしてしまいます。音楽を止めて、自分の部屋に
こもってしまいます。

これと同じ原理の事が学校と不登校の子の関係
では言えるわけです。

学校はずっと同じ環境を子供に与えています。それが
子供の感性が変化したために、合わなくなった。それで
ストレスを感じて、学校へ行けなくなった。不登校。

すると、学校へ行けない事で、自分自身に対して
不安感が誰でも出てきます。


それが精神を不安定にさせて、精神病に発展します。

不登校になった後の話ですよ。

だから、どれだけ病院に行って薬を飲ませて心を
安定させても、不登校の原因とは別なので、学校へ
行けるわけではないんです。


ここが質問者の方が勘違いしていた部分です。

お医者さんに行って、心が安定すれば学校へ
向かってくれるだろうと思っていた。でも、
行ってくれていません。

その理由がここまで話したことなんですね。

心が不安定だから不登校になったのではなく、
不登校になった後に、心が不安定になった。


例えば、会社で上司にノルマを詰められて
ストレスになって、腹痛が起きた。その腹痛を
痛み止めの薬で抑えた。

でも、ストレスは消えていませんよね。

これと同じなんです。

理屈が分かりましたね。では、どうすれば
いいのでしょうか?

クラシック音楽の家庭で考えましょう。
簡単で、たまに子供の感性に合うロック音楽を
かけたら良いんです。親も自分の好きな音楽を
認めてくれると思えば、リビングに居やすくなる。

学校でも同じように子供の感性に合う場所や
活動を用意してもらうべきなんです。


学校の8割は授業です。

個性も感性もありません。勉強好きな子しか
嬉しくない環境です。それでも、残りの2割で
自分の感性に響く環境だから、多くの子は学校へ
行っているんですね。

先程のはロック音楽とか明確に分かっていました。

でも、不登校の子の場合、何に感性が反応する
のかはよくわかりません。子供それぞれで全く
違います。

芸術系の子もいれば、サイエンス系の子もいます。
何なのかは、やってみるしかないです。

私とか、人を見るプロになれば、だいたいの傾向は
子供の様子を見ればわかります。そんなものです。
家電屋さんのプロ店員は、お客さんを見れば、
買う気があるか、ないかが一瞬でわかると言います。

それでも、やってみるしかないです。

なので、今まで通りの学校に子供を通わせようと
していることが、再び不登校へ向かわせます。
原因が分かっていないということです。

それでは、今すぐ、子供の感性を見つけ出す新しい
活動ができないかを学校と話し合って下さい。


子供に、これ以上我慢をさせようとしていませんか?

何カ月も我慢した結果、不登校になっているんです。
子供の心理状態をわかると、やる事が変わって来ますよ。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1221-7af5b445

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ