FC2ブログ

Entries

【不登校】突然、クラスに馴染めなくなった息子を助けたい!

下記をクリックして私の
高血圧を9だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

中学3年の男子の親です。

中学3年生のはじめから、クラスになじめず、学習意欲がなくなり、
期末テストも受けることができず、以後、少し気乗りがしないこと

高校受験の事もあり、心配です。高校進学はしたいようなのですが、
進路の事もまともに話はしてくれず、2学期も不登校ぎみで、テストが
受けられないようだと、進学できないのではないかと心配です。

子供に対して、どのように態度で接すれば良いのか、その時の
母親と父親の役割は、どうすれば良いのかアドバイスをお願いします。

******************終わり********************************

……

回答:

高校進学が心配ですよね。

以前のように元気な息子さんに戻ってほしい
ですよね。最後の中学生活を楽しんでくれて、
高校で充実した毎日を過ごしてほしい。

そう願っていますよね。

すごく気持ちが分かります。何とかして、
助けてあげたいです。


でも、今のまま何が子供に起きているのかが
わからないままだと何もできません。むしろ、
悪化していきます。

高校進学しても、原因がわからないのならば
進学後も不登校になる可能性は高いです。


例えば、原因不明の頭痛に襲われたとしたら、
少しおさまっても、次に悪化する可能性は、
すごく高いですよね。原因を取り除いていない
からです。

では、なぜ不登校になったのか?

お母さんが「クラスに馴染めていない」と書かれて
いますよね。


中学3年にもなって、クラスに馴染めないのは
おかしなことですよね。中1の1学期の話なら
わかりますよ。中3で、周りの子もみんな知っている
のに、おかしいと思いませんか?

新学年でクラスが変わったと言っても、
心配するほどの変化ではありません。

普通に考えると、「根性が無い」と思ってしまいます。

でも、根性が無かったとしても、クラスが変わった
ぐらいでは不登校にはなりません。


だから、おかしいんですね。普通ではないです。

ということは、つまり、普通に考えてはいけないと
いうことです。でも、「馴染めない」というのが嘘
なのではありません。本当の事なんです。

クラスに馴染めなくなったんです。急に。


馴染めないってどういうことですか?クラスと
子供が合わなくなったってことですよね。

合っていたのが、合わなくなった。

クラスが変わったか、子供が変わったかです。
どちらかが変化したから、合わなくなったんです。

例えば、夫婦仲が悪くなるのは、どちらかが
変わったからなんです。夫がグータラし始めたとか、
奥さんが不潔になったとか、何でも良いんですが
何か変化したから合わなくなっていくわけです。

では、クラスか、子供か、どちらが変化したの
でしょうか?

合わないって、少し合わないぐらいなら自分が
合わせればいいだけです。大きく変化したから
合わなくなっているんですね。

クラスが大変化しているなら、この子以外の子も
不登校になっているはずです。


最低5人ぐらいは不登校になっているはずです。

実際、そんな学校もあります。過去に、私の聞いた
話で学年で30人不登校がいる学校がありました。
別室登校も予約制なんだそうです。入りきらない
からです。むちゃくちゃです。


そうじゃないなら、クラスが変化したわけではない
ということになります。

そうです、子供自身が大きく変化したから馴染め
なくなったんです。

では、どんな変化をしたのか?

それは思春期に起きる内面の感性が変化した
んですね。目に見えない感性です。


感性と言うとわかりにくいですが、感じ方が大きく
変わったわけです。本来の生まれ持った感性が
出てきたわけです。

例えば、野球ばかりやってきたスポーツ少年が
思春期に文学に目覚めるようなものです。

真逆の感性が花開いた。これが不登校を起こす
要因なんですね。

内面の大変化が知らない間に起きたことで、
クラスへ行けなくなった。もし、クラスに新しい
感性に合うものがあれば行けるのですが、無い
から行けない。

そもそも、その感性が何なのかはまだ分からない。
とにかく、合わない事だけは分かったんです。

これが不登校の本質です。

辛くなった、とか、嫌いだから、とか感情論では
ありません。気持ちの問題ではないんです。


原因を間違っていると、対応も間違い続けます。

上辺だけの対応では済みません。本質を
捉えなければいけないんです。

例えば、子供がご飯を食べないんです。と質問が
来たとしたら、子供の感情を考えてしまいますよね。
それは普通なんですよ。

でも、お菓子は食べるんだとしたら、原因は料理が
マズいことかもしれませんよね。

さっさと料理の練習をするべきです。

何でも感情が原因だと思わないことです。

まずは、この不登校の原因を夫婦で、そして
子供と一緒に共通認識として話し合うことです。
感情論ではないからです。

とにかく、私のブログを読みこんで、原因を
しっかり掴んで理解して下さい。

そうすれば、自然に対応方法も分かって来ますよ。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1204-71a0d902

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ